映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ秋山

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2018年 まで合計11映画作品)

2018年

生きる街

「ピンポン」や「パーマネント野ばら」などで圧倒的な存在感を放ってきた夏木マリ主演によるヒューマンドラマ。東日本大震災で夫を失った千恵子。離れて暮らす娘や息子とのすれ違いが続くなか、ある日、以前同じ町に住んでいた韓国人青年ドヒョンがやって来る。共演は「ユリゴコロ」の佐津川愛美、「青空エール」の堀井新太、韓国のロックバンドCNBLUEのイ・ジョンヒョン、「あさひなぐ」の岡野真也、「エキストランド」の吉沢悠。脚本を「アリーキャット」の清水匡と「捨てがたき人々」の秋山命が担当。監督は「アリーキャット」の榊英雄。

監督
榊英雄
出演キャスト
夏木マリ 佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン
2014年

捨てがたき人々

  • 2014年6月7日(土)
  • 原作

ジョージ秋山の同名コミックを原作に「誘拐ラプソディー」の榊英雄監督が映画化。生きている事に苦悩しながらも“愛”と“幸せ”の形を見つけ出そうともがく男の姿を描く。出演は「ハゲタカ」の大森南朋、「モルモット」の三輪ひとみ、「春との旅」の美保純、「サッドティー」の内田慈、「愛の渦」の滝藤賢一、「フィギュアなあなた」の伊藤洋三郎。第26回(2013年)東京国際映画祭上映作品。

監督
榊英雄
出演キャスト
大森南朋 三輪ひとみ 内田慈 滝藤賢一
2012年

アシュラ

  • 2012年9月29日(土)
  • 原作

「浮浪雲」の作者、ジョージ秋山の初期作品で、過激な描写からアニメ化不可能と言われた異色作を、「TIGER&BUNNY」のさとうけいいちが映画化。室町時代後期、災害により荒野と化した京都で、ケモノのように育った少年が、1人の少女によって魂を救済され高僧になる。そんな高僧アシュラの少年時代のエピソードが語られる。

監督
さとうけいいち
出演キャスト
野沢雅子 北大路欣也 林原めぐみ 玄田哲章
1991年
1988年

恋子の毎日

  • 1988年12月17日(土)
  • 原作

ヤクザと結婚したハワイのホテル王の娘の生活を描く。ジョージ秋山の同名漫画の映画化で、脚本は「クレージーボーイズ」の松本功と「極道渡世の素敵な面々」の平川輝治が共同で執筆。監督は「この胸のときめきを」の和泉聖治、撮影は「菩提樹 リンデンバウム」の奥村正裕がそれぞれ担当。主題歌は、長山洋子(「KOIKO」)。

監督
和泉聖治
出演キャスト
松村雄基 長山洋子 今福将雄 高月忠

うれしはずかし物語

  • 1988年3月19日(土)
  • 原作

中年サラリーマンと少女との純愛を描く。ジョージ秋山原作の同名劇画の映画化で、脚本は「白衣物語淫す!」の竹山洋が執筆。監督は「化身(1986)」の東陽一、撮影は「永遠の1/2」の川上皓市がそれぞれ担当。

監督
東陽一
出演キャスト
川上麻衣子 寺田農 本阿彌周子 渡浩行
1983年

ピンクのカーテン3

  • 1983年3月25日(金)
  • 原作

天涯孤独な兄妹の近親相姦スレスレの関係を描くシリーズ第3弾。ジョージ秋山の同名の漫画の映画化で脚本は「OH! タカラヅカ」の高田純、監督は「ピンクのカーテン2」の上垣保朗、撮影は「襲われる女教師」の野田悌男がそれぞれ担当。主題歌は、原マスミ(「ネジレ」)。

監督
上垣保朗
出演キャスト
美保純 阿部雅彦 萩尾なおみ 香井今日子
1982年

浮浪雲

  • 1982年4月24日(土)
  • 原作

時は江戸末期、勤王だ佐幕だと、世情不安な品川宿。この品川の問屋場の頭が、マゲを前で結い、女の着物をひっかけた珍妙ないでたちの、人呼んで浮浪雲。彼は東海道五十三次の命知らずの雲助たちを意のままに動かすことができ、しかも剣の達人でもありながら、空に浮かぶ雲のごとく、小事にこだわらず自由気ままに生きている--ジョージ秋山原作の『浮浪雲』のアニメーション化。雲と息子・新之助、妻・お亀との情愛、新之助の坂本竜馬に対する憧憬が、監督・真崎守、作画監督・富沢和雄、画面構成・川尻善昭などのスタッフで描かれる。また竜馬暗殺シーンの斬新なイメージは村野守美が担当。声の主演は山城新伍、熊谷真実ほか。

監督
真崎守
出演キャスト
山城新伍 熊谷真実 加瀬悦孝 白石冬美

ピンクのカーテン2

  • 1982年10月29日(金)
  • 原作

一つの部屋に暮しながら、一線を越えまいと悶々とする兄と妹の関係を描くシリーズ第2作。脚本は「ピンクのカーテン」の高田純、監督も同作の上垣保朗、撮影は「連続暴行 白昼の淫夢」の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
上垣保朗
出演キャスト
美保純 萩尾なおみ 阿部雅彦 望月太郎

ピンクのカーテン

  • 1982年7月23日(金)
  • 原作

同じ部屋に同居することになった兄妹の危うい関係を描く。『漫画ゴラク』に連載中のジョージ秋山の同名の原作の映画化で、脚本は「餌食」の高田純、監督は「女教師 生徒の眼の前で」の上垣保朗、撮影は「生録 盗聴ビデオ」の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
上垣保朗
出演キャスト
美保純 萩尾なおみ 阿部雅彦 望月太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ秋山