映画-Movie Walker > 人物を探す > 池田博穂

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2015年 まで合計9映画作品)

2015年

薩チャン正ちゃん〜戦後民主的独立プロ奮闘記〜

  • 2015年8月29日(土)公開
  • 監督、脚本、企画

「暴力の街」の山本薩夫監督、「どっこい生きてる」の今井正監督を中心に、新藤兼人や亀井文夫、吉村公三郎など、戦後、独立プロを立ち上げて活躍した人々の歩みを、関係者の証言などから辿ったドキュメンタリー。証言者として山田洋次、香川京子、降旗康男などの映画人も出演。ナレーションを務めたのは「影武者」の山本亘。

監督
池田博穂
出演キャスト
早乙女勝元 山田洋次 高部鐵也 宮古とく子
1991年

戦争と青春

  • 1991年9月14日(土)公開
  • 助監督

昭和20年、東京下町を一瞬にして焦土と化した東京大空襲の悲劇を描く反戦ドラマ。原作・脚本は早乙女勝元が執筆。脚本協力に「母さんの樹」の橘祐典、「遥かなる甲子園」の大澤豊、「想い出のアン」の吉田憲二。監督は「ひめゆりの塔(1982)」の今井正。撮影監督は「流転の海」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
今井正
出演キャスト
工藤夕貴 佐野圭亮 井川比佐志 奈良岡朋子
1990年

オーロラの下で

  • 1990年8月3日(金)公開
  • 監督補佐

シベリアを舞台に日本人のマタギとオオカミ犬との固い友情を描く。戸川幸夫原作の同名小説の映画化で、脚本は「傷だらけの勲章」の大和屋竺と「誓いの休暇」のイジョフ・ヴァレンティン・イワノヴィッチの共同執筆。監督は「イタズ 熊」の後藤俊夫。撮影は「公園通りの猫たち」の奥村祐治がそれぞれ担当。日本=ソ連合作。

監督
後藤俊夫
出演キャスト
役所広司 マリーナ・ズージナ 桜田淳子 ガッツ石松
1986年

母さんの樹

  • 1986年9月21日(日)公開
  • 助監督

電話交換手を解雇された主婦が、裁判で闘争する姿を描いた実話の映画化。原作は佐藤貴美子の同名小説。脚本は「想い出のアン」の寺島アキ子他、監督は「ガラスのうさぎ」の橘祐典,撮影は「アッシイたちの街」の山本駿がそれぞれ担当。

監督
橘祐典
出演キャスト
吉野由樹子 山本圭 遠藤隆之 笈川豊英
1985年

ボクちゃんの戦場

  • 1985年4月4日(木)公開
  • 助監督

監督
大澤豊
出演キャスト
前田吟 藤田弓子 山本ゆか里 車木貴典
1983年

せんせい(1983)

  • 1983年8月24日(水)公開
  • 助監督

昭和二十年八月九日、長崎に投下された原爆を入市被爆し、急性骨髄性白血病により三十二歳でこの世を去った、元長崎市立山里小学校教論山口竹子さんと子供たちのふれあいを描く。坂口便・平和教育資料編集委員会編による原作『夾竹桃の花咲くたびに』の映画化で、脚本は関功、監督は「青葉学園物語」の大澤豊、撮影は山本駿がそれぞれ担当。

監督
大澤豊
出演キャスト
五十嵐めぐみ 宮崎靖雅 湯沢紀保 藤森政義

こんにちはハーネス

  • 1983年8月21日(日)公開
  • 助監督

ピアニストをめざす女子大生と、盲導犬を育てる少年との暖い心のふれあいを描く。秋田の大自然を背景に狂暴な熊と生命を賭けて対決する老猟師の生きざまを感動的に描いた「マタギ」で57年度芸術選推奨文部大臣賞新人賞を獲得した後藤俊夫が監督。全国各地で“草の根”の上映運動をすすめる映画センター10周年記念映画でもある。主演は『無名塾』の中村明美。やさしさを内に秘めたワンパク少年には斉藤優一が扮し、他に井川比佐志、藤田弓子、河内桃子、山本圭、前田吟、江藤潤等が出演。脚本は長坂秀佳、スチールは山本耕二。

監督
後藤俊夫
出演キャスト
中村明美 斉藤優一 井川比佐志 藤田弓子
1982年

マタギ

  • 1982年1月25日(月)公開
  • 助監督

巨熊との再会をひたすらに求める老マタギと、チビ犬を見事なマタギ犬に育てあげた孫との交流を描く。脚本は「堕靡泥の星 美少女狩り」の大和屋竺と後藤俊夫の共同執筆。監督は「こむぎいろの天使」の後藤俊夫、撮影は山崎尭也がそれぞれ担当。

監督
後藤俊夫
出演キャスト
西村晃 安保吉人 林優枝 山田吾一
1979年

ガキ大将行進曲

  • 1979年7月13日(金)公開
  • 助監督

監督
大澤豊
出演キャスト
赤塚真人 加茂さくら 大関優子 下川辰平
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 池田博穂