映画-Movie Walker > 人物を探す > マシュー・ブロデリック

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2009年 まで合計22映画作品)

2009年

いとしい人

  • 2009年3月28日(土)公開
  • 出演(ベン 役)

アカデミー賞受賞歴もあるベテラン女優、ヘレン・ハントの監督デビュー作。人生のさまざまな問題に直面するヒロインの幸せ探しを、ユーモアと切なさたっぷりにつむぎ出す。

監督
ヘレン・ハント
出演キャスト
ヘレン・ハント コリン・ファース ベット・ミドラー マシュー・ブロデリック
2008年

ビー・ムービー

  • 2008年1月26日(土)公開
  • 出演(声)(アダム・フレイマン 役)

「シュレック」シリーズのドリームワークスによるCGアニメ。都会に冒険に出た働きバチが、人間たちにハチミツを奪われまいと奮闘する姿を、生態系などの問題も絡めて描く。

監督
サイモン・J・スミス スティヴ・ヒックナー
出演キャスト
ジェリー・サインフェルド レニー・ゼルウィガー マシュー・ブロデリック パトリック・ウォーバートン
2006年

プロデューサーズ

  • 2006年4月8日(土)公開
  • 出演(レオ・ブルーム 役)

トニー賞12部門受賞を果たした、ブロードウェイ・ミュージカルの大ヒット作を映画化。史上最低のミュージカルをめぐる騒動を、豪華絢爛な歌と踊りを散りばめて活写する。

監督
スーザン・ストローマン
出演キャスト
ネイサン・レイン マシュー・ブロデリック ユマ・サーマン ウィル・フェレル
2005年

ステップフォード・ワイフ

  • 2005年2月5日(土)公開
  • 出演(ウォルター・クレズビー 役)

ニコール・キッドマン主演のサスペンス・コメディ。美しい住宅街に越して来た女性が、そこに隠された恐ろしい秘密に遭遇するさまをブラック&シニカルに語り明かす。

監督
フランク・オズ
出演キャスト
ニコール・キッドマン マシュー・ブロデリック ベット・ミドラー グレン・クロース
1998年

インフィニティ 無限の愛

  • 1998年11月13日(金)公開
  • 監督、製作、出演(Richard 役)

原爆の開発者としても知られる物理学者リチャード・ファインマンと病魔に蝕まれた彼の恋人の秘められた愛を描いたラヴ・ストーリー。監督・主演は「GODZILLA ゴジラ」の俳優マシュー・ブロデリックで、彼の監督デビュー作。全米でベストセラーとなった『困ります、ファインマンさん』(邦訳・岩波書店)を基に、マシューの実母のパトリシア・ブロデリックが脚本を執筆。製作はマシューとパトリシアの母子とマイケル・リーイ、ジョセル・ソワッソン。製作総指揮はラケル・キャヴァレス・マックスウェル、W・K・ボーダーの共同。撮影はアラン・ルドルフ監督作品で知られる栗田豊通(「お引っ越し」)。音楽は「陰謀のセオリー」のブルース・ブロートン、美術はバーン・キャプラ。編集はエレナ・マガニーニ、ビル・ジョンソン、エイミー・ヤング。衣裳はメアリー・ジェーン・フォート。共演は「ロスト・ハイウェイ」のパトリシア・アークェットほか。

監督
マシュー・ブロデリック
出演キャスト
マシュー・ブロデリック パトリシア・アークエット ピーター・リガート ドリ・ブレナー

GODZILLA/ゴジラ(1998・アメリカ)

  • 1998年7月11日(土)公開
  • 出演(Dr. Niko Tatopoulos 役)

日本が世界に誇る怪獣ゴジラ=GODZILLAをハリウッドでリメイクしたSF怪獣映画の大作。監督のローランド・エメリッヒ、製作のディーン・デヴリン以下、「インデペンデンス・デイ」のスタッフが再集結。エメリッヒとデヴリン、テッド・エリオットとテリー・ロッジオの原案を基に、エメリッヒとデヴリンが脚本を執筆。製作総指揮はローランド・エメリッヒとウテ・エメリッヒ、ウィリアム・フェイの共同。撮影はユーリ・スタイガー。音楽はデイヴィッド・アーノルド。美術はオリヴァー・スコール。編集はピーター・アマンドソンとデイヴィッド・シーゲル。衣裳はジョゼフ・ポロ。ヴィジュアル・エフェクツ監修はフォルカー・エングル。デジタル・エフェクツはフォオナ・ブル、セントロポリスFX、ヴィジョンアート。GODZILLAのデザインはパトリック・タトプロス。出演は「恋におぼれて」のマシュー・ブロデリック、「ロザンナのために」のジャン・レノ、「チャーリー」のマリア・ピティロ、「大いなる遺産」のハンク・アザリア、「チェーン・リアクション」のケヴィン・ダン、「ケロッグ博士」のマイケル・ラーナーほか。

