映画-Movie Walker > 人物を探す > 森田健作

年代別 映画作品( 1969年 ~ 2014年 まで合計49映画作品)

2014年

八甲田山 完全版

  • 2014年4月19日(土)公開
  • 出演(三上少尉 役)

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

監督
森谷司郎
出演キャスト
島田正吾 大滝秀治 高倉健 丹波哲郎
2006年

I am 日本人

  • 2006年8月5日(土)公開
  • 製作総指揮、原案、脚本、企画、主題歌、出演(宮本健一 役)

アメリカからの留学生で日系3世のヒロインが、忘れられた“日本の心”を取り戻そうと奮闘する青春ドラマ。元国会議員の森田健作が原案・製作総指揮など6役を担った意欲作。

監督
月野木隆
出演キャスト
森本クリスティーナ 小野真弓 渡辺大 尾野真千子

ゴーヤーちゃんぷるー

  • 2006年6月24日(土)公開
  • 企画、出演(教師 役)

「HINOKIO」の多部未華子主演のドラマ。悩みを抱え、不登校になってしまった少女が、西表島の美しい自然や、そこで暮らす人々とのふれあいを通して、成長してゆく姿を描く。

監督
松島哲也
出演キャスト
多部未華子 武田航平 大城美佐子 美木良介
2005年

砂の器(デジタルリマスター)

  • 2005年6月18日(土)公開
  • 出演(吉村正 役)

2005年4月に急逝した名匠・野村芳太郎監督の代表作をリバイバル上映。2人の刑事が追う殺人事件の真相と、そこに秘められた天才音楽家の衝撃的な半生を叙情的に描出。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
丹波哲郎 森田健作 加藤剛 加藤嘉
1992年

当選確実

  • 1992年11月7日(土)公開
  • 製作、製作総指揮、原案、出演(津山良平 役)

市長選挙を題材に今日の土地、証券問題や報道の在り方を問う社会派映画。森田健作率いる森田フィルムズの映画製作第3弾で、総監督・製作・原案・出演は森田健作、監督は石川均、撮影は田中一成が担当。

監督
石川均
出演キャスト
森田健作 国広富之 長門裕之 寺田農
1989年

GREEN BOY グリーンボーイ

  • 1989年4月29日(土)公開
  • 製作、製作総指揮、原案、企画、主題歌、出演(神谷大介 役)

交通事故に遭って半身不随となった息子を励ますために、再びグリーンボーイ(4回戦ボーイ)を目指す元ボクサーの姿を描く。「おれは男だ! 完結編」に続いて森田健作が製作・総指揮を務める青春映画第2弾で、脚本は「恋はいつもアマンドピンク」の三村渉が執筆。監督は「おれは男だ! 完結編」の石山昭信、撮影は山口鉄雄がそれぞれ担当。主題歌は、森田健作(「針路」)。

監督
石山昭信
出演キャスト
森田健作 福原学 山崎尚子 泉アキ
1987年

おれは男だ! 完結編

  • 1987年公開
  • 製作、総指揮、企画、主題歌、出演(小林弘二 役)

昭和46年に日本テレビ系で放映された学園ドラマ「おれは男だ!」の続編ともいうべき作品で、津雲むつみ原作の同名漫画の映画化。脚本は「春駒のうた」の石倉保志と「本場 ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇」の中田新一が共同執筆、監督は「まんだら屋の良太」の石山昭信、撮影は「さらば愛しき人よ」の藤沢順一がそれぞれ担当。

監督
石山昭信
出演キャスト
森田健作 有藤実花 田中久美 京本政樹
1985年

必殺! ブラウン館の怪物たち

  • 1985年6月29日(土)公開
  • 出演(藤林辰之進 役)

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
藤田まこと 菅井きん 白木万理 鮎川いづみ
1982年

疑惑

  • 1982年9月18日(土)公開
  • 出演(藤原 役)

殺人容疑者の女と彼女を弁護することになった女性弁護士の間の確執を描く。松本清張の同名小説の映画化で、作者自身が脚色し、撮影台本は「ダイナマイトどんどん」の古田求と「わるいやつら」の野村芳太郎、監督も野村芳太郎、撮影も同作の川又昂がれぞれ担当。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
桃井かおり 岩下志麻 鹿賀丈史 柄本明
1980年

復活の日

  • 1980年6月28日(土)公開
  • 出演(真沢隊員 役)

恐怖の細菌兵器のために人類はほとんど絶滅、南極に残されたわずかな人々の生きのびる姿を描く。小松左京の同名の小説の映画化で、脚本は「日本の黒幕」の高田宏治とグレゴリー・ナップ、「赤穂城断絶」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「金田一耕助の冒険」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
草刈正雄 夏木勲 多岐川裕美 永島敏行
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 森田健作

ムービーウォーカー 上へ戻る