映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョー・マソット

年代別 映画作品( 1971年 ~ 1996年 まで合計4映画作品)

1996年

ワンダーウォール

  • 1996年11月9日(土)公開
  • 監督

アパートの隣に越して来た美しい娘をのぞき見ることに熱中する老科学者の姿を描いたラヴ・ファンタジー。元ビートルズのメンバーでMインド音楽や電子音楽に傾倒していたジョージ・ハリソンが音楽を担当し、60年代後期の製作当時のサイケデリック感覚を盛り上げている。監督は後年の76年、「レッドツェッペリン/狂熱のライブ」を手がけたジョー・マソットで彼の劇映画デビュー作。製作は「悪魔のはらわた」のアンドリュー・ブローンズバーグ、脚本は「反撥」「薔薇の名前」のジェラール・ブランシュが担当。主演は「ロマン・ピランスキーの吸血鬼」のジャック・マッゴーランと、「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」「地に堕ちた愛」のジェーン・バーキン(台詞はなし)。

監督
ジョー・マソット
出演キャスト
ジャック・マクガウラン ジェーン・バーキン アイリーン・ハンドル イェーン・クォーリア
1984年

ザ・ライダー

  • 1984年8月24日(金)公開
  • 監督、原案

最も危険な職業といわれているモーター・スポーツのレーサー達が最高の500ccロードレース世界GP(グランプリ)戦に挑む姿を描く。製作はフェリシティ・ヒベルディン、監督・原案はジョー・マソット、脚本はフェリシティ・ヒベルディン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はロジャー・テーラー、デュラン・デュラン、クイーン、ザ・フィックス、モーター・レーシング・アドバイザーはジュリアン・セドンが担当。出演はバリー・シーンなど。

監督
ジョー・マソット
出演キャスト
バリー・シーン ギャバン・オハリー トシヤ・イトー ステファーニ・マクラーン
1977年

レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ

  • 1977年7月16日(土)公開
  • 監督

ロック・グループ『レッド・ツェッペリン』のライブを描いた長編ドキュメンタリー。'73年のマジソン・スクェア・ガーデンにおける熱狂的なコンサートを中心に、その中で映像と音楽を通して創られている彼らの世界--考え、夢、感情という内面生活をも浮かび上がらせていく。製作総指揮は『レッド・ツェッペリン』のマネージャーでもあるピーター・グラント、監督はピーター・クリフトンとジョー・マソット、撮影はアーニー・デイ、編集監督はP・クリフトン、音響監修と調音は『レッド・ツェッペリン』のメンヴァーの1人ジミー・ペイジが各々担当。出演は『レッド・ツェッペリン』の4人のメンヴァー(ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント)、ピーター・グラント、リチャード・コール、デリク・スキルトン、コリン・リグドンなど。

監督
ピーター・クリフトン ジョー・マソット
出演キャスト
ジョン・ボーナム ジョン・ポール・ジョーンズ ジミー・ペイジ ロバート・プラント
1971年

ウエスタン・ロック ザカライヤ

  • 1971年8月28日(土)公開
  • 脚本

強烈なロック・ビートに乗って、物語が展開する異色西部劇。製作・監督はジョージ・イングランド、脚本はファイアサイン・シアターの名で知られるジョー・マソット、フィリップ・オースチン、ピーター・バーグマン、デイヴィッド・オスマン、フィリップ・プロクターの5人組、撮影はホルヘ・スタール、音楽はジミー・ハスケルがそれぞれ担当。出演は「…you…」のジョン・ルビンスタイン、「アリスのレストラン」のパトリシア・クィン、ドン・ジョンソン。その他ジャズ・ドラマーのエルビン・ジョーンズ、カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ、ジェームズ・ギャング、ホワイト・ライトニンなどのミュージシャン。

監督
ジョージ・イングランド
出演キャスト
ジョン・ルビンスタイン パット・クイン ドン・ジョンソン カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョー・マソット