監督
ローランド・エメリッヒ
出演キャスト
マシュー・ブロデリック ジャン・レノ マリア・ピティロ ハンク・アザリア
1997年

恋におぼれて

  • 1997年9月27日(土)公開
  • 出演(Sam 役)

かつての恋人に復讐しようと一致協力した男女が恋に落ちるさまを、ユーモアたっぷりに描いたラブ・コメディ。これがデビュー作となるロバート・ゴードンのオリジナル脚本を、「アフター・アワーズ」などの俳優や「サーチ&デストロイ」などの製作者として知られるグリフィン・ダンがアカデミー賞にノミネートされた短編『Duke of Grrove』(95)に続いて監督し、長編デビューを飾った。製作は「ドンファン」のジェフリー・シルヴァーと、彼とコンビのボビー・ニューマイヤー。製作総指揮は「スクリーム」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。撮影は「クルーシブル」のアンドリュー・ダン、音楽は「マイ・ルーム」のレイチェル・ポートマン、美術は「サーチ&デストロイ」のロビン・スタンドファー、編集は「ジョージア」のエリザベス・クリング。主演は「戦火の勇気」「恋の闇 愛の光」のメグ・ライアンと「ケロッグ博士」「ケーブルガイ」のマシュー・ブロデリック。共演は「ザ・エージェント」のケリー・プレストン、「心のおもむくままに」のチェッキー・カリョ、「ナッツ」のモウリーン・ステイプルトンほか。

監督
グリフィン・ダン
出演キャスト
メグ・ライアン マシュー・ブロデリック ケリー・プレストン チェッキー・カリョ
1996年

ケーブルガイ

  • 1996年10月5日(土)公開
  • 出演(Steven Covacks 役)

ストーカーまがいのケーブルガイ(ケーブルテレビ設置工)につきまとわれるヤッピー青年の悪夢を描いたブラック・コメディ。なお、ケーブルガイとはケーブルテレビ設置工以外に、仕事ぶりの雑さ(部屋を散らかす、時間を守らないなど)から、“いい加減なヤツ”“迷惑なヤツ”の意味もある。監督は「リアリティ・バイツ」のベン・スティラー。製作は主演のジム・キャリーのスタンダップ・コメディアン時代からの盟友のジャド・アパトウと「ウォーターワールド」のアンドリュー・リクトとジェフリー・ミュラーのコンビ、エグゼクティヴ・プロデューサーはブラッド・グレイ、バーリン・ブリスタイン、マーク・ガーヴィッツ。脚本は新鋭のルー・ホルツ・ジュニアの原案を基にアパトウが執筆。撮影は「好きと言えなくて」のロバート・ブリンクマン、音楽は「ユージュアル・サスペクツ」のジョン・オットマン、美術はシャロン・シーモア、編集はスティーヴン・ワイズバーグがそれぞれ担当。主演は「ジム・キャリーのエースにおまかせ!」のジム・キャリー。共演は「ケロッグ博士」のマシュー・ブロデリックほか。

監督
ベン・スティラー
出演キャスト
ジム・キャリー マシュー・ブロデリック レスリー・マン ジョージ・シーガル

ケロッグ博士

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 出演(Will Lightbody 役)

