映画-Movie Walker > 人物を探す > 渡辺昭夫

年代別 映画作品( 1982年 ~ 1995年 まで合計8映画作品)

1995年

ALICE SANCTUARY アリス・サンクチュアリ

  • 1995年10月1日(日)公開
  • 照明

双子の少女と行き場を失った少年たちの破滅的な交流を描いたドラマ。監督・原案・脚本はこれが劇映画デビューとなる「寿ドヤ街 生きる」の渡辺孝明。撮影は「ベトナムのダーちゃん」の本吉修。主演はOV『今日から俺は!』の坂井江奈美と香月の姉妹。第44回マンハイム-ハイデルベルグ国際映画祭国際映画批評家連盟賞受賞。

監督
渡辺孝明
出演キャスト
坂井江奈美 内田大介 坂井香月 細野哲弘
1991年

新・同棲時代

  • 1991年9月14日(土)公開
  • 照明

都会で生活する三組の若い男女の恋愛模様をオムニバスで描くラブストーリー。柴門ふみ原作の同名コミックの映画化で、脚本は新人の水橋文美江が執筆。監督は「童貞物語2 チェリーボーイズ」の高原秀和。撮影は大澤栄一がそれぞれ担当。

監督
高原秀和
出演キャスト
富田靖子 沢向要士 間寛平 原田泉
1990年

オーロラの下で

  • 1990年8月3日(金)公開
  • 照明

シベリアを舞台に日本人のマタギとオオカミ犬との固い友情を描く。戸川幸夫原作の同名小説の映画化で、脚本は「傷だらけの勲章」の大和屋竺と「誓いの休暇」のイジョフ・ヴァレンティン・イワノヴィッチの共同執筆。監督は「イタズ 熊」の後藤俊夫。撮影は「公園通りの猫たち」の奥村祐治がそれぞれ担当。日本=ソ連合作。

監督
後藤俊夫
出演キャスト
役所広司 マリーナ・ズージナ 桜田淳子 ガッツ石松
1989年

誘惑者

  • 1989年10月29日(日)公開
  • 照明

二重人格の心を持つ女を巡って現代社会の病的心理をサスペンス・タッチに描く。脚本は新鋭・中島吾郎、監督は「妖女の時代」の長崎俊一、撮影監督は「グリーン・レクイエム」の渡部眞がそれぞれ担当。

監督
長崎俊一
出演キャスト
秋吉久美子 草刈正雄 原田貴和子 磯部勉
1985年

さびしんぼう

  • 1985年4月13日(土)公開
  • 照明

尾道を舞台に、少年の淡い恋、彼の前に突然現われた少女時代の母親“さびしんぼう”と少年との交流を描いたファンタジー。山中恒原作の「なんだかへんて子」の映画化で、脚本は「天国にいちばん近い島」の剣持亘、内藤忠司、大林宣彦の共同執筆。監督は「天国にいちばん近い島」の大林宣彦、撮影は同作の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
富田靖子 尾美としのり 藤田弓子 小林稔侍
1984年

天国にいちばん近い島

  • 1984年12月15日(土)公開
  • 照明

父から教えられた“天国にいちばん近い島”を探しに出かけた少女が、その島を見つけ、成長してもどってくるまでを描く。森村桂原作の同名小説の映画化で、脚本は「時をかける少女(1983)」の剣持亘、監督は「廃市」の大林宣彦、撮影も同作の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
原田知世 高柳良一 峰岸徹 赤座美代子
1983年

時をかける少女(1983)

  • 1983年7月16日(土)公開
  • 照明

ある日突然、時間を超える能力を持ってしまった少女の不思議な経験と悲しい恋を描く。筒井康隆の同名小説の映画化で、脚本は「転校生」の剣持亘、監督も同作の大林宣彦、撮影も同作の阪本善尚がそれぞれ担当。主題歌は、原田知世。

監督
大林宣彦
出演キャスト
原田知世 高柳良一 尾美としのり 津田ゆかり
1982年

転校生

  • 1982年4月17日(土)公開
  • 照明

“男の子と女の子の体が入れ替わってしまった”思春期の中学生の男女を描いた青春映画。原作は山中恒の『おれがあいつであいつがおれで』(旺文社刊)、脚本は「ゴキブリ刑事」の剣持亘、監督は「ねらわれた学園(1981)」の大林宣彦、撮影は「霧のマンハッタン」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
尾美としのり 小林聡美 佐藤允 樹木希林
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 渡辺昭夫