映画-Movie Walker > 人物を探す > 大野雄二

年代別 映画作品( 1976年 ~ 2006年 まで合計22映画作品)

2006年

犬神家の一族

  • 2006年12月16日(土)公開
  • テーマ曲

市川崑監督×石坂浩二で1976年に公開され、現在の興収で約50億を稼いだ大ヒット作のリメイク。新キャストとして松嶋菜々子や、深田恭子が出演し、物語に華を添えた。

監督
市川崑
出演キャスト
石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助 富司純子
1997年

義務と演技

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 音楽

2組の夫婦のセックスの機微を描いた艶笑ドラマ。監督は「国会へ行こう!」の一倉治雄。96年10月から、浅野ゆう子・佐野史郎・黒木瞳・大浦龍宇一のキャストで、TBSでドラマ化もされた、脚本家・内館牧子による同名ベストセラー小説が原作で、脚本は「忠臣蔵 四十七人の刺客」の竹山洋。撮影を「あぶない刑事リターンズ」の仙元誠三が担当している。主演は「新 居酒屋ゆうれい」の舘ひろしと、「ゲレンデがとけるほど恋したい。」の清水美砂。

監督
一倉治雄
出演キャスト
舘ひろし 清水美砂 高島礼子 杉本哲太
1996年

ルパン三世 DEAD OR ALIVE

  • 1996年4月20日(土)公開
  • 主題曲

息もつかせぬスリルとアクションで人気の大ヒットシリーズ・アニメーション「ルパン三世」の最新劇場版第6作。謎の秘宝が眠る絶海の巨大要塞に挑むルパンとその仲間の活躍が描かれる。今回は原作者でもあるモンキー・パンチがシリーズ史上初めて監督にも挑戦し、原作の持っているハードボイルドなエッセンスを全面に押し出した、クールなルパン像を造形している。脚本は前作「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」に続いて柏原寛司がつとめた。前作から故・山田康雄に代わってルパンの声をつとめている栗田貫一のほか、小林清志、納谷悟朗らレギュラー声優陣が勢揃いしている。

監督
モンキー・パンチ
出演キャスト
栗田貫一 小林清志 井上真樹夫 増山江威子
1995年

ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス

  • 1995年4月22日(土)公開
  • 音楽

失われたとされていたノストラダムスの予言書を巡る、ルパンとその仲間の活躍を描くアクション・アニメーションのシリーズ第5弾。監督は「オーディーン 光子帆船スターライト」の白土武。総監督は「風の又三郎 ガラスのマント」の伊藤俊也。今回のルパン役は、95年3月19日に永眠した山田康雄に代わって、テレビのモノマネ番組でもおなじみの栗田貫一がつとめている。

監督
白土武
出演キャスト
栗田貫一 小林清志 増山江威子 井上真樹夫
1993年

XX(タプル・エックス) 美しき凶器

  • 1993年12月22日(水)公開
  • 音楽

殺し屋という裏の顔を持つピアニストと男との危険な駆け引きを描くエロティック・サスペンス。大沢在昌の小説『眠りの家』(ケイブンシャ文庫・刊)を原作に、「ほしをつぐもの」の小水一男が監督・脚本を手がけたVシネマ作品で、劇場公開された。ヒロイン役の宮崎ますみの熱演が話題となった。

監督
小水一男
出演キャスト
宮崎ますみ 村井国夫 草刈正雄 加藤武
1989年

悲しきヒットマン

  • 1989年9月9日(土)公開
  • 音楽

ヤクザに雇われた殺し屋が抗争の中で見つけた愛を描く。山口組の顧問弁護士だった山之内幸夫原作の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は「恋子の毎日」の松本功、脚色は杉山義法が執筆。監督は「またまたあぶない刑事」の一倉治雄、撮影は「Aサインデイズ」の浜田毅がそれぞれ担当。

監督
一倉治雄
出演キャスト
三浦友和 萬田久子 松村雄基 長倉大介
1987年

あいつに恋して

  • 1987年5月30日(土)公開
  • 音楽

道産子と共に北海道の日高から、九州の鹿児島まで2600kmの日本縦断に挑む青年の姿を描く。島崎保久の体験記「馬のゴン太の背にゆられ…」の映画化で、脚本は田山忍、監督は「ザ・オーディション」の新城卓、撮影は「プルシアンブルーの肖像」の大岡新一がそれぞれ担当。

監督
新城卓
出演キャスト
風見慎吾 植木等 森高千里 高品格
1985年

ルパン三世 バビロンの黄金伝説

  • 1985年7月13日(土)公開
  • 音楽

バビロニア文明の頃に作られたという伝説の黄金を狙うルパンの姿を描く“ルパン三世”の映画化三作目。モンキー・パンチの原作を浦沢義雄と「カポネ大いに泣く」の大和屋竺が脚本化。監督も同作の鈴木清順と「おはよう!スパンク」の吉田しげつぐ、撮影は長谷川肇がそれぞれ担当。

監督
鈴木清順 吉田しげつぐ
出演キャスト
山田康雄 小林清志 井上真樹夫 増山江威子
1982年

この子の七つのお祝いに

  • 1982年10月9日(土)公開
  • 音楽

戦後の混乱によって人生の歯車を狂わされた女の悲惨な一生とその復讐を描く。第一回横溝正史賞を受賞した斉藤澪の同名小説の映画化で、脚本は松木ひろしと増村保造、監督は「エデンの園」の増村保造、撮影は「あゝ野麦峠・新緑篇」の小林節雄が各々担当。

監督
増村保造
出演キャスト
岩下志麻 根津甚八 辺見マリ 畑中葉子
1980年

おさな妻(1980)

  • 1980年4月26日(土)公開
  • 音楽

苛酷な試練を乗り込えて生きる新妻の姿を描く。脚本は「女高生 危険なめばえ」の鹿水晶子、監督も同作の白鳥伸一、撮影は「淫絶海女 うずく」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

監督
白鳥信一
出演キャスト
原悦子 山本伸吾 三崎奈美 矢崎滋
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大野雄二