TOP > 人物を探す > 山田良樹

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1989年 まで合計21映画作品)

1989年

社葬

  • 1989年6月10日(土)
  • 出演(仲根信一 役)

大手新聞社トップの権力闘争を描く。脚本は「将軍家光の乱心 激突」の松田寛夫が執筆。監督は「この愛の物語」の舛田利雄、撮影は「将軍家光の乱心 激突」の北坂清がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
緒形拳 十朱幸代 井森美幸 吉田日出子
1984年

序の舞

  • 1984年1月14日(土)
  • 出演(松溪塾々生 役)

母との愛憎を軸に、師匠・恩師・画塾生など三人の男たちと関わりながら、日本画家として大成していく女の生きざまを描く。宮尾登美子の同名小説の映画化で、脚本は「誘拐報道」の松田寛夫、監督は「人生劇場(1983)」の中島貞夫、撮影は「白蛇抄」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
岡田茉莉子 名取裕子 風間杜夫 水沢アキ
1982年

鬼龍院花子の生涯

  • 1982年6月5日(土)
  • 出演(教師 役)

大正から昭和にかけての二つの時代に生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちのドラマチックな生き方を描く。原作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子の同名小説。脚本は「影の軍団 服部半蔵」の高田宏治、監督は「雲霧仁左衛門」の五社英雄、撮影は「野菊の墓」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
仲代達矢 岩下志麻 夏目雅子 仙道敦子
1980年

徳川一族の崩壊

  • 1980年5月24日(土)
  • 出演(葉室長順 役)

幕末、徳川対薩長の権力争いの激動の時代を生きた最後の武士たちの姿を描く。脚本は「甦れ魔女」の松田寛夫、監督は「ピラニア軍団 ダボシャツの天」の山下耕作、撮影は「真田幸村の謀略」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
山下耕作
出演キャスト
萬屋錦之介 平幹二朗 伊吹吾郎 寺田農
1979年

真田幸村の謀略

  • 1979年9月1日(土)
  • 出演(行列の侍 役)

関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚本は「やくざの墓場 くちなしの花」の笠原和夫「団鬼六 縄と肌」の松本功、「ひと夏の秘密」の田中陽造、「総長の首」の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「地獄(1979)」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 寺田農 あおい輝彦 ガッツ石松

その後の仁義なき戦い

  • 1979年5月26日(土)
  • 出演(医者 役)

暴力組織の新旧交代に伴う激烈な内部抗争に集点を絞り、その中で、翻弄される若いヤクザたちの友情、裏切り、戦い、生きざま死にざまを描く。脚本は「総長の首」の神波史男と「宇宙からのメッセージ MESSAGE_from_SPACE MESSAGE from SPACE」の松田寛夫、監督は「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」以来四年ぶりの工藤栄一、撮影は「トラック野郎 一番星北へ帰る」の中島徹がそれぞれ担当。

監督
工藤栄一
出演キャスト
小松方正 星野美恵子 松方弘樹 松尾嘉代
1976年

女必殺五段拳

  • 1976年5月29日(土)
  • 出演(井上守衛 役)

国際地下組織の麻薬取り引きに巻き込まれた空手の達人の少女の活躍を描くアクション映画。脚本は「ラグビー野郎」の鳥居元宏と「テキヤの石松」の松本功と「くノ一忍法 観音開き」の志村正浩、監督は「テキヤの石松」の小沢茂弘、撮影は「五月みどりのかまきり夫人の告白」の塩見作治がそれぞれ担当。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
志穂美悦子 ミッチー・ラブ ケン・ウォーレス 鈴木正文

テキヤの石松

  • 1976年4月10日(土)
  • 出演(社員 役)

自ら“石松”を名乗るテキヤを主人公に、彼を取りまく様々な人物が捲き起こすアクション喜劇。脚本は「任侠花一輪」の村尾昭と「くノの一忍法 観音開き」の松本功、監督は脚本も執筆している「激突!合気道」の小沢茂弘、撮影は「実録外伝 大阪電撃作戦」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
松方弘樹 范文雀 檀ふみ 山本リンダ
1975年

暴動・島根刑務所

  • 1975年6月7日(土)
  • 出演(支配人 役)

“刑務所”シリーズ二作目。刑務所に服役する囚人たちを主人公に、社会から隔絶された人間たちの生きざまを描く。脚本は「脱獄広島殺人囚」の野上龍雄、監督も同作の中島貞夫、撮影は「恐喝のテクニック 肉地獄」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 田中邦衛 金子信雄 槙健太郎

下苅り半次郎 (秘)観音を探せ

  • 1975年1月29日(水)
  • 出演(元締の弁蔵 役)

徳川四代将軍家綱が、来世に再び将軍として生まれかわるために“み仏の子宮”を捜す事になり、伊賀者が“下苅り屋”としてあらゆる階層の女達を覗いていく、というポルノ時代劇。原作は小池一雄・作、神江里見・画の劇画「子宮を探せ・下苅り半次郎」。脚本は「生贄夫人」の田中陽造、監督は「忘八武士道 さ無頼」の原田隆司、撮影は「痴情ホテル」の国定玖仁男がそれぞれ担当。

監督
原田隆司
出演キャスト
伊吹吾郎 森崎由紀 山城新伍 外山高士

山田良樹の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 山田良樹