映画-Movie Walker > 人物を探す > 富川徹夫

年代別 映画作品( 1970年 ~ 1984年 まで合計15映画作品)

1984年

しのぶの明日

  • 1984年11月10日(土)公開
  • 出演(上村訓練士 役)

車の事故で中途失明した娘が、盲導犬と共に明日に向かって生きぬいていく姿を描く。原作、脚本は柴田輝二、監督は上野英隆、撮影は「さよならジュピター」の原一民がそれぞれ担当。

監督
上野英隆
出演キャスト
紺野美沙子 宝田明 中原早苗 内海桂子
1983年

エル・オー・ヴィ・愛・N・G

  • 1983年12月24日(土)公開
  • 出演(川添貢 役)

ファッション界を舞台に殺人事件に巻き込まれたひとりの青年の野望と愛を描く。脚本は「陽暉楼」の高田宏治、監督は「日本海大海戦 海ゆかば」の舛田利雄、撮影は「TOSHI_in_TAKARAZUKA_Love_Forever ラブ・フォーエバー」の西垣六郎がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
田原俊彦 近藤真彦 多岐川裕美 美保純
1982年

海峡

  • 1982年10月16日(土)公開
  • 出演(高井義一 役)

本州と北海道の間にトンネルを掘ろうとする男達と、彼らを見つめる女たちの姿を描く。岩川隆の同名の原作の映画化で、脚本は井手俊郎と「漂流」の森谷司郎の共同執筆、監督も森谷司郎撮影は「駅/STATION」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
森谷司郎
出演キャスト
高倉健 吉永小百合 三浦友和 大谷直子
1977年

歌麿 夢と知りせば

  • 1977年9月17日(土)公開
  • 出演(郡主膳 役)

世界に宣伝された浮世絵師、喜多川歌磨を主人公に、その浮世絵のように爛熟し花開いた江戸文化のなかに、実在・虚構の人物を、さながら群舞の如く配して、彼らの愛と夢の交錯するさまをエロティックに描く。脚本は実相寺昭雄と「新・団地妻 夫婦交換」の武末勝の共同、監督は「あさき夢みし」の実相寺昭雄、撮影は中堀正夫のそれぞれが担当。125分に再編集したR-18版も有。

監督
実相寺昭雄
出演キャスト
岸田森 山城新伍 成田三樹夫 岡田英次
1975年

はつ恋(1975)

  • 1975年11月1日(土)公開
  • 出演(沢田 役)

16歳の少年が年上の女性に初めての愛を捧げるが、彼女は少年の父の愛人であった、というツルゲーネフの同名小説の翻訳映画化。脚本は重森孝子、監督は「がんばれ!若大将」の小谷承靖、撮影は「デルス・ウザーラ」の中井朝一がそれぞれ担当。

監督
小谷承靖
出演キャスト
井上純一 二谷英明 南風洋子 原ひさ子
1974年

ロスト・ラブ あぶら地獄

  • 1974年5月4日(土)公開
  • 出演(夏目順一 役)

一度転落した歌手が、歌手としての目的を達成させるため、一度決意した結婚を捨て、再起するまでを描く、歌謡映画。脚本は「愛に濡れたわたし」の吉原幸夫、監督は「白い娼婦 花芯のたかまり」の小沼藤、撮影は「OL日記 ちぎれた愛欲」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
内田あかり 富川徹夫 岸田森 田島和子
1973年

野獣狩り

  • 1973年11月17日(土)公開
  • 出演(綾小路雅也 役)

大都市東京の中心・銀座に起った社長誘拐事件を追う親子の刑事の生死を賭けた執念の追跡を描く。脚本は「恍惚の人」の松山善三と西沢浩、監督は「百万人の大合唱」の須川栄三、撮影は木村大作がそれぞれ担当。

監督
須川栄三
出演キャスト
伴淳三郎 藤岡弘 渚まゆみ 富川徹夫

二十歳の原点

  • 1973年10月27日(土)公開
  • 出演(中村 役)

二十歳で自ら命を断った女子大生・高野悦子が遺した日記集の映画化で、揺れ動く青春の愛と死を描く。脚本は「俺たちの荒野」の重森孝子と「放課後」の森谷司郎、監督は新人大森健次郎、撮影は「初めての愛」の中井朝一がそれぞれ担当。

監督
大森健次郎
出演キャスト
角ゆり子 鈴木瑞穂 福田妙子 高林由紀子

にっぽん三銃士 博多帯しめ一本どっこの巻

  • 1973年1月15日(月)公開
  • 出演(青シャツ 役)

「にっぽん三銃士」第二部。世代も、職業も、考え方もまるっきり違う戦中、戦後、戦無派の代表選手が九州・博多を舞台にシンジゲートの大組織を敵にまわして大活躍する喜劇。脚本は「にっぽん三銃士 おさらば東京の巻」の長野洋、監督は同作の脚本も執筆している岡本喜八、撮影も同作の村井博がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
小林桂樹 ミッキー安川 岡田裕介 藤岡麻里
1972年

にっぽん三銃士 おさらば東京の巻

  • 1972年10月28日(土)公開
  • 出演(青シャツ 役)

四十代の戦中派、三十代の戦後派、二十代の戦無派と思想も、職業も、年令も全く違う三人が意気投合し、大騒動をひき起こす。原作は五木寛之の同名小説で、第一部“おさらば東京の巻”第二部、“博多帯しめ一本どっこの巻”と二部構成のうちの第一部。脚本は「雨は知っていた」の長野洋、監督は脚本も執筆している「激動の昭和史 沖縄決戦」の岡本喜八、撮影も同作の村井博がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
小林桂樹 ミッキー安川 岡田裕介 藤岡麻里
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 富川徹夫