映画-Movie Walker > 人物を探す > 黒沢清

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2019年 まで合計59映画作品)

1995年

勝手にしやがれ!! 脱出計画

  • 1995年8月12日(土)公開
  • 監督、脚本

“勤労ハンパ者”のチンピラでこぼこコンビが、次々とトラブルに巻き込まれていく姿を描いたコメディの第二作。監督は前作「勝手にしやがれ!! 強奪計画」と同様、黒沢清。主演コンビにも前作と変わらず、哀川翔と前田耕陽がふんしている。16ミリからのブローアップ。

監督
黒沢清
出演キャスト
哀川翔 前田耕陽 洞口依子 大杉漣

勝手にしやがれ!! 強奪計画

  • 1995年4月22日(土)公開
  • 監督、脚本

チンピラのでこぼこコンビが、思わぬトラブルに巻き込まれていくコメディ。監督は「地獄の警備員」の黒沢清。主演のコンビには、OVでも活躍目覚ましい「獅子王たちの最后」の哀川翔と、「ツルモク独身寮」の前田耕陽がふんしている。

監督
黒沢清
出演キャスト
哀川翔 前田耕陽 七瀬なつみ 菅田俊
1992年

地獄の警備員

  • 1992年6月13日(土)公開
  • 監督、脚本

次々と殺戮を繰り返していく狂気の警備員によって恐怖のどん底に突き落とされた会社員達の姿を描いたホラー。脚本・監督は「危ない話」(第2話/奴らは今夜もやって来た)の黒沢清。共同脚本は富岡邦彦。撮影は根岸憲一がそれぞれ担当。

監督
黒沢清
出演キャスト
久野真紀子 松重豊 長谷川初範 由良宜子
1989年

誘惑者

  • 1989年10月29日(日)公開
  • 出演(図書館員 役)

二重人格の心を持つ女を巡って現代社会の病的心理をサスペンス・タッチに描く。脚本は新鋭・中島吾郎、監督は「妖女の時代」の長崎俊一、撮影監督は「グリーン・レクイエム」の渡部眞がそれぞれ担当。

監督
長崎俊一
出演キャスト
秋吉久美子 草刈正雄 原田貴和子 磯部勉

危ない話

  • 1989年7月8日(土)公開
  • 監督、脚本

悪夢のような“危なさ”をオムニバス形式で三者三様に描く。第一話の脚本は「凌辱!制服処女」の阪本順治、監督は「犬死にせしもの」の井筒和幸、撮影は「SO WHAT」の篠田昇。第二話の脚本・監督は「スウィートホーム」の黒沢清、共同脚本は「DOOR」の及川中、撮影は「ゴンドラ」の瓜生敏彦。第三話の脚本は武井法政、監督は「DOOR」の高橋伴明、撮影は「爆裂都市 バースト・シティ」の笠松則通がそれぞれ担当。

監督
井筒和幸 黒沢清 高橋伴明
出演キャスト
竹中直人 室田日出男 佐野史郎 小川美那子

スウィートホーム(1989)

  • 1989年1月21日(土)公開
  • 監督、脚本

洋館に棲みついた悪霊と人間との戦いを描く。脚本・監督は「ドレミファ娘の血は騒ぐ」の黒沢清、撮影は「悲しい色やねん」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
黒沢清
出演キャスト
宮本信子 山城新伍 NOKKO(レベッカ) 古舘伊知郎
1985年

ドレミファ娘の血は騒ぐ

  • 1985年11月3日(日)公開
  • 監督、脚本

研究対象の少女を発見して、「恥ずかし実験」を行う初老の大学教授の姿を描く。脚本は「神田川淫乱戦争」の黒沢清と万田邦敏の共同執筆。監督は「神田川淫乱戦争」の黒沢清、撮影も同作の瓜生敏彦がそれぞれ担当。にっかつロマンポルノとして製作された「女子大生・恥ずかしゼミナール」に追加撮影を加え再編集した。

監督
黒沢清
出演キャスト
伊丹十三 洞口依子 麻生うさぎ 加藤賢崇

星くず兄弟の伝説

  • 1985年6月15日(土)公開
  • 出演(サロン魚の目の客 役)

駆け出しのミュージシャンがコンビを組み、スターへの道を駆け上がっていった“スターダスト・ブラザーズ”の物語。その栄光と挫折をコミカルに描いたロック・ミュージカル・コメディ。ミュージシャンの近田春夫が原案・製作総指揮・音楽を、監督・脚本は数多くの自主映画作品を手掛けて注目を浴び、これが第一回劇場用監督作品となる手塚眞、撮影は大澤栄一。DJの草分け的存在の高木完、インディーズロッカーの久保田慎吾らのアーティストが出演。尾崎紀世彦が圧巻の歌唱力を披露、戸川京子がキュートなアイドルを演じ、タモリや高田文夫、サンプラザ中野、黒沢清ら当時から人気の文化人、ミュージシャン、タレント、俳優、漫画家、小説家、映画監督など多くの文化人、クリエイターがカメオ出演。画面のあちこちに顔を出している。

監督
手塚眞
出演キャスト
久保田慎吾 高木完 戸川京子 ISSAY
1982年

ROCK is SEX さらば相棒

  • 1982年11月20日(土)公開
  • 脚本

ロックのスーパースターを夢見る青年と二人の仲間の生活を描く。長谷川和彦を中心とする九人の監督の集団、ディレクターズ・カンパニーの第一回作品で、同メンバーの高橋伴明が総合プロデュースにあたり、脚本は宇崎竜童と黒沢清が共同執筆、監督も宇崎竜童、撮影は長田勇市がそれぞれ担当。

監督
宇崎竜童
出演キャスト
石橋凌 太田あや子 山根銀次 安岡力也

関連ニュース

黒沢清監督が海外初進出作で試みた2種類の幽霊描写とは?
黒沢清監督が海外初進出作で試みた2種類の幽霊描写とは?(2016年10月14日)

黒沢監督が初の海外進出を果たした映画『ダゲレオタイプの女』がいよいよ10月15日(土)から公開となる。国内外の映画祭で高い評価を受けてきた黒沢監督といえば、第6…

『岸辺の旅』深津絵里と浅野忠信が語る黒沢清監督の魅力
『岸辺の旅』深津絵里と浅野忠信が語る黒沢清監督の魅力(2015年9月30日)

妻が、死んだはずの夫と旅に出る。設定はファンタジーそのものだが、黒沢清監督、深津絵里、浅野忠信の顔合わせによる『岸辺の旅』(10月1日公開)は、とても地続きな夫…

『岸辺の旅』深津絵里と浅野忠信、共通点多く意気投合
『岸辺の旅』深津絵里と浅野忠信、共通点多く意気投合(2015年9月29日)

深津絵里と浅野忠信が、第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門で日本人初の“監督賞”に輝いた黒沢清監督作『岸辺の旅』(10月1日公開)に出演。がっつりと共演したのは…

『岸辺の旅』黒沢清監督が語る深津絵里と浅野忠信
『岸辺の旅』黒沢清監督が語る深津絵里と浅野忠信(2015年9月28日)

すでに映画監督として国内外の評価が高かった黒沢清監督だが、『岸辺の旅』(10月1日公開)が、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で日本人初の監督賞に輝いたこ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 黒沢清