映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡本富士太

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2006年 まで合計11映画作品)

2006年

妄想少女/妄想少女2

  • 2006年1月14日(土)公開
  • 出演(津坂警視 役)

両親を殺されたショックから盲目になった娘が体験する、不思議な出来事を描いたファンタジー。監督は「妄想少女」の荒木憲司。「妄想少女」の大和光が自身の原作を基に、自ら脚色。撮影を「妄想少女」の村岡勇治が担当している。主演は、「多摩川少女戦争 girls are no good」の山口あゆみと「∀ガンダムII月光蝶」の村田秋乃。尚、本作は「妄想少女」と2本立て公開された。

監督
荒木憲司
出演キャスト
山口あゆみ 村田秋乃 木全直弘 ぶるうたす
2002年

宣戦布告

  • 2002年10月5日(土)公開
  • 出演(船山光雄 役)

映画化不可能と言われていた同名ベストセラー小説を映画化。日本が戦争状態に突入するというスリリングな物語を通し、日本の危機管理の欠陥を提示する問題作だ。

監督
石侍露堂
出演キャスト
古谷一行 夏八木勲 杉本哲太 佐藤慶
1989年

高速戦隊ターボレンジャー

  • 1989年3月18日(土)公開
  • 出演(太宰博士 役)

地球征服を企む暴魔百族とターボレンジャーとの戦いを描く。八手三郎の同名原作の映画化で、脚本は「光戦隊マスクマン」の曽田博久が執筆。監督は同作の長石多可男、撮影はいのくままさおがそれぞれ担当。主題歌は、佐藤健太(「高速戦隊ターボレンジャー」)。「東映まんがまつり」の1本として公開。

監督
長石多可男
出演キャスト
佐藤健太 我那覇文章 朝倉圭矢 片桐順一郎
1986年

熱海殺人事件

  • 1986年6月7日(土)公開
  • 出演(藤枝 役)

熱海で起きた通俗的な殺人事件を担当する部長刑事の型破りな捜査を描く。つかこうへい原作の『小説熱海殺人事件』の映画化で、脚本は「二代目はクリスチャン」のつかこうへい、監督はこれが第一回作品となる高橋和男、撮影は「タンポポ」の田村正毅がそれぞれ担当。主題歌は、サンディ&ザ・サンセッツ(「バッテリー」)。

監督
高橋和男
出演キャスト
仲代達矢 風間杜夫 志穂美悦子 竹田高利
1982年

誘拐報道

  • 1982年9月25日(土)公開
  • 出演(三田村昇 役)

幼児誘拐事件を通して浮き彫りにされる、犯人とその家族、被害者の家族、警察及び報道関係者の姿を描く。原作は読売新聞大阪本社社会部・編の同名ドキュメンタリー。脚本は「徳川一族の崩壊」の松田寛夫、監督は「犬神の悪霊」の伊藤俊也、撮影は「飛鳥へそしてまだ見ぬ子へ」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
伊藤俊也
出演キャスト
萩原健一 小柳ルミ子 高橋かおり 岡本富士太

夏の秘密

  • 1982年9月18日(土)公開
  • 出演(倉原信太郎 役)

二人の女子高生が、突然自殺した級友の謎をさぐる内に、教師殺人事件を解決するというパンジー(北原、真鍋、三井)主演の青春ミステリー。小林久三の同名小説の映画化で、脚本は「幸せを世界の友へ」の池田一朗と東条正年、監督はこれがデビューの川上裕通、撮影は満井坦彦がそれぞれ担当。

監督
川上裕通
出演キャスト
北原佐和子 真鍋ちえみ 三井比佐子 若山富三郎

凶弾(1982)

  • 1982年9月15日(水)公開
  • 出演(飯島刑事 役)

少年院出身ということで蔑視され続けた青年がシージャック事件を起こし、狙撃されるまでを描く。瀬戸内海で起きた事件をもとにした福田洋の同名小説の映画化で、脚本は「銀河鉄道999」の石森史郎、北村彰、押川国秋の共同執筆、監督は「獣たちの熱い眠り」の村川透、撮影は「魔性の夏 四谷怪談より」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
村川透
出演キャスト
石原良純 古尾谷雅人 秋吉久美子 高樹澪

刑事物語

  • 1982年4月17日(土)公開
  • 出演(沢木刑事 役)

長髪に膝の抜けたズボン、一見刑事には見えないが実は蟷螂拳の名手という異色刑事と聾唖者の娘の人間的な絆を通して、男のやさしさを描く。片山蒼(武田鉄矢のペンネーム=サンリオ刊)の原作を「新宿馬鹿物語」の渡辺祐介と武田自身が脚本化、監督は渡辺祐介、撮影はTV出身の矢田行男がそれぞれ担当。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
武田鉄矢 有賀久代 仲谷昇 北村和夫
1979年

真田幸村の謀略

  • 1979年9月1日(土)公開
  • 出演(根津甚八 役)

関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚本は「やくざの墓場 くちなしの花」の笠原和夫「団鬼六 縄と肌」の松本功、「ひと夏の秘密」の田中陽造、「総長の首」の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「地獄(1979)」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 寺田農 あおい輝彦 ガッツ石松
1978年

ピンクレディーの活動大写真

  • 1978年12月16日(土)公開
  • 出演(シュガー 役)

デビュー曲〈ペッパー警部〉以来、全てのレコードがミリオンセラーというスーパー・スターのピンク・レディーの初の主演映画。物語は、ピンク・レディーを使って映画を撮ろうとする三