映画-Movie Walker > 人物を探す > 垂水悟郎

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1989年 まで合計63映画作品)

1989年

ウォータームーン

  • 1989年12月23日(土)公開
  • 出演(木村宗禅 役)

人が人として持っていた本来の姿を追い求める謎の禅僧の生きざまを描く。長渕剛が原案・音楽監督・主演と一人三役をつとめ、脚本は「レディ!レディ(1989)」の丸山昇一が執筆、監督は「必殺!III 裏か表か」の工藤栄一、撮影監督は「キッチン」の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
工藤栄一
出演キャスト
長渕剛 松坂慶子 小林稔侍 清水紘治
1986年

時計 Adieu l’Hiver

  • 1986年10月10日(金)公開
  • 出演(伊村隆 役)

グルノーブル冬季オリンピックで活躍した選手同士の間に生まれた娘のフィギュアスケートに賭ける情熱を、肉体の成長に合わせて描く人間ドラマ。脚本・監督はこれが監督デビュー作となる倉本聰、撮影は「野蛮人のように」の前田米造がそれぞれ担当。主題歌は、金子由香利(「時は過ぎてゆく」)。

監督
倉本聰
出演キャスト
いしだあゆみ 中嶋朋子 永島敏行 石田えり
1982年

大日本帝国

  • 1982年8月7日(土)公開
  • 出演(柏木俊介 役)

第二次世界対戦を背景に、その時代を生きた政府、軍部、民間の人々の生きる姿を描く。脚本は「二百三高地」の笠原和男、監督も同作の舛田利雄、撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
丹波哲郎 仲谷昇 高橋昌也 織本順吉

TATTOO<刺青>あり

  • 1982年6月5日(土)公開
  • 出演(三千代の父 役)

30歳になるまで男になろうと背伸びし続けた男が銀行に篭城し、射殺されるまでの破滅の軌跡を描く。脚本は「セーラー服鑑別所」の西岡琢也、監督は「女教師を剥ぐ」をはじめ多くのピンク映画を手がけて来た高橋伴明、撮影は長田勇市がそれぞれ担当。

監督
高橋伴明
出演キャスト
宇崎竜童 関根恵子 渡辺美佐子 矢吹二朗

化石の荒野

  • 1982年4月17日(土)公開
  • 出演(吉宗和也 役)

5千キロの金塊を積んだ爆撃機が終戦と同時に消え、36年後に一人の男の出世の秘密とともにあばかれてゆく謀略の数々を描く。原作は「黄金の犬」に続いて4作目の映画化作品になる西村寿行の同名小説。脚本は「ヨコハマBJブルース」の丸山昇一、監督は「皮ジャン反抗族」の長谷部安春、撮影は「女高生偽日記」の森勝がそれぞれ担当。

監督
長谷部安春
出演キャスト
渡瀬恒彦 浅野温子 川津祐介 郷えい治
1980年

不良少年(1980)

  • 1980年6月14日(土)公開
  • 出演(古島 役)

約束された将来に疑問を抱き、家を飛び出し自分の生き方を求めて彷徨う少年の姿を描く。結城昌治の同名の小説の映画化で脚本は「ハワイアン・ラブ 危険なハネムーン」の中岡京平、監督は「正午なり」の後藤幸一、撮影は兼松煕太郎がそれぞれ担当。

監督
後藤幸一
出演キャスト
金田賢一 熊谷美由紀 梅宮辰夫 深見博
1979年

復讐するは我にあり

  • 1979年4月21日(土)公開
  • 出演(馬場大八 役)

九州、浜松、東京で五人を殺し、詐欺と女性関係を繰り返した主人公の生いたちから死刑執行までを辿る。昭和五十年下期の直木賞を受賞した佐木隆三の同名の原作の映画化で、脚本は「ギャンブル一家 チト度が過ぎる」の馬場当、監督は「にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活」の今村昌平、撮影は「野性の証明」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
今村昌平
出演キャスト
緒形拳 三國連太郎 ミヤコ蝶々 倍賞美津子
1978年

正午なり

  • 1978年12月30日(土)公開
  • 出演(忠夫の父 役)

都会の生活に失敗した青年が故郷に帰り、そこで、自分の生活を見出そうとする姿を描く。芥川賞作家、丸山健二の同名の原作を映画化したもので、脚本は漫画家として活躍する福地泡介、監督は黒木和雄の助監督をつとめてきて、この作品がデビューとなる後藤幸一、撮影は「わんぱくパック まなつのよるのゆめ」の西浦清がそれぞれ担当している。

監督
後藤幸一
出演キャスト
金田賢一 田村幸司 結城しのぶ 原田芳雄
1977年

俺の空

  • 1977年5月28日(土)公開
  • 出演(清十郎(父) 役)

本宮ひろ志とチューリップ組原作の同名劇画の映画化。財閥の後継者として、家の作法通り花嫁さがしの旅に立つ主人公を描く。脚本は「サチコの幸」の出倉宏と松本正志の共同、監督は「狼の紋章」の松本正志、撮影は「星と嵐」の原一民がそれぞれ担当。

監督
松本正志
出演キャスト
星正人 宍戸錠 垂水悟郎 長内美那子
1976年

脱走遊戯

  • 1976年6月19日(土)公開
  • 出演(教授 役)

囚人を刑務所から脱出させる“脱獄仕掛人”を主人公にしたアクション映画。脚本は「新仁義なき戦い 組長最後の日」の高田宏治と「狂った野獣」の関本郁夫と大原清秀、監督は「愉快な極道」の山下耕作、撮影は「テキヤの石松」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
山下耕作
出演キャスト
千葉真一 鰐淵晴子 垂水悟郎 ウィリー・ドーシー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 垂水悟郎