映画-Movie Walker > 人物を探す > 江原真二郎

年代別 映画作品( 1955年 ~ 2015年 まで合計125映画作品)

2015年

薩チャン正ちゃん〜戦後民主的独立プロ奮闘記〜

  • 2015年8月29日(土)公開
  • 朗読

「暴力の街」の山本薩夫監督、「どっこい生きてる」の今井正監督を中心に、新藤兼人や亀井文夫、吉村公三郎など、戦後、独立プロを立ち上げて活躍した人々の歩みを、関係者の証言などから辿ったドキュメンタリー。証言者として山田洋次、香川京子、降旗康男などの映画人も出演。ナレーションを務めたのは「影武者」の山本亘。

監督
池田博穂
出演キャスト
早乙女勝元 山田洋次 高部鐵也 宮古とく子
2014年

グランドシネマ 坂東玉三郎 日本橋

日本橋を代表する名妓の清葉とお孝、彼女らにひかれていく男たちという、4人の男女の人間模様を描いた、泉鏡花の代表作のひとつ「日本橋」。坂東玉三郎が25年ぶりにお孝を演じたほか、演出も手がけ、12年12月に日生劇場で上演された舞台劇を映画化。鏡花による美しい台詞によって、悲恋の物語がつづられる。

監督
十河壯吉
出演キャスト
坂東玉三郎 高橋惠子 松田悟志 藤堂新二
1992年

パテオ PATIO

  • 1992年11月14日(土)公開
  • 出演(井上邦彦 役)

“パテオの赤いバラ”と呼ばれる神秘の秘宝を巡って、消息不明の婚約者を追う女とその級友が国際的規模の事件に巻き込まれるサスペンス。PART1とPART2はテレビ放映され(フジテレビ系、PART1=9月18日、PART2=10月23日)、完結編となるPART3が劇場公開されるというマルチミックス形式での公開。監督は楠田泰之で、本作が劇場映画デビュー。原作は楠田泰之と吉本昌弘、脚本は吉本昌弘、撮影は栢野直樹が担当。

監督
楠田泰之
出演キャスト
菊池桃子 加勢大周 保阪尚輝 鈴木京香
1991年

江戸城大乱

  • 1991年12月14日(土)公開
  • 出演(大久保加賀守 役)

徳川五代将軍の座を巡る熾烈きわまりない跡目争いを豪快に描く時代劇。脚本は「陽炎」の高田宏治が執筆。監督は「必殺!5 黄金の血」の舛田利雄。撮影は「動天」の北坂清がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
松方弘樹 十朱幸代 三浦友和 西岡徳馬
1988年

スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲

  • 1988年2月11日(木)公開
  • 出演(長官 役)

青少年治安局組織とスケバン刑事・風間三姉妹の戦いを描く「スケバン刑事」シリーズの第2弾。和田慎二原作の同名漫画の映画化で、脚本は「名門! 多古西応援団」の橋本以蔵が執筆。監督は「スケバン刑事」の田中秀夫、撮影は池田建策がそれぞれ担当。

監督
田中秀夫
出演キャスト
浅香唯 大西結花 中村由真 京本政樹
1987年

嵯峨野の宿

  • 1987年8月8日(土)公開
  • 出演(藤岡泰三 役)

申友子あるパトロンとミステリアスな青年の間で、揺れ動く女流人形作家の想いを描く。加堂秀三原作の同名小説の映画化で、監督はこれが第一回作品となり脚本も執筆している島宏、撮影は「母娘監禁 牝 〈めす〉」の鈴木耕一が担当。

監督
島宏
出演キャスト
三原じゅん子 金田賢一 江原真二郎 木村元
1986年

白い野望

  • 1986年5月24日(土)公開
  • 出演(都倉 役)

東京の国立病院を舞台に、エリート脳外科医の野望と挫折を描く。門田泰明原作の同名小説の映画化で、脚本は「乱」の井手雅人、監督は「玄海つれづれ節」の出目昌伸、撮影は同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。主題歌は、五輪真弓(「密会」)。

監督
出目昌伸
出演キャスト
草刈正雄 十朱幸代 浅野ゆう子 佐藤慶

はしれリュウ

  • 1986年1月25日(土)公開
  • 出演

貧しいが誠実に生きた一家の喜びと悲しみを謳い上げた小松崎和男監督作品。原作は坂本光男、脚本は松田昭三、出演は江原真二郎、中原早苗、高木美穂など、スチールは松原研が担当。

監督
小松崎和男
出演キャスト
江原真二郎 中原早苗 高木美穂 坂詰貴之
1982年

軽井沢夫人

  • 1982年8月6日(金)公開
  • 出演(酒島警視 役)

夏の軽井沢を舞台に、上流社会にくいこもうとする青年の野望と挫折を描く。嵯峨島昭の同名小説の映画化で、脚本は「ズームアップ 暴行白書」のいどあきお、監督は「奴隷契約書」の小沼勝、撮影は「キャバレー日記」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
高田美和 五代高之 吉川由美 梓ようこ
1979年

わが青春のイレブン

  • 1979年7月21日(土)公開
  • 出演(矢吹倉太郎 役)

高校のサッカー部を舞台に、スポーツにかけた友情と応援する女子学生との愛を描く。昭和四十九年、「恋は緑の風の中」を最後の作品として、昭和五十一年二月二十二日、胃癌で亡くなった家城巳代治監督が、病魔と闘う中で、久子夫人の協力で書き上げた同名の遺稿シナリオを映画化したもので、監督は家城巳代治の弟子にあたる「冬の華」の降旗康男、撮影は佐藤昌道がそれぞれ担当。なお、このシナリオは家城監督没後、久子未亡人の手で小説化され、集英社文庫に収められている。

監督
降旗康男
出演キャスト
永島敏行 吉田次昭 山岡健 森谷泰章
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 江原真二郎