映画-Movie Walker > 人物を探す > 荻島真一

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2001年 まで合計6映画作品)

2001年

釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇

  • 2001年8月18日(土)公開
  • 出演(川島営業担当取締役 役)

釣りバカコンビが活躍する人気シリーズ最新作。落ちこぼれサラリーマンのユーモラスな日常に、“老い”や“生”という奥深いテーマを織り込んだヒューマン・コメディ。

監督
本木克英
出演キャスト
西田敏行 三國連太郎 宮沢りえ 青島幸男
1998年

新生 トイレの花子さん

  • 1998年7月4日(土)公開
  • 出演(浅岡 役)

ある中学校を舞台に、邪悪な霊と戦う教師と生徒たちの姿を描いたジュブナイル・ホラー。監督は「金田一少年の事件簿上海魚人伝説」の堤幸彦。脚本は「リング」の高橋洋。撮影を「金田一少年の事件簿上海魚人伝説」唐沢悟が担当している。主演は、「トイレの花子さん」の前田愛と「黒の天使 Vol.1」の高島礼子。「ズッコケ三人組 怪盗X物語」と2本立て公開。

監督
堤幸彦
出演キャスト
前田愛 高島礼子 浜丘麻矢 笠原秀幸
1982年

TATTOO<刺青>あり

  • 1982年6月5日(土)公開
  • 出演(検死官 役)

30歳になるまで男になろうと背伸びし続けた男が銀行に篭城し、射殺されるまでの破滅の軌跡を描く。脚本は「セーラー服鑑別所」の西岡琢也、監督は「女教師を剥ぐ」をはじめ多くのピンク映画を手がけて来た高橋伴明、撮影は長田勇市がそれぞれ担当。

監督
高橋伴明
出演キャスト
宇崎竜童 関根恵子 渡辺美佐子 矢吹二朗
1977年

らしゃめん

  • 1977年9月3日(土)公開
  • 出演(片桐数馬 役)

鰭淵晴子のレコード・「らしゃめん」(作詩・構成杉紀彦)の映画化。「らしゃめん」とは、幕末から明治にかけて外国人の現地妻として提供された日本女性をいい、映画はこの歴史の転換期に生きた女性を描く。脚本は「女獄門帖 引き裂かれた尼僧」の志村正浩と牧口雄二の共同、監督も同作の牧口雄二、撮影も同作の塚越堅二、とタッド若松がそれぞれ担当。

監督
牧口雄二
出演キャスト
鰐淵晴子 橘麻紀 荻島真一 山田昌人
1976年

妻と女の間

  • 1976年1月17日(土)公開
  • 出演(吉岡友四郎 役)

美しい四人の姉妹とその夫たち、そして次女の夫の愛人たちが織りなす様々な人間関係を描いた瀬戸内晴美の同名小説の映画化。脚本は「ノストラダムスの大予言」の八住利雄、監督は「恍惚の人」の豊田四郎と「吾輩は猫である」の市川崑による共同演出、撮影は「雨のアムステルダム」の岡崎宏三と、長谷川清がそれぞれ担当。

監督
豊田四郎 市川崑
出演キャスト
三田佳子 大空真弓 酒井和歌子 仁科明子
1974年

宵待草

  • 1974年12月28日(土)公開
  • 出演(北天才 役)

“無政府主義者”が暗躍した大正時代を背景に、若者と政治家令嬢との逃避行を描く。脚本は「青春の蹉跌」の長谷川和彦、監督は「赤線玉の井 ぬけられます」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
高橋洋子 高岡健二 夏八木勲 青木義朗
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 荻島真一