映画-Movie Walker > 人物を探す > 小柳ルミ子

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2000年 まで合計11映画作品)

2000年

Codename:TOMOKO<TOMOKO もっとも危険な女>

  • 2000年7月1日(土)公開
  • 出演(トモコ 役)

元CIAの女性工作員が、巨大な秘密組織を相手に展開する復讐劇を活写したアクション。監督は「ゴト師株式会社 ルーキーズ2」の中田信一郎。大沢在昌による原作を基に、中田監督と「ゴト師株式会社 ルーキーズ2」の我妻正義が共同脚色。撮影を「Heavenz」の今井裕二が担当している。主演は「陽炎2」の小柳ルミ子。

監督
中田信一郎
出演キャスト
小柳ルミ子 島田沙羅 ジョン・ベネット 渡辺裕之
1996年

陽炎2

  • 1996年2月10日(土)公開
  • 出演(高木由良 役)

女胴師と彼女の姉貴分の確執を中心に、ヤクザの抗争を描いた娯楽時代劇。故・五社英雄監督が「陽炎」で創りあげた主人公はそのままに、前作とは違った内容で展開する。監督・脚本は「帝都物語外伝」の橋本以蔵。撮影も「帝都物語外伝」の藤石修が担当している。主演は「集団左遷」の高島礼子。敵役の女博徒に小柳ルミ子がふんしている。

監督
橋本以蔵
出演キャスト
高島礼子 小柳ルミ子 田村英里子 原田芳雄
1994年

家なき子(1994)

  • 1994年12月17日(土)公開
  • 出演(園田京子 役)

94年4月に放映を始め、「同情するなら金をくれ!」という流行語を生み出し、最高視聴率37・2%を弾き出した、野島伸司原案による人気テレビ・ドラマの映画化。みなし子・すずの、その後を描いた作品。監督は、同作品のテレビ・シリーズも手掛けた細野英延。脚本は、いとう斗士八と細野英延の共同。撮影は、「水の旅人 侍KIDS」の阪本善尚。

監督
細野英延
出演キャスト
安達祐実 堂本光一 斉藤洋介 小柳ルミ子
1987年

塀の中のプレイ・ボール

  • 1987年11月21日(土)公開
  • 出演(栗田夏代 役)

刑務所に服役中の“懲役”たちが官側とのソフトボールの試合を実現させようとする姿を、それぞれのシャバでのエピソードを織り混ぜながら描く。前作「塀の中の懲りない面々」に続くシリーズ第2弾で、安部謙二原作の同名小説の映画化。脚本は同作の鈴木則文と「童貞物語」の掛札昌裕が共同で執筆。監督は「大奥十八景」の鈴木則文、撮影は「アイドルを探せ」の羽方義昌がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
草刈正雄 ジョニー大倉 京本政樹 森山潤久

別れぬ理由

  • 1987年11月14日(土)公開
  • 主題歌

医者の夫と雑誌記者の妻。お互いに愛人のいることがわかり、揺れ動く男と女の心理を描く。『週刊新潮』に連載されていた渡辺淳一原作の同名小説の映画化で、脚本は「新宿純愛物語」の那須真知子が執筆。監督は「夜叉」の降旗康男、撮影は「夜汽車」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
三田佳子 津川雅彦 湊広子 古尾谷雅人

塀の中の懲りない面々

  • 1987年8月15日(土)公開
  • 出演(風見待子 役)

刑務所を舞台に、一筋縄ではいかない懲役たちの日常を描く。安部譲二原作の同名自伝的小説の映画化で、脚本は「大奥十八景」の鈴木則文と梶浦政男の共同執筆。監督は「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の森崎東、撮影は「哀しい気分でジョーク」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
藤竜也 植木等 柳葉敏郎 森山潤久
1983年

白蛇抄

  • 1983年11月12日(土)公開
  • 出演(石立うた 役)

若狭の山寺を舞台に、そこに後妻として住みついた女と住職、その息子との愛を描く。水上勉の同名小説の映画化で、脚本は「南極物語」の野上龍雄、監督は「誘拐報道」の伊藤俊也、撮影は「陽暉楼」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
伊藤俊也
出演キャスト
小柳ルミ子 杉本哲太 仙道敦子 鈴木光枝
1982年

誘拐報道

  • 1982年9月25日(土)公開
  • 出演(古屋芳江 役)

幼児誘拐事件を通して浮き彫りにされる、犯人とその家族、被害者の家族、警察及び報道関係者の姿を描く。原作は読売新聞大阪本社社会部・編の同名ドキュメンタリー。脚本は「徳川一族の崩壊」の松田寛夫、監督は「犬神の悪霊」の伊藤俊也、撮影は「飛鳥へそしてまだ見ぬ子へ」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
伊藤俊也
出演キャスト
萩原健一 小柳ルミ子 高橋かおり 岡本富士太
1975年

どてらい男

  • 1975年2月1日(土)公開
  • 出演(前戸弥生 役)

大阪の問屋町を舞台に、古参丁椎の仕打ちにも音を上げず商いの力をつけていく男を描いた根性喜劇。原作は花登筐の同名小説。脚本は「超能力だよ全員集合!!」の田坂啓、監督は「ユートピア」の古沢憲吾、撮影は「喜劇 だましの仁義」の逢沢譲がそれぞれ担当。

監督
古沢憲吾
出演キャスト
西郷輝彦 田村亮 小柳ルミ子 日野麗子
1971年

日本一のショック男

  • 1971年12月31日(金)公開
  • 出演(八木沢恵美子 役)

「日本一」シリーズ十作目。脚本は「だまされて貰います」の田波靖男、監督も同作の坪島孝。撮影は「雨は知っていた」の鷲尾馨がそれぞれ担当

監督
坪島孝
出演キャスト
植木等 酒井和歌子 谷啓 加藤茶
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 小柳ルミ子