映画-Movie Walker > 人物を探す > 真木洋子

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1993年 まで合計14映画作品)

1993年

姐 極道を愛した女・桐子

  • 1993年9月25日(土)公開
  • 出演(風子 役)

組長の妻でありながら、別のヤクザの男を愛したヒロインの姿を、ヤクザ組織の内部抗争の戦いの中で描くドラマ。エグゼクティブ・プロデューサーを務めた家田荘子の同名原作(祥伝社ノンノベルス・刊)をもとに、「人間交差点・道」の磯村一路が監督。脚本は「事件屋稼業」の橋本裕志が担当。東千代之介が特別出演。スーパー16ミリ。

監督
磯村一路
出演キャスト
高橋ひとみ 豊原功補 菅田俊 田口トモロヲ

第1回欽ちゃんのシネマジャック

  • 1993年4月17日(土)公開
  • 出演(三代子 役)

一本十五分の短編を五本立て、一本につき三百円の入場料を自己申告制で見るというユニークなシステムによるオムニバス作品集。萩本欽一が発案し製作総指揮を務めたもので、その萩本が監督する「港」と「なんかヘン?」のほか、黒沢直輔監督「探偵 ハーレム・ノクターン」、オーストラリア製の「ドリーム・ライダー」、山本晋也監督「生きる ある臨死」の五本を、適宜順序を変えて上映した。他に三宅恵介による三分のおまけ「大激走」も併映。その後、「元禄女太陽伝」「ダライラマの母」「きっと来るさ」「女とおんな」の四作品も参加した。

監督
黒沢直輔 ジェームス・ボーグル 萩本欽一 山本晋也
出演キャスト
橋爪功 ハロルド・ホプキンス ジェームス・ブランデル 渡哲也
1992年

悪友(ごろつき)(1992)

  • 1992年3月21日(土)公開
  • 出演(姐・真美子 役)

新米ヤクザの下積み修業にスポットを当て、極道に憧れる二人の若者の姿をコミカルに描いた青春ドラマ。家田荘子原作の映画化で、脚本・監督は「制服くずし」の堀内靖博。撮影は「パンツの穴 キラキラ星みつけた!」の福沢正典がそれぞれ担当。

監督
堀内靖博
出演キャスト
池田政典 大森嘉之 浅野愛子 網浜直子
1991年

ご挨拶

  • 1991年11月23日(土)公開
  • 出演(長谷川みどり 役)

日常で交わされる挨拶をテーマに、現代に生きるオンナ達の本質と本音を三話形式のオムニバスで描く。第一話の脚本・監督は「グッバイ・ママ」の脚本家・寺田敏雄。撮影は福元文一。第二話は「つぐみ」の市川準が脚本・監督。撮影は「家庭教師」の小林達比古。第三話は寺田敏雄脚本で、女優のモモイカオリ(桃井かおり)が監督。撮影は「チー公物語 ネズミ小僧のつくりかた世紀末版」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
寺田敏雄 市川準 桃井かおり
出演キャスト
蟹江敬三 真行寺君枝 林美里 寺田農

獅子王たちの夏

  • 1991年1月12日(土)公開
  • 出演(女医の歯科医 役)

大組織系列下の末端のチンピラと、その総長をねらう対立組織の組員との非情な生きざまを描く。「ちょうちん」の金子正次の遺稿シナリオの映画化で、共同脚本に「マリアの胃袋」の西岡琢也が参加。監督は「危ない話」(第三話)の高橋伴明。撮影は「1990牡丹燈篭」の三好和宏がそれぞれ担当。

監督
高橋伴明
出演キャスト
哀川翔 的場浩司 香坂みゆき そのまんま東
1986年

やがて…春

  • 1986年5月10日(土)公開
  • 出演(松山光 役)

小学校5年生の児童たちを中心に、いじめ問題を描く。脚本は下島三重子と横田与志の共同執筆。監督は中山節夫、撮影は岩永勝敏がそれぞれ担当。主題歌は、小室等(「僕は君がすきだ」)。

監督
中山節夫
出演キャスト
真木洋子 庄川正信 高木史恵 ケーシー高峰
1984年

いつか誰かが殺される

  • 1984年10月10日(水)公開
  • 出演(永山亜美 役)

父親の失踪とともに謎の事件に巻き込まれた女子高校生が、いろいろな人間に出合い成長していく姿を描く。赤川次郎原作の同名小説をモチーフに「お嬢さんの股ぐら」の高田純が脚本化、監督は「性的犯罪」の崔洋一、撮影は「晴れ、ときどき殺人」の浜田毅がそれぞれ担当。

監督
崔洋一
出演キャスト
渡辺典子 古尾谷雅人 松原千明 白竜

零戦燃ゆ

  • 1984年8月11日(土)公開
  • 出演(喜代 役)

第二次世界大戦で活躍した名機零戦の誕生から散華するまでを、それに関わった人間たちの運命と共に描く。原作は週刊文春連載中の柳田邦男の同名小説。脚本は「日本海大海戦 海ゆかば」の笠原和夫、監督は「エル・オー・ヴィ・愛・N・G」の舛田利雄、撮影も同作の西垣六郎がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
丹波哲郎 加山雄三 あおい輝彦 目黒祐樹
1982年

おんな6丁目 蜜の味

  • 1982年10月2日(土)公開
  • 出演(江梨 役)

銀座のクラブを切り盛りするママと、ライバルの店主たちの姿を描く。銀座のクラブ『順子』のママ田村順子の原作『おんな6丁目』『おんな6丁目夜の仮面』の映画化で、脚本は多村映美、監督はピンク映画出身の向井寛、撮影は鈴木史郎がそれぞれ担当。

監督
向井寛
出演キャスト
田村順子 野川由美子 石田夏子 村嶋修
1979年

もっとしなやかにもっとしたたかに

  • 1979年4月28日(土)公開
  • 出演(旗見道代 役)

ロックバンドのグルーピーの少女との出会いによってニューファミリーを志向している妻子ある青年の自分の生活に対する疑問や苦悩を描く。小林竜雄の一九七八年度城戸賞準入選作の映画化で、脚本は「新・人間失格」の小林竜雄、監督は「帰らざる日々」の藤田敏八、撮影は「肉の標的・奪う!」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
奥田瑛二 高沢順子 藤原友宏 森下愛子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 真木洋子