映画-Movie Walker > 人物を探す > 大信田礼子

年代別 映画作品( 1967年 ~ 1982年 まで合計25映画作品)

1970年

経験(1970)

  • 1970年10月6日(火)公開
  • 出演(歌手 役)

辺見マリの「経験」をバックに、谷隼人の初主演映画。脚本は「花札賭博 猪の鹿三番勝負」の成澤昌茂。監督は「(秘)セックス恐怖症」の鷹森立一。撮影は「不良番長 出たとこ勝負」の中島芳男がそれぞれ担当

監督
鷹森立一
出演キャスト
谷隼人 渡瀬恒彦 大原麗子 集三枝子

ずべ公番長 夢は夜ひらく

  • 1970年9月22日(火)公開
  • 出演(影山リカ 役)

実力、人気最高の大型歌手藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」の主題曲をバックに“女番長”シリーズ第一作。脚本は「あばれ丁半」の宮下教雄、監督は脚本にも参加している新人の山口和彦。撮影は「日本暴力団 組長くずれ」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
宮園純子 大信田礼子 橘ますみ 賀川雪絵

不良番長 出たとこ勝負

  • 1970年8月1日(土)公開
  • 出演(尾高銀子 役)

舞台を磐梯山麓に移して暴れまくるお馴染みカポネ団の面々。脚本はこのシリーズ生みの親、山本英明と松本功のコンビ、監督は「不良番長 王手飛車」の内藤誠。撮影は「やくざ刑事」の中島芳男が担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 谷隼人 鈴木ヤスシ

盛り場流し唄 新宿の女

  • 1970年5月30日(土)公開
  • 出演(本条真理子 役)

夜の新宿ネオン街のホステス人生をつづった風俗ロマン篇。川内康範の原作『赤い血の恋』から、山村英司と「非行少年 若者の砦」の来栖三郎が脚本を共同執筆、監督は「女の手配師 池袋の夜」の武田一成。撮影は「非行少年 若者の砦」の萩原憲治が担当。

監督
武田一成
出演キャスト
北林早苗 大信田礼子 山本陽叶 宮城千賀子

不良番長 一獲千金

  • 1970年4月18日(土)公開
  • 出演(桃代 役)

このシリーズのコンビ山本英明と松本功が前作「不良番長 王手飛車」にひき続き、脚本を書き、「不良番長 どぶ鼠作戦」の野田幸男が監督したシリーズ第七作。撮影は「新網走番外地 さいはての流れ者」の飯村雅彦が担当。

監督
野田幸男
出演キャスト
梅宮辰夫 谷隼人 山城新伍 鈴木ヤスシ

めくらのお市 命貰います

  • 1970年4月8日(水)公開
  • 出演(お半 役)

「極悪坊主 念仏三段斬り」の高田宏治が脚本を書き、「栄光の黒豹」の市村泰一が監督したシリーズ第四作。撮影は同作の小杉正雄が担当。

監督
市村泰一
出演キャスト
松山容子 目黒祐樹 曽我廼家明蝶 大信田礼子
1969年

妖艶毒婦伝 お勝兇状旅

  • 1969年10月1日(水)公開
  • 出演(かおる 役)

高橋猛の原案を、「賞金稼ぎ」の高田宏治と、「不良番長 送り狼」の山本英明が脚本を共同執筆し、「妖艶毒婦伝 人斬りお勝」の中川信夫が監督したシリーズ第三作。撮影は「現代やくざ 与太者仁義」の山沢義一が担当した。

監督
中川信夫
出演キャスト
宮園純子 河野秋武 南風夕子 大信田礼子

妖艶毒婦伝 人斬りお勝

  • 1969年4月10日(木)公開
  • 出演(お留以 役)

「博徒一代 血祭り不動」の高田宏治が脚本を執筆し、「さくら盃・義兄弟」の中川信夫がメガホンをとったシリーズ第二作。撮影は「妾二十一人 ど助平一代」の飯村雅彦。

監督
中川信夫
出演キャスト
宮園純子 大信田礼子 西村晃 近藤正臣

旅に出た極道

  • 1969年3月30日(日)公開
  • 出演(李玲芳 役)

「緋牡丹博徒 花札勝負」の鳥居元宏と「昭和残侠伝 唐獅子仁義」の松本功が脚本を執筆し「荒野の渡世人」の佐藤純彌がメガホンをとったシリーズ第五作。「にっぽん'69 セックス猟奇地帯」の赤塚滋が撮影を担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
若山富三郎 清川虹子 山城新伍 関山耕司
1968年

兵隊極道

  • 1968年9月18日(水)公開
  • 出演(秀芳 役)

「前科者」の松本功と鳥居元宏が共同でシナリオを執筆、「代貸」の佐伯清か監督した“極道”シリーズ第三作目。撮影は「前科者」の鈴木重平。

監督
佐伯清
出演キャスト
若山富三郎 名和宏 宮園純子 大信田礼子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大信田礼子