映画-Movie Walker > 人物を探す > 笹沢左保

年代別 映画作品( 1963年 ~ 1993年 まで合計15映画作品)

1993年

帰ってきた木枯し紋次郎

  • 1993年11月20日(土)公開
  • 原作

笹沢左保原作の股旅小説を、市川崑演出、中村敦夫主演でテレビ・ドラマ化した人気時代劇『木枯し紋次郎』(72~73年)の二十周年を記念して、同じトリオによって新たに35ミリフィルムによる長編として撮られた作品。笹沢左保が今回の長編のためにオリジナル・シノプシスを執筆し、市川と中村敦夫、中村勝行が共同で脚色。テレビ放映に先立って、劇場で特別公開された。

監督
市川崑
出演キャスト
中村敦夫 坂口良子 岸部一徳 加藤武
1983年

悪魔の人質

  • 1983年4月29日(金)公開
  • 原作

上司との恋に破れ自殺を図るOLと警察に追われる銀行強盗の男との愛を描く。笹沢左保の同名の小説の映画化で、脚本は「マダム・スキャンダル 10秒死なせて」の佐治乾、監督は「愛獣 赤い唇」の加藤彰、撮影は「俺っちのウエディング」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
加藤彰
出演キャスト
沢田和美 夏樹レナ 井上麻衣 重田尚彦
1982年

悪魔の部屋

  • 1982年4月23日(金)公開
  • 原作

呪われた出世の秘密をかかえて復讐に燃える男とその犠牲になる女の官能と破綻を描く笹沢左保の同名小説の映画化。脚本は曽根中生と佐伯俊道、監督は「太陽のきずあと」の曽根中生、撮影は「快楽温泉郷 女体風呂」の水野尾信正かそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
中村れい子 ジョニー大倉 内田良平 堀内正美
1977年

HOUSE ハウス

  • 1977年7月30日(土)公開
  • 出演(オシャレの父 役)

CF界の鬼才・大林宣彦が初めて手がける劇場用映画で、七人の少女と奇妙な羽臼屋敷を中心に幻想的ななかにスラプスティックな面とブラックユーモアを織りまぜて描くオカルト映画。脚本は「ホテル強制わいせつ事件 犯して!」の桂千穂、監督は大林宣彦、撮影は阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
池上季実子 大場久美子 松原愛 神保美喜
1973年

無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ

  • 1973年6月9日(土)公開
  • 原作

“御子神の丈吉”シリーズ第三作目。恋女房と子供の仇、国定忠治を追って道中をつづける丈吉の前に、次々と強敵が現われ、また殺し合いを演ずる者同士に奇妙な友情が生まれる。脚本は「反逆の報酬」の永原秀一、監督は脚本も執筆している「無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた」の池広一夫、撮影は「喜劇 泥棒大家族 天下を取る」の岡崎宏三。

監督
池広一夫
出演キャスト
原田芳雄 夏八木勲 安田道代 小川節子
1972年

無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた

  • 1972年10月10日(火)公開
  • 原作

笹沢左保原作・小説の映画化二作目。妻と子を惨殺された無宿人御子神の丈吉が仇を求めて復讐の旅をつづける。脚本は「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」の石松愛弘、監督は脚本も執筆している同作の池広一夫、撮影も同作の宮川一夫。

監督
池広一夫
出演キャスト
原田芳雄 中村敦夫 峰岸隆之介 市原悦子

木枯し紋次郎 関わりござんせん

  • 1972年9月14日(木)公開
  • 原作

笹沢左保原作・小説の映画化二作目。今回は原作より離れ、紋次郎の人間形成の秘密を探る。拭い難い苛酷な過去を背負い、厳しい現実に耐えて生きていく紋次郎の孤独と哀感を描く。脚本は「博奕打ち外伝」の野上龍雄、監督は「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」の中島貞夫、撮影は「木枯し紋次郎」のわし尾元也がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
菅原文太 市原悦子 田中邦衛 大木実

温泉スッポン芸者

  • 1972年7月3日(月)公開
  • 出演(笹沢 役)

温泉艶笑喜劇シリーズ第五作目。温泉街を舞台に、奇想天外な男と女が次々と艶笑事件を捲き起す。脚本は関本郁夫監督は脚本も執筆している「徳川セックス禁止令 色情大名」の鈴木則文、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
杉本美樹 城恵美 潤まり子 女屋実和子

木枯し紋次郎

  • 1972年6月21日(水)公開
  • 原作

色あせた紺の合羽に三度笠、長い楊枝に左ほおの優。股旅小説に新風を吹きこみ、テレビ化し話題となった、笹沢左保原作の映画化。脚本は「日本悪人伝 地獄の道づれ」の山田隆之、監督は、脚本も執筆している「現代やくざ 血桜三兄弟」の中島貞夫・撮影は「純子引退記念映画 関東緋桜一家」のわし尾元也がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
菅原文太 伊吹吾郎 山本麟一 渡瀬恒彦

無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた

  • 1972年6月10日(土)公開
  • 原作

時代小説に新しい股旅ブームを捲き起した笹沢佐保原作の同名小説の映画化。一度は渡世の足を洗った男が、妻子を惨殺され復讐の旅に出る……。脚本は「現代やくざ 人斬り与太」の石松愛弘。監督は「片足のエース」の池広一夫。撮影は「沈黙」の宮川一夫がそれぞれ担当。

監督
池広一夫 瀬川淑
出演キャスト
原田芳雄 中村敦夫 峰岸隆之介 北林早苗
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 笹沢左保