20世紀初頭のアメリカを舞台に、珍妙な健康法に狂騒する人々をシニカルに描いたブラック・コメディ。実話を基にしたT・コラサッゲン・ボイルの小説『ケロッグ博士』(邦訳・新潮文庫刊)を、「ザ・コミットメンツ」「愛と哀しみの旅路」のアラン・パーカーの監督・脚本で映画化。製作はパーカーと「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタイン、「ミシシッピー・バーニング」のロバート・F・コールズベリー、エグゼクティヴ・プロデューサーはトム・ローゼンバーグとマーク・エイブラハム、撮影はピーター・ビジウ、音楽は「スモーク」のレイチェル・ポートマン、美術は「ザ・コミットメンツ」のブライアン・モリス、編集はゲリー・ハンブリング、衣裳は「キャリントン」のペニー・ローズがそれぞれ担当。出演は「ニクソン」のアンソニー・ホプキンス、「ケーブルガイ」のマシュー・ブロデリック、「アサシン」のブリジット・フォンダ、「ブロードウェイと銃弾」のジョン・キューザック、「ウェインズ・ワールド」のダナ・カーヴィ、「ウェールズの山」のコルム・ミーニー、「スリーサム」のララ・フリン・ボイル、「バロン」のジョン・ネヴィルなど個性派俳優が競演。

監督
アラン・パーカー
出演キャスト
アンソニー・ホプキンス ブリジット・フォンダ マシュー・ブロデリック ジョン・キューザック

ロマンスに部屋貸します

  • 1996年5月25日(土)公開
  • 出演(Sam Lester 役)

貸しアパートで知り合った男女の恋の行方を綴ったロマンティック・コメディ。監督・脚本はウォーレン・レイト。製作はマイケル・ペイサー、エグゼクティヴ・プロデューサーはシドニー・キンメル、「スモーク」のボブ・ウェインスタインとハーヴェイ・ウェインスタイン、撮影はジョン・A・トーマス、音楽はエヴァン・ルーリー、美術はレスター・コーエン、編集はカミーラ・トニオロがそれぞれ担当。主演は「最高の恋人」のアナベラ・シオラ、「ドン・サバティーニ」のマシュー・ブロデリック。共演は「氷の微笑」のジーン・トリプルホーンほか。

監督
ウォーレン・レイト
出演キャスト
アナベラ・シオラ マシュー・ブロデリック ケヴィン・アンダーソン ジーン・トリプルホーン

関連ニュース

サラ・ジェシカ・パーカー「一日に20分は夫を憎んでいる」
サラ・ジェシカ・パーカー「一日に20分は夫を憎んでいる」(2011年9月19日)

マシュー・ブロデリックと結婚して14年になるサラ・ジェシカ・パーカーは、結婚生活を長続きさせるコツは「毎日、夫を憎むこと」だと発言している。一日に20分間、夫を…

三児の母サラ・ジェシカ、夫マシューと別居
三児の母サラ・ジェシカ、夫マシューと別居(2009年8月1日)

双子の家族が増え、幸せの絶頂と思われていたサラ・ジェシカ・パーカーとマシュー・ブロデリックに別居報道が流れ、周囲を驚かせている。 結婚して12年になるふたりには…

サラ・ジェシカ、ベビーシッターをめぐり夫と大喧嘩
サラ・ジェシカ、ベビーシッターをめぐり夫と大喧嘩(2009年6月30日)

一時は夫婦不仲が囁かれていたが、代理母を介して双子が生まれたことで持ち直したのかと思われていたサラ・ジェシカ・パーカーと夫のマシュー・ブロデリックが、赤ん坊たち…

サラ・ジェシカ、代理母出産で双子のママに
サラ・ジェシカ、代理母出産で双子のママに(2009年6月25日)

サラ・ジェシカ・パーカーとマシュー・ブロデリックの間に、22日午後3時58分頃、双子の赤ちゃんが誕生した。 代理母である26歳のミッシェル・ロスがオハイオ州で出…

サラ・ジェシカ、代理母が7月に双子を出産
サラ・ジェシカ、代理母が7月に双子を出産(2009年5月3日)

サラ・ジェシカ・パーカーが、マシュー・ブロデリックとの離婚説を一蹴! 今夏、代理母が双子の赤ちゃんを出産すると発表した。『Wonderful World』に出演…

超能力者の力で離婚を避けたいサラ・ジェシカ
超能力者の力で離婚を避けたいサラ・ジェシカ(2009年3月23日)

サラ・ジェシカ・パーカーが、マシュー・ブロデリックとの離婚を避けるために、超能力者に頼ろうとしていると報じられている。 グラッチア誌が語ったところでは、「サラは…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マシュー・ブロデリック