映画-Movie Walker > 人物を探す > 高橋伴明

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2016年 まで合計34映画作品)

2016年

塀の中の神様

  • 2016年公開
  • 監督、脚本

宗教団体「法の華三法行」の元教祖で、信者に対する巨額の詐欺罪で15年服役した福永法源こと福永輝義の波乱の半生を、ドラマとドキュメンタリーを併用したスタイルで描く。監督を務めたのは「赤い玉、」で健在ぶりを示したベテラン、高橋伴明。出演は「女の子よ死体と踊れ」の松田優、「島田陽子に逢いたい」の島田陽子。

監督
高橋伴明
出演キャスト
松田優 島田陽子 奥田瑛二 哀川翔
2015年

赤い玉、

  • 2015年9月12日(土)公開
  • 監督、脚本

新作を撮れずにいる映画監督を主人公に、人生の半ばを過ぎて“老い”と“性”の間で葛藤する男の姿をエロティックな描写と共に綴ったドラマ。監督は「道 白磁の人」の高橋伴明。出演は「この国の空」の奥田瑛二、「気球クラブ、その後」の不二子、オーディションで抜擢された新人の村上由規乃、「カミハテ商店」の高橋惠子。

監督
高橋伴明
出演キャスト
奥田瑛二 不二子 村上由規乃 花岡翔太

正しく生きる

  • 2015年3月7日(土)公開
  • 共同脚本

“とある大きな災害”をきっかけに様々な事情を抱えたまま“愛”を求め疾走し始める人々の姿を描く群像劇。監督・脚本・プロデューサーは「愛してよ」の福岡芳穂、共同脚本で「BOX 袴田事件 命とは」の高橋伴明が参加。出演は「大鹿村騒動記」の岸部一徳、「悪人」の柄本明、「モーニングセット、牛乳、春」の水本佳奈子。京都造形芸術大学映画学科による映画製作プロジェクト“北白川派”の第5作。

監督
福岡芳穂
出演キャスト
岸部一徳 水本佳奈子 青山理紗 宮里紀一郎
2013年

彌勒 MIROKU

  • 2013年10月26日(土)公開
  • プロデューサー

“私立探偵濱マイクシリーズ”で知られる林海象監督が、京都造形芸術大学・映画学科の90人の学生たちと作りあげた意欲作。稲垣足穂の小説「彌勒」を基に、小説家を目指す少年・江美留の姿を2部構成でつづる。「第一部 少年編」では映画学科の女優たちが夢みる少年役を演じ、「第二部 青年編」には、永瀬正敏、井浦新らが出演。

監督
林海象
出演キャスト
永瀬正敏 土村芳 四谷シモン 佐野史郎
2012年

カミハテ商店

  • 2012年11月10日(土)公開
  • プロデューサー

自殺の名所となった最果ての地で、商店を営みながら死にゆく人々を見送って、ひっそり暮らす初老の女性の姿を通じて、生と死の意味を問いかける。出演は「花物語」以来、これが23年ぶりの主演作となる高橋恵子、「ヘルタースケルター」の寺島進。京都造形芸術大学映画学科による映画製作プロジェクト“北白川派”の第3作。

監督
山本起也
出演キャスト
高橋惠子 寺島進 あがた森魚 水上竜士

道 白磁の人

  • 2012年6月9日(土)公開
  • 監督

大正時代、日本による植民地統治下にあった朝鮮半島に渡り、森林緑化、美術・工芸品の保護、学校建設などに私財を投げ打ち貢献した林業技師・浅川巧。その知られざる生涯を、高橋伴明監督が重厚なタッチでつづる。撮影だけでなく、VFX加工や編集・音楽などのポストプロダクションもすべて韓国で行なわれた。

監督
高橋伴明
出演キャスト
吉沢悠 ペ・スビン 酒井若菜 石垣佑磨
2011年

MADE IN JAPAN こらッ!

  • 2011年10月1日(土)公開
  • 監督、プロデューサー

“プロと学生が共同で映画を企画・製作していく”という目的で京都造形芸術大学映画学科が立ち上げたプロジェクト“北白川派映画芸術運動”の第二弾。祖母の死をきっかけに崩壊してゆく家族の姿を描く。出演は「管制塔」の松田美由紀、本作でデビューとなる大西礼芳。監督は「BOX 袴田事件 命とは」の高橋伴明。

監督
高橋伴明
出演キャスト
松田美由紀 大西礼芳 山路和弘 浅見れいな
2010年

BOX 袴田事件 命とは

  • 2010年5月29日(土)公開
  • 監督、脚本

1966年に静岡県清水市で起きた「袴田事件」を基にした社会派ドラマ。強盗放火殺人事件の容疑者とされた元プロボクサーと事件を裁く主任判事、それぞれの苦悩を克明に描く。

監督
高橋伴明
出演キャスト
萩原聖人 新井浩文 葉月里緒奈 村野武範
2009年

禅 ZEN

  • 2009年1月10日(土)公開
  • 監督、脚本

座ることで悟りを開く座禅“只管打坐”を編み出し、広めていった曹洞宗の開祖、道元禅師。その波乱の生涯と崇高な精神を、美しい日本の自然をバックにつづる伝記ドラマ。

監督
高橋伴明
出演キャスト
中村勘太郎 内田有紀 テイ龍進 高良健吾
2008年

丘を越えて

  • 2008年5月17日(土)公開
  • 監督

西田敏行ら、実力派共演の文芸ドラマ。芥川賞、直木賞の創始者でもある作家・菊池寛とその周辺の人々の姿を通し、モダンでけんらんな昭和初期の様相を描く。

監督
高橋伴明
出演キャスト
西田敏行 池脇千鶴 西島秀俊 余貴美子

関連ニュース

高橋惠子が『カミハテ商店』で初の老け役に!「メイクを取ると若返るのが嬉しかった」
高橋惠子が『カミハテ商店』で初の老け役に!「メイクを取ると若返るのが嬉しかった」(2012年11月8日)

こんな高橋惠子は見たことがない。『花物語』(89)以来、23年ぶりとなった主演映画『カミハテ商店』(11月10日公開)で彼女が演じたのは、自殺の名所の最果ての地…

ガッツポーズも披露! 塩谷瞬が最新出演作の舞台挨拶に登壇
ガッツポーズも披露! 塩谷瞬が最新出演作の舞台挨拶に登壇(2012年6月9日)

今から約100年前、日本の統治下にあった朝鮮半島に渡って、森林緑化に尽力した林業技師・浅川巧。そんな彼の激動の生涯を描いた人間ドラマ『道 白磁の人』の初日舞台挨…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高橋伴明

ムービーウォーカー 上へ戻る