TOP > 映画監督・俳優を探す > 土屋嘉男

年代別 映画作品( 1952年 ~ 2018年 まで合計111映画作品)

1957年

蜘蛛巣城

  • 1957年1月15日(火)
  • 出演(鷲津の郎党三 役)

「生きものの記録」に次いで黒澤明監督が描く戦国武将の一大悲劇。脚本は「阪妻追善記念映画 京洛五人男」の小国英雄、「真昼の暗黒」の橋本忍、「嵐(1956)」の菊島隆三と黒澤明の合作。撮影担当は「続へそくり社長」の中井朝一。主な出演者は「囚人船」の三船敏郎、「猫と庄造と二人のをんな」の山田五十鈴、浪花千栄子、「嵐(1956)」の久保明、「ならず者(1956)」の志村喬、「ボロ靴交響楽」の木村功、その他千秋実、太刀川洋一、上田吉二郎、土屋嘉男、高堂国典、清水元、三好栄子、藤木悠、佐々木孝丸などのヴェテラン陣である。

監督
黒澤明
出演キャスト
三船敏郎 山田五十鈴 千秋実 志村喬
1956年

妻の心

  • 1956年5月3日(木)
  • 出演(たねの子の庄太郎 役)

「鬼の居ぬ間」の井手俊郎のオリジナル・シナリオを「驟雨」の成瀬巳喜男が監督、夫婦愛の機微を描き出そういう野心作。撮影は「女房族は訴える」の玉井正夫。主な出演者は「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の高峰秀子、「婚約三羽烏」の小林桂樹、根岸明美、中北千枝子、「愛情の決算」の三船敏郎、田中春男、「見事な娘」の杉葉子、「鬼の居ぬ間」の千秋実、「幸福はあの星の下に」の花井蘭子、「裁かれる十代」の加東大介など。

監督
成瀬巳喜男
出演キャスト
三好栄子 千秋実 中北千枝子 松山奈津子

鬼の居ぬ間

  • 1956年4月18日(水)
  • 出演(目崎勝次郎 役)

雑誌“小説新潮”に連載された源氏鶏太の同名の原作を、「愛情の決算」の井手俊郎と、「奥様は大学生」の長瀬喜伴が共同で脚色、「見事な娘」の瑞穂春海が監督したサラリーマンもの。撮影は「いらっしゃいませ」の三村明。主な出演者は「続へそくり社長」の森繁久彌、「赤線地帯」の木暮実千代、「浅太郎鴉」の瑳峨三智子、「足のある幽霊」の淡路恵子「吸血蛾」の千秋実、「イカサマ紳士録」の藤木悠、「続へそくり社長」の藤間紫、「漫才長屋に春が来た」の松島トモ子など。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
森繁久彌 木暮美千代 小畑やすし 松島トモ子

愛情の決算

  • 1956年3月28日(水)
  • 出演(池田 役)

『別冊文芸春秋』所載の今日出海の小説『この十年』を「見事な娘」の井手俊郎が脚色し、「黒帯三国志」に出演した佐分利信が監督、主演「吉川英治作宮本武蔵より 決闘巌流島」の山田一夫が撮影を担当した。主なる出演者は前記佐分利信、「驟雨」の原節子、「暗黒街」の三船敏郎、「乱菊物語」の八千草薫、「見事な娘」の小林桂樹、「黒帯三国志」の田中春雄、「チエミの初恋チャッチャ娘」の藤間紫、文学座の南美江、賀原夏子など。

監督
佐分利信
出演キャスト
佐分利信 三船敏郎 小林桂樹 千葉一郎

見事な娘

  • 1956年3月6日(火)
  • 出演(高原信夫 役)

雑誌「婦人倶楽部」連載の源氏鶏太の小説を「続・警察日記」の井手俊郎が脚色し、「いらっしゃいませ」の瑞穂春海が監督、「若い樹」の山崎一雄が撮影を担当した。主なる出演者は、「チエミの初恋チャッチャ娘」の司葉子、小泉博、杉葉子、「早春」の笠智衆、「驟雨」の小林桂樹、「乱菊物語」の北川町子など。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
司葉子 笠智衆 沢村貞子 土屋嘉男

彼奴を逃すな

  • 1956年1月29日(日)
  • 出演(白石刑事 役)

「獣人雪男」の村田武雄のオリジナル・シナリオを「くちづけ(1955)」第二話の鈴木英夫が監督、「姿なき目撃者」の三浦光夫が撮影を担当した。主なる出演者は「不良少年の母」の木村功、「市川馬五郎一座顛末記 浮草日記」の津島恵子「生きものの記録」の志村喬、佐田豊、東郷晴子、他に俳優座の土屋嘉男、「若き潮」に出た文学座の宮口精二など。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
木村功 津島恵子 志村喬 二代目澤村宗之助
1955年

生きものの記録

  • 1955年11月22日(火)
  • 出演(中島鋳造所工員 役)

「生きとし生けるもの」の橋本忍、「おしゅん捕物帖 謎の尼御殿」の小国英雄、「七人の侍」監督以来の黒澤明の三人が共同で脚本を書き、黒澤明が監督、「制服の乙女たち」の中井朝一が撮影を担当した。主なる出演者は「宮本武蔵(1954)」の三船敏郎、「夫婦善哉」の三好栄子、宝塚歌劇団の東郷晴子(東宝入社第一回)、「姿なき目撃者」の志村喬、「おえんさん」の清水将夫、「朝霧(1955)」の青山京子、「やがて青空」の太刀川洋一、「獣人雪男」の根岸明美など。

監督
黒澤明
出演キャスト
三船敏郎 三好栄子 東郷晴子 清水将夫

朝霧(1955)

  • 1955年11月8日(火)
  • 出演(雄島教授 役)

信州の高原を背景にくりひろげられる姉と大学生の弟の愛情と、彼等をとりまく青年達の友情を描く。阿部知二の小説(昭和十五年発表)を「こころ」の共同脚色者の一人猪俣勝人が脚色し、「男ありて」の丸山誠治が監督、「三四郎」の玉井正夫が撮影を担当する。主なる出演者は「あすなろ物語」の久保明、「くちづけ(1955)」第一話の青山京子と杉葉子、「旅路(1955)」の岡田茉莉子、「娘の人生案内」の志村喬、「三四郎」の山田真二、土屋嘉男など。

監督
丸山誠治
出演キャスト
久保明 杉葉子 志村喬 岡田茉莉子

三四郎

  • 1955年8月31日(水)
  • 出演(野々宮 役)

夏目漱石の原作を「天下泰平」の八田尚之が脚色、「番場の忠太郎」の中川信夫が監督に当る。撮影は「「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る」の玉井正夫、音楽は「七つボタン」の斎藤一郎の担当。出演者は「銀座令嬢」の山田真二(入社第一回)「続宮本武蔵」の八千草薫、「獄門帳」の笠智衆、「警察日記」の岩崎加根子、「娘の縁談」の江原達怡など。

監督
中川信夫
出演キャスト
山田真二 八千草薫 笠智衆 土屋嘉男

続 天下泰平

  • 1955年2月20日(日)
  • 出演(矢瀬龍太郎 役)

スタッフ・キャスト共、大略前篇と同じであるが、シナリオは西島大と龍野敏の共同執筆に変り、キャストには幾らか新たな役が登場した。

監督
杉江敏男
出演キャスト
三船敏郎 久慈あさみ 佐野周二 笠智衆

土屋嘉男の関連人物

佐田豊  沢村いき雄  志村喬  三船敏郎  田島義文 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 土屋嘉男

ムービーウォーカー 上へ戻る