映画-Movie Walker > 人物を探す > 矢崎滋

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2004年 まで合計16映画作品)

2004年

ウィニング・パス

  • 2004年1月24日(土)公開
  • 出演(小林正 役)

北九州市を舞台に、車椅子生活を送る少年が車椅子バスケとの出会いをとおして、新たな人生を見出していく様をすがすがしく描く青春ドラマ。激しい接触プレーが連続する白熱の試合シーンは手に汗握る迫力!

監督
中田新一
出演キャスト
松山ケンイチ 堀北真希 佐藤めぐみ 矢崎滋
2003年

手紙(2002)

  • 2003年5月17日(土)公開
  • 出演

小さな町で起こった、手紙にまつわる出来事と、そこで暮らす人々の姿を描く心暖まる人間ドラマ。1人の郵便局員の姿を通して、人と人との心の繋がりを映し出す。

監督
松尾昭典
出演キャスト
古谷一行 小林桂樹 風吹ジュン 辰巳琢郎
1994年

夏の庭 The Friends

  • 1994年4月9日(土)公開
  • 出演(勝弘 役)

真夏の神戸を舞台に、ワンパクざかりの男の子3人と老人との交流を描くドラマ。湯本香樹実の同名児童小説(福武書店、新潮文庫・刊)を原作に、「お引越し」に続いて相米慎二が監督。脚本は「夢二」の田中陽造、撮影は「ワールド・アパートメント・ホラー」の篠田昇が担当。主演の小6トリオはオーディションにより選ばれた。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第5位、同読者選出日本映画ベストテン第8位。1994年3月12日より大阪・京都・神戸先行公開。

監督
相米慎二
出演キャスト
三國連太郎 坂田直樹 王泰貴 牧野憲一
1993年

眠らない街・新宿鮫

  • 1993年10月9日(土)公開
  • 出演(藪 役)

改造拳銃による連続警官殺人犯を追う、“鮫”と呼ばれる新宿署の一匹狼の刑事の戦いを描くアクション。大沢在昌による同名のベストセラー小説(光文社・刊)を原作に、「ありふれた愛に関する調査」の荒井晴彦が脚色、「僕らはみんな生きている」の滝田洋二郎が監督した。撮影は「いつかギラギラする日」の浜田毅。主演は「僕らはみんな生きている」に続いて滝田監督とコンビを組む真田広之。

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
真田広之 田中美奈子 室田日出男 矢崎滋
1992年

ミンボーの女

  • 1992年5月16日(土)公開
  • 出演(裁判官 役)

名門ホテルを食い物にするヤクザとミンボー(民事介入暴力)専門の女弁護士の闘いを描く。脚本・監督は「あげまん」の伊丹十三。撮影は「バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
伊丹十三
出演キャスト
宮本信子 宝田明 大地康雄 村田雄浩
1987年

紫式部 源氏物語

  • 1987年12月19日(土)公開
  • 出演(声)(惟光 役)

紫式部原作の「源氏物語」全五十四帖のうち、夕顔との出会いから須磨までを描くアニメーション。脚本は「微熱少年」の筒井ともみが執筆。監督は「銀河鉄道の夜」の杉井ギサブロー、撮影監督は「マップス 伝説のさまよえる星人たち」の杉村重郎がそれぞれ担当。

監督
杉井ギサブロー
出演キャスト
風間杜夫 梶三和子 田島令子 風吹ジュン
1984年

ロケーション

  • 1984年9月22日(土)公開
  • 出演(映画配給会社の若手社員 役)

女優を妻とするピンク映画のカメラマンを中心に、一本の映画を完成させるロケ隊の姿を描く。津田一郎原作の『ザ・ロケーション』の映画化で、脚本は近藤昭二、監督は脚本も執筆している「時代屋の女房」の森崎東、撮影は水野征樹がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
西田敏行 大楠道代 美保純 柄本明

ときめきに死す

  • 1984年2月18日(土)公開
  • 出演(新条 役)

一人のテロリストが暗殺に失敗するまでを、男二人、女一人の共同生活を軸に描く。丸山健二の同名小説の映画化で脚本・監督は「家族ゲーム」の森田芳光、撮影は「女猫」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
森田芳光
出演キャスト
沢田研二 樋口可南子 日下武史 矢崎滋
1983年

魚影の群れ

  • 1983年10月29日(土)公開
  • 出演(新一 役)

厳しい北の海で小型船を操り、孤独で苛酷なマグロの一本釣りに生命を賭ける海の男達と、寡黙であるが情熱的な女達の世界を描く。吉村昭原作の同名小説の映画化で、脚本は、「セーラー服と機関銃」の田中陽造、監督は「ションベン・ライダー」の相米慎二、撮影は「ふしぎな國・日本」の長沼六男がそれぞれ担当。

監督
相米慎二
出演キャスト
緒形拳 夏目雅子 佐藤浩市 矢崎滋
1982年

人形嫌い

  • 1982年9月25日(土)公開
  • 出演(金剛武 役)

兄を愛しながらも、そのフィアンセの出現によって動揺し、行きずりの男と関係を結ぶ女高校の姿を描く。脚本は「ザ・レイプ」の田中晶子で、これは彼女が高校三年生のときに応募した『シナリオ』誌コンクールの入選作である。監督はテレビ出身で、これがデビュー作となる日高武治、撮影は小島勲がそれぞれ担当。

監督
日高武治
出演キャスト
三原順子 奥田瑛二 芦川誠 谷川みゆき
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 矢崎滋