映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木健介

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2016年 まで合計10映画作品)

2016年

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第3章

  • 2016年12月9日(金)公開
  • CGディレクター

石ノ森章太郎の不朽の名作をフル3DCGアニメーション化した劇場版3部作の完結編。謎の敵、ブレスドの出現により、再び戦う事を余儀なくされるサイボーグ戦士たちの運命を描く。『009 RE:CYBORG』を手がけた神山健治が総監督を担当し、『精霊の守り人』でも神山とコンビを組んだ柿本広大が監督を務める。

監督
柿本広大
出演キャスト
河本啓佑 種田梨沙 福圓美里 佐藤拓也

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章

  • 2016年12月2日(金)公開
  • CGディレクター

石ノ森章太郎の不朽の名作をフル3DCGアニメーション化した劇場版3部作の第2弾。謎の敵、ブレスドの出現により、再び戦う事を余儀なくされるサイボーグ戦士たちの運命を描く。『009 RE:CYBORG』を手がけた神山健治が総監督を担当し、『精霊の守り人』でも神山とコンビを組んだ柿本広大が監督を務める。

監督
柿本広大
出演キャスト
河本啓佑 種田梨沙 福圓美里 佐藤拓也

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章

  • 2016年11月25日(金)公開
  • CGディレクター

石ノ森章太郎の不朽の名作をフル3DCGアニメーション化した劇場版3部作の第1弾。謎の敵、ブレスドの出現により、再び戦う事を余儀なくされるサイボーグ戦士たちの運命を描く。『009 RE:CYBORG』を手がけた神山健治が総監督を担当し、『精霊の守り人』でも神山とコンビを組んだ柿本広大が監督を務める。

監督
柿本広大
出演キャスト
河本啓佑 福圓美里 佐藤拓也 種田梨沙
2015年

映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜

  • 2015年4月18日(土)公開
  • 製作

5歳の幼稚園児、しんのすけが巻き起こす騒動を描き、幅広い層から支持を受ける臼井儀人のコミックを基にした人気アニメの劇場版第23作。父・ひろしの転勤で長年住みなれた春日部からメキシコへ引越すことになった野原一家の面々に降りかかるトラブルが描かれる。人気デュオ、ゆずが主題歌を担当する。

監督
橋本昌和
出演キャスト
矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ
2011年

歓待

  • 2011年4月23日(土)公開
  • 美術

下町の印刷所を舞台に、一見平凡な家族が流れ者の来訪によって変化していく人間模様を描く「ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」より」の深田晃司監督作。出演は、平田オリザが主宰する劇団青年団を代表する俳優・山内健司、「クリアネス」の杉野希妃、「バカがウラヤマシイ」の古舘寛治ほか。

監督
深田晃司
出演キャスト
山内健司 杉野希妃 古舘寛治 ブライアリー・ロング

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦

  • 2011年4月16日(土)公開
  • プロデューサー

2010年にコミック連載20周年を迎えた人気シリーズ「クレヨンしんちゃん」の19作目となる劇場版。今作では主人公のしんのすけがスパイとなって、あるミッションに挑んでいく。スパイとして変装し、秘密道具を操る姿をユニークに描写。定番のおバカなシーンが繰り広げられる一方、しんのすけの家族の間にも秘密が生まれることに。

監督
増井壮一
出演キャスト
矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ
2010年

映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

  • 2010年4月17日(土)公開
  • プロデューサー

おバカな園児しんのすけがハチャメチャな冒険を繰り広げる、毎年恒例となった劇場版第18弾。自分を救うはめになったしんのすけが、将来の花嫁とともに未来都市で大暴れ!

監督
しぎのあきら
出演キャスト
矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ
2003年

修羅のみち6 血染めの海峡

  • 2003年10月29日(水)公開
  • 出演

「クロスファイア」の原田龍二、「荒ぶる魂たち」の松方弘樹共演による極道アクション。父親を殺した極悪非道な男、黒田に立ち向かう極道・大神の姿を描く。

監督
小澤啓一
出演キャスト
原田龍二 松方弘樹 渡辺裕之 力也
1994年

ガンガー 俵万智イン・カルカッタ

  • 1994年9月10日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、企画

聖なる川〈ガンガー〉としてインドの人々に敬われてきたガンジス川。その河口にあるインドの首都カルカッタを歌人・俵万智が訪れ、現代のインドの姿を人々との出会いを通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。監督はTVドキュメンタリー出身の鈴木健介。映画は毎年秋にカルカッタで行われる、女神ドゥルガーを供養する祭りを捉える。俵はカースト制度の残るインドの4人の男たち、日本語のコーディネーター、最高階級バラモンの実業家、人力車の車夫、消防署の運転手などとその家族に出会い、彼らの日常生活に接していく。時に応じ、ガンジス川で沐浴する人々、路上で生活する人々などの映像の折々に、俵の短歌が謳われる。日本人の目を通して、異国情緒でもなく、昔ながらでもない現代のインドの町と人々が描かれる。16ミリ。

監督
鈴木健介
出演キャスト
俵万智
1982年

怪異談 生きてゐる小平次

  • 1982年9月4日(土)公開
  • 助監督

一組の夫婦と、その妻に想いを寄せるようになった男の三人の間で生じた三角関係から起きる怪事件を描く。鈴木泉三郎の同名の戯曲の映画化で、脚本・監督は「妖艶毒婦伝 お勝兇状旅」の中川信夫、撮影は桶口伊喜夫がそれぞれ担当。

監督
中川信夫
出演キャスト
藤間文彦 石橋正次 宮下順子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木健介