映画-Movie Walker > 人物を探す > 今井健二

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1998年 まで合計187映画作品)

1998年

三毛猫ホームズの推理<ディレクターズ・カット>

  • 1998年2月14日(土)公開
  • 出演(栗原警視 役)

北海道・函館の女子大で起こった連続殺人事件に挑む、警視庁の刑事と一匹の猫の活躍を描くディテクティヴ・コメディ。監督は「あした」の大林宣彦。赤川次郎による同名小説を、「天使のウィンク 日光猿軍団」の中岡京平が脚色。撮影を大沢栄一が担当している。主演は「不法滞在」の陣内孝則。尚、本作は96年9月にテレビ朝日系列で放送されたものに、約30分の未公開映像を加えた完全版である。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
大林宣彦
出演キャスト
陣内孝則 山本未來 井川比佐志 平幹二朗
1997年

鍵(1997)

  • 1997年10月18日(土)公開
  • 出演(相馬博士 役)

初老の大学教授が、妻との性生活を維持するため様々な策を弄し、死に至る姿を、ミステリー・タッチで描いた文芸ドラマ。原作は昭和31年に発表され“芸術か猥褻か”という論議を呼び、過去に国内外で4度も映画化されている谷崎潤一郎の同名小説。監督は「ちぎれた愛の殺人」の池田敏春。脚本はベテラン・スクリプターとして知られる白鳥あかね、「お墓と離婚」の香川まさひと、池田の共同。撮影は「マルタイの女」の前田米造が担当している。主演は本作の撮影後に主演したテレビ・ドラマ『失楽園』が話題となった「トウキョウ・ドール」の川島なお美と、「身も心も」の柄本明。R指定。

監督
池田敏春
出演キャスト
川島なお美 柄本明 大沢樹生 辻香緒里
1993年

ちぎれた愛の殺人

  • 1993年6月26日(土)公開
  • 出演(藤崎 役)

謎めいた大学教授と、猟奇殺人事件の犯人を追う女刑事との葛藤を軸に、ミステリアスな物語を描くサイコ・サスペンス。「天使のはらわた 赤い淫画」「魔性の香り」に続いて三作目のコンビとなる監督・池田敏春、脚本・石井隆作品で、石井作品では馴染みの深い村木、名美といったキャラクターが新たな色彩で登場。撮影は「くれないものがたり」の田口晴久が担当。スーパー16ミリ。

監督
池田敏春
出演キャスト
佐野史郎 横山めぐみ 余貴美子 山田辰夫
1991年

MISTY(1991)

  • 1991年11月23日(土)公開
  • 出演(高山議員 役)

姉の死の謎を追及すべく故郷に舞い戻ったひとりのヤクザの姿を描くハードボイルド。原案・脚本・監督は「死霊の罠」の池田敏春。共同脚本は「ふざけろ!」の香川まさひと。撮影は「カレンダーif just now」の喜久村徳章がそれぞれ担当。

監督
池田敏春
出演キャスト
永島敏行 つみきみほ 市毛良枝 青木義朗
1987年

夜汽車

  • 1987年1月17日(土)公開
  • 出演(神田 役)

ひとりの男を挟んでの姉妹ふたりの愛憎を中心に、三人を囲む人々の葛藤を描く。宮尾登美子原作の短篇小説「夜汽車」「岩伍覚え書」をもとに「道(1986)」の松田寛夫と「F2グランプリ」の長田紀生が脚本を共同執筆。監督は「最後の博徒」の山下耕作、撮影は「火宅の人」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
山下耕作
出演キャスト
十朱幸代 秋吉久美子 萬田久子 白都真理
1982年

制覇(1982)

  • 1982年10月30日(土)公開
  • 出演(棚田警部 役)

日本最大の暴力団の組長の病死で起こった実力者の後継者争いと、跡を継ぐことになった未亡人の姿を描く。脚本は「アゲインスト むかい風」の中島貞夫と西沢裕子の共同執筆、監督も中島貞夫、撮影は鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
三船敏郎 岡田茉莉子 高岡健二 中井貴恵
1980年

  • 1980年9月14日(日)公開
  • 出演(駅員 役)

恋人の手さえ握れず、通勤電車の中で痴漢行為に耽ける青年の姿を描く。脚本、監督はこの作品がデビュー作となる横山博人、撮影は高田昭がそれぞれ担当。

監督
横山博人
出演キャスト
江藤潤 朝加真由美 中島ゆたか 榎本ちえ子

薔薇の標的(1980)

  • 1980年4月19日(土)公開
  • 出演(井戸垣謙三 役)

組織に裏切られ、刑務所に入れられた男の復讐を描く。脚本は「皮ジャン反抗族」の白坂依志夫と「ズームイン 暴行団地」の桂千穂の共同執筆、監督は「処刑遊戯」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
村川透
出演キャスト
舘ひろし 中島ゆたか 本間優二 沢田和美
1979年

ピーマン80

  • 1979年9月8日(土)公開
  • 出演(ギャングのボスA 役)

ぐうたら大学生が大怪盗と出会ったことから、一獲千金を夢見て、デパートの売上げを狙う姿を、コメディータッチで描く。「8時だョ!全員集合」「クイズダービー」などTVの高視聴率番組をブロデュースする東京放送の居作昌果がはじめて製作した劇場用映画で、撮影方式はECGンステムと言われる、VTRで収録したものをフィルムに交換する方法が採られている。脚本は松岡孝、かとうまなぶ、岡雄二の共同執筆、監督は居作昌果、撮影に相当するチーフ・カメラマンには松下紳など「8時だョ!全員集合」のスタッフがそれぞれ担当。

監督
居作昌果 岡雄二
出演キャスト
谷隼人 真行寺君枝 アンルイス 新井康弘

蘇える金狼(1979)

  • 1979年8月25日(土)公開
  • 出演(坂本 役)

昼間は平凡なサラリーマンを装いながらも、夜になると、身体を鍛え巨大資本乗っ取りを企む男の姿を描く。大藪春彦の同名の小説の映画化で、脚本は「肉の標的・奪う!」の永原秀一、監督は「白昼の死角」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当

監督
村川透
出演キャスト
松田優作 風吹ジュン 佐藤慶 成田三樹夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 今井健二