映画-Movie Walker > 人物を探す > ペギー・アン・ガーナー

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1979年 まで合計7映画作品)

1979年

ウエディング(1978)

  • 1979年5月26日(土)公開
  • 出演(Canalice 役)

アメリカ中西部の大富豪の御曹子と、南部の新興財閥の令嬢の結婚パーティを中心に人間の喜怒哀楽を描く。エグゼクティブ・プロデューサーはトミー・トムプソン、製作・監督は「ナッシュビル」のロバート・アルトマン、脚本はジョン・コンシダイン、パトリシア・レズニック、アラン・ニコルズ、ロバート・アルトマン、原案はロバート・アルトマンとジョン・コンシダイン、撮影はチャールズ・ロシャー、音楽はトム・ウォルス、編集はトニー・ロンバードが各々担当。出演はキャロル・バーネット、ポール・ドゥーリー、エイミー・ストライカー、ミア・ファロー、デニス・クリストファー、ジェラルド・バズビー、ペギー・アン・ガーナー、マーク・R・デミング、リリアン・ギッシュ、ニーナ・ヴァン・パラント、ヴィットリオ・ガスマン、デジー・アーナズ・ジュニア、ベリタ・モレノ、ディナ・メリル、パット・マコーミック、ハワード・ダフ、ジェラルディン・チャップリン、ジョン・コンシダイン、ローレン・ハットン、アラン・ニコルズ、メイシー・ホイ、ビヴェカ・リンドフォース、セドリック・スコット、ロバート・フォーティエ、パメラ・ドーバー、ギャバン・オハーリヒー、バート・レムセンなど。

監督
ロバート・アルトマン
出演キャスト
キャロル・バーネット ポール・ドゥーリー エイミー・ストライカー ミア・ファロー
1951年

ボンバ

  • 1951年6月28日(木)公開
  • 出演(Patricia_Harland 役)

ウォルター・ミリッシュ製作になる「ボンバ」シリーズ第1作(1949年)で、ワイズミュラアのターザン映画でボーイ役だったジョニー・シェフィールドが主人公を演ずる。ロイ・ロックウッドの創作人物よりジャック・デ・ウィットが脚色、監督は「ルパン登場」のフォード・ビーブ。ウィリアム・シックナーが撮影を、エドワード・ケイが音楽を担当する。共演者は「荒原の死闘」のペギー・アン・ガーナーら。

監督
フォード・ビーブ
出演キャスト
ジョニー・シェフィールド ペギー・アン・ガーナー オンスロー・スティーヴンス チャールズ・アーウィン

荒原の死闘

  • 1951年6月15日(金)公開
  • 出演(Doris 役)

ウィリアム・モスが製作、新進フィル・カールスンが監督に当たった1949年テクニカラー映画。モートン・グラント原作を彼自身とドロシー・ヨースト(「高原の白馬」)が共同脚色し、撮影はハワード・グリーン(「ジャングル・ブック」)作曲はポール・ソーテル(「ネヴァダ男」)の担当。主演は「高原の夕焼」のロン・マッカリスターとペギー・アン・ガーナーで、プレストン・フォスター(「高原の白馬」)、フォレスト・タッカー、アーヴィング・ベーコン(「ママの新婚旅行」)らが助演。

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
ロン・マッカリスター ペギー・アン・ガーナー プレストン・フォスター フォレスト・タッカー

高原の夕焼

  • 1951年3月16日(金)公開
  • 出演(Maggie 役)

「ワイオミングの緑草」のスタッフ、監督ルイ・キング、製作ロバート・バスラー、撮影チャールズ・G・クラークの三人がその儘製作している1947年度作品の天然色映画。アルフレッド・オリヴァンの原作を「出獄」のジェローム・キャディが脚色し、例に依ってアルフレッド・ニューマンが音楽監督に当たった。出演者は「勝利の園」のロン・マッカリスター、「ブルックリン横町」のペギー・アン・ガーナー、「故郷の丘」のエドマンド・グウェンとレジナルド・オーウェンら。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
ロン・マッカリスター ペギー・アン・ガーナー レジナルド・オーウェン チャールズ・アーウィン
1947年

ジェーン・エア(1940)

  • 1947年10月7日(火)公開
  • 出演(Jane(as_a_child) 役)

シャーロット・ブロンテの名作小説の映画化で、これが三度目の映画化である。脚本は現代英国文壇に勇躍する小説家オルダス・ハックスレイとロバート・スティーヴンスンおよびジョン・ハウズマンが協力して書いており「ノンストップニューヨーク」のロバート・スティーヴンソンが監督に当たり「追憶(1941)」のジョージ・バーンズが撮影を指揮した。主演は演劇映画、ラジオに活躍し「市民ケーン」を原作監督主演したオーソン・ウェルズと「断崖」「永遠の処女」のジョーン・フォンテーンで、「百万人の音楽」のマーガレット・オブライエン、「王国の鍵」のペギー・アン・ガーナーおよびエディス・バレッド「操のそよ風」のアグネス・ムアヘッド、新人ジョン・サットン「椿姫(1937)」のヘンリー・ダニエルなどが助演。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
オーソン・ウェルズ ジョーン・フォンテーン マーガレット・オブライエン ペギー・アン・ガーナー

ブルックリン横丁

  • 1947年6月25日(水)公開
  • 出演(Francie_Nolan 役)

劇作家ベティー・スミス作の長編小説の映画化で、「大地」のテス・スレシンガーとフランク・デイヴィスが協力脚色し、グループ・シアターの若い演出者として名を挙げたエリア・カザンがハリウッドに招かれて監督した処女作品である。音楽は「王国の鍵」のアルフレッド・ニューマン、撮影は1944、45年度の色彩撮影アカデミー賞を得たレオン・シャムロイが指揮している。出演俳優は舞台から映画入りして「クローディア」で名を挙げたドロシー・マクガイア「弾丸か投票か」のジョーン・ブロンデル、この映画での演技でアカデミー助演演技賞、子役賞をそれぞれ得たジェームズ・ダン及びペギー・アン・ガーナー、「此の虫十万弗」のテッド・ドナルドスン及びジェームズ・グリースン、ギャング役で鳴らしたロイド・ノーラン等である。別邦題「ブルックリン横町」。

監督
エリア・カザン
出演キャスト
ドロシー・マクガイア ジョーン・ブロンデル ジェームズ・ダン ロイド・ノーラン
1946年

王国の鍵

  • 1946年5月2日(木)公開
  • 出演(Nora(as_a_child) 役)

「城砦」の原作者として有名なA・J・クローニンの小説に基づき、ジョセフ・エル・マンキエウィッツとナナリー・ジョンソン共同で脚色し、ジョン・M・スタールが監督に当たった作品でニューヨークの劇壇から映画界に招かれた新星グレゴリー・ペックの第一回主演映画である。彼はこの後メトロおいてグリアー・ガースンと「決断の谷」に主演し、セルズニック・インタナショナルでイングリッド・ベルクマンと「スペルパウンド」に主演し、最近はハワード・ヒューズの製作する西部劇「白昼の決闘」に主演することになった。他にトーマス・ミッチェル、ヴインセント・プライス、セドリック・ハードウィック、ジェームズ・グリースン等のヴェテランが出演するほか、製作者たるジョセフ・マンキエウィツの夫人ローズ・ストラドナーが色彩を添えている。撮影監督はアーサー・ミラー、音楽はアルフレッド・ニューマンの担当である。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
グレゴリー・ペック トーマス・ミッチェル ヴィンセント・プライス ローゼ・シュトラドナー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ペギー・アン・ガーナー