映画-Movie Walker > 人物を探す > 奥川彰

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2007年 まで合計55映画作品)

1993年

第1回欽ちゃんのシネマジャック

  • 1993年4月17日(土)公開
  • スチール

一本十五分の短編を五本立て、一本につき三百円の入場料を自己申告制で見るというユニークなシステムによるオムニバス作品集。萩本欽一が発案し製作総指揮を務めたもので、その萩本が監督する「港」と「なんかヘン?」のほか、黒沢直輔監督「探偵 ハーレム・ノクターン」、オーストラリア製の「ドリーム・ライダー」、山本晋也監督「生きる ある臨死」の五本を、適宜順序を変えて上映した。他に三宅恵介による三分のおまけ「大激走」も併映。その後、「元禄女太陽伝」「ダライラマの母」「きっと来るさ」「女とおんな」の四作品も参加した。

監督
黒沢直輔 ジェームス・ボーグル 萩本欽一 山本晋也
出演キャスト
橋爪功 ハロルド・ホプキンス ジェームス・ブランデル 渡哲也

部屋とYシャツと私

  • 1993年3月6日(土)公開
  • スチール

若い女性の心をつかんで評判となった平松愛理のヒット曲『部屋とYシャツと私』をモチーフにして描く恋愛ドラマ。監督は舞台、ビデオクリップなどで活躍する今井啓毅生で、本作が劇場デビュー作となった。脚本は「グッバイ・ママ」の寺田敏雄が担当。TV『東京ラブストーリー』等で人気の有森也実がヒロインを演じ、彼女のもの憂いモノローグが作品の基調をなしている。

監督
今井啓毅生
出演キャスト
有森也実 杉本哲太 洞口依子 工藤正貴
1992年

ナンミン・ロード

  • 1992年6月13日(土)公開
  • スチール

祖国を捨て、夢を求めて日本に渡って来たボートピープル。懸命に生きる彼らが直面する厳しい現実を描く。脚本・監督は「津軽 TSUGARU」の五十嵐匠。共同脚本は「ロックよ、静かに流れよ」の北原陽一。撮影は「ラスト・フランケンシュタイン」の志賀葉一がそれぞれ担当。

監督
五十嵐匠
出演キャスト
レー・マン・ホウン ヴ・ホァン・フゥン トルオン・ティ・トゥイ・トラング 佐藤江珠

あふれる熱い涙

  • 1992年3月28日(土)公開
  • スチール

農村花嫁として日本にやって来たフィリピン女性の眼を通して、アジアの中の日本の現状を描き出す問題作。脚本・監督は新人の田代廣孝。撮影は佐久間公一がそれぞれ担当。

監督
田代廣孝
出演キャスト
ルビー・モレノ 佐野史郎 戸川純 鈴木正幸
1990年

モンゴリアンB・B・Q

  • 1990年12月14日(金)公開
  • スチール

現実と伝統のはざまで悩み、苛立ち、青春を彷徨う男女の姿を描く。脚本・監督は新人の三輪誠之。撮影は「鉄拳」の笠松則通がそれぞれ担当。

監督
三輪誠之
出演キャスト
筧利夫 隈井士門 杉山亜矢子 藤本聖名子

さよなら、こんにちわ

  • 1990年10月6日(土)公開
  • スチール

都会で生活しながらも軽く時流に乗っていけない若い男女の恋愛模様を描く。マイケル・オコーナー原作「さよならパーティー」の映画化で、脚本・監督は「あしたのジョー(1980)」の福田陽一郎。撮影は「砂の上のロビンソン」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

監督
福田陽一郎
出演キャスト
南果歩 佐野史郎 浅利香津代 ひかる一平
1989年

家族輪舞曲

  • 1989年11月11日(土)公開
  • スチール

多感な女子高生を主人公に、それを取り巻く妹や離婚した両親、ボーイフレンドなどの人間模様を描く。同名小説の映画化で原作者の椎名桜子が脚本・監督を手がけ、共同脚本は楢原尊信、撮影は「桜の樹の下で」の林淳一郎がそれぞれ担当。

監督
椎名桜子
出演キャスト
高取茉南 相川恵里 奥田瑛二 萬田久子

君は僕をスキになる

  • 1989年11月3日(金)公開
  • スチール

クリスマス・イブをめぐって四人の男女の恋愛模様をコミカルに描く。脚本は野島伸司、監督は渡邊孝好で共にこれがデビュー作。撮影は「ガンヘッド」の藤沢順一がそれぞれ担当。

監督
渡邊孝好
出演キャスト
山田邦子 斉藤由貴 加藤昌也 大江千里
1988年

ロックよ、静かに流れよ

  • 1988年2月20日(土)公開
  • スチール

ロックが好きな高校生の青春群像を描く。吉岡紗千子原作の同名手記の映画化で、脚本は「九月の冗談クラブバンド」の長崎俊一と、北原陽一が共同で執筆。監督は同作の長崎俊一、撮影は「パッセンジャー 過ぎ去りし日々」の杉村博章がそれぞれ担当。

監督
長崎俊一
出演キャスト
岡本健一 成田昭次 高橋一也 前田耕陽
1987年

ドン松五郎の大冒険

  • 1987年当年公開
  • スチール

人間の言葉をしゃべる犬・ドン松五郎とその息子・ジュニアが、人間社会で繰りひろげる冒険を描く。前作「ドン松五郎の生活」の続編ともいうべき作品で、井上ひさし原作の同名小説の映画化。脚本は「野ゆき山ゆき海べゆき」の山田信夫が執筆、監督は「激突!格闘技 四角いジャングル」の後藤秀司、撮影は「本場 ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇」の奥村正祐と、米原良次がそれぞれ担当。

監督
後藤秀司
出演キャスト
ドン松五郎 ジュニア 立花理佐 石黒賢
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 奥川彰