映画-Movie Walker > 人物を探す > 本木雅弘

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2016年 まで合計29映画作品)

2016年

永い言い訳

  • 2016年10月14日(金)公開
  • 出演(衣笠幸夫(津村啓) 役)

他人の家族との交流を通し、人を愛する素晴らしさを実感する男を描く、本木雅弘主演のラブストーリー。『ディア・ドクター』の西川美和がオリジナル脚本を書き上げ、妻を亡くした男と、母を亡くした子供たちによる新しい家族の形を描く。ミュージシャンの竹原ピストルが、妻を亡くし幼い兄妹を育てるトラック運転手の父親を演じる。

監督
西川美和
出演キャスト
本木雅弘 竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季
2015年

天空の蜂

  • 2015年9月12日(土)公開
  • 出演(三島 役)

東野圭吾が95年に発表し、ロングセラーとなっている同名小説を江口洋介、本木雅弘らの出演で映画化したサスペンス・アクション。日本全土の原発破棄を求め、超巨大ヘリを原子力発電所に墜落させようとするテロリストと、事件解決に挑む人々の戦いが描かれる。監督はコメディから人間ドラマまで幅広いジャンルを手がける堤幸彦。

監督
堤幸彦
出演キャスト
江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛

日本のいちばん長い日

  • 2015年8月8日(土)公開
  • 出演(天皇陛下 役)

混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を映画化。陸軍大臣、天皇陛下、総理大臣など閣議に参加した人々の姿と、クーデターを企む青年将校たちの姿が描かれる。監督は『駆込み女と駆出し男』など、人間ドラマに定評のある原田眞人。

監督
原田眞人
出演キャスト
役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一
2008年

おくりびと

  • 2008年9月13日(土)公開
  • 出演(小林大悟 役)

遺体を棺に納める納棺師となった男が、多くの別れと対峙する、本木雅弘主演の人間ドラマ。一見地味だが、人生の最期に必要な職業を通して、家族や夫婦愛のすばらしさを描く。

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
本木雅弘 広末涼子 余貴美子 杉本哲太
2007年

夜の上海

  • 2007年9月22日(土)公開
  • 出演(水島直樹 役)

言葉の通じない日本人男性と中国人女性ドライバーが上海で奇妙な一夜を過ごすラブ・ストーリー。本木雅弘と、「少林サッカー」のヒロイン、ビッキー・チャオが華やかに共演。

監督
チャン・イーバイ
出演キャスト
本木雅弘 ヴィッキー・チャオ 西田尚美 塚本高史
2006年

鉄コン筋クリート

  • 2006年12月23日(土)公開
  • 出演(声)(蛇(声) 役)

「ピンポン」の大人気漫画家・松本大洋の原作を、「アニマトリックス」のプロデューサー、マイケル・アリアスが映像化。性格の異なる少年2人の友情を絡めた冒険アニメ。

監督
マイケル・アリアス
出演キャスト
二宮和也 蒼井優 伊勢谷友介 宮藤官九郎
2003年

巌流島 GANRYUJIMA

  • 2003年10月11日(土)公開
  • 出演(宮本武蔵 役)

人気コミックや大河ドラマなどで注目を集める剣豪・宮本武蔵を題材にした異色作。かの有名な佐々木小次郎との巌流島の決闘を、大胆な解釈と独自の視点から痛快に描いた異色時代劇だ。

監督
千葉誠治
出演キャスト
本木雅弘 西村雅彦 田村淳 筧利夫

スパイ・ゾルゲ

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 出演(尾崎秀実 役)

巨匠・篠田正浩が念願の企画を実現させた歴史大作。戦争へと突き進む日本に存在した国際的スパイ、ゾルゲの暗躍を軸に、昭和初期の激動の時代をスケール豊かに描く。

監督
篠田正浩
出演キャスト
イアン・グレン 本木雅弘 椎名桔平 上川隆也
1999年

双生児 GEMINI

  • 1999年9月15日(水)公開
  • 出演(大徳寺雪雄 役)、出演(捨吉 役)

同じ顔を持つ双子の兄弟の数奇な運命が招く復讐劇を描いた怪奇サスペンス。監督は「TOKYO FIST」の塚本晋也で、脚色・撮影監督・編集も務めている。原作は江戸川乱歩の短篇「双生児~ある死刑囚が教誨師にうちあけた話~」。主演は、「中国の鳥人」の本木雅弘と映画初出演のりょう。第56回ヴェネチア国際映画祭、モントリオール国際映画祭出品作品。

監督
塚本晋也
出演キャスト
本木雅弘 りょう 藤村志保 筒井康隆
1998年

中国の鳥人

  • 1998年6月6日(土)公開
  • 出演(和田 役)

商社マンとヤクザのふたりが、中国・雲南省の奥地、鳥人伝説の残る少数民族の村で自分を見つめ直していく姿をとらえたヒューマン・コメディ。監督は「極道黒社会 RAINY DOG」の三池崇史。椎名誠による同名小説を、「岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇」のNAKA雅MURAが脚色。撮影を「蘇える金狼」の山本英夫が担当している。主演は「トキワ荘の青春」の本木雅弘と「現代任侠伝」の石橋蓮司。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第10位

監督
三池崇史
出演キャスト
本木雅弘 石橋蓮司 マコイワマツ 王麗黎

関連ニュース

本木雅弘が竹原ピストルと樹木希林から得たものとは?
本木雅弘が竹原ピストルと樹木希林から得たものとは?(2016年10月6日)

『ゆれる』(06)、『ディア・ドクター』(09)、『夢売るふたり』(12)など、胸をえぐるような人間ドラマを生み出してきた西川美和監督。最新監督作『永い言い訳』…

本木雅弘、50代を語る「人生を楽しく諦めていく」
本木雅弘、50代を語る「人生を楽しく諦めていく」(2016年10月5日)

50歳という節目の年を迎えた本木雅弘の最新主演映画は、『ゆれる』(06)や『ディア・ドクター』(09)、『夢売るふたり』(12)など、オリジナルの物語を丁寧につ…

江口洋介、『天空の蜂』で感じた父親としての思い
江口洋介、『天空の蜂』で感じた父親としての思い(2015年9月11日)

江口洋介は、常に“リア充”な雰囲気をまとったパブリックイメージがある。役柄によって輝く太陽となったり、闇夜を照らす月になったりはするが、観客はそういう輝きを期待…

江口洋介、本木雅弘と初共演後に驚いた現場とのギャップ
江口洋介、本木雅弘と初共演後に驚いた現場とのギャップ(2015年9月10日)

原発テロという、いまや絵空事ではなくなった脅威を描いた『天空の蜂』が9月12日(土)より公開される。主演の江口が、いかに本作に向き合ったのか?また、満を持しての…

松坂桃李、本木雅弘は「まさに天皇陛下でした」と絶賛
松坂桃李、本木雅弘は「まさに天皇陛下でした」と絶賛(2015年8月7日)

甘いマスクで高身長、爽やかで礼儀正しいナイスガイの松坂桃李。勢い良くスター街道を駆け上がってきた彼は、2015年、『マエストロ!』を皮切りに5本の出演映画が公開…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 本木雅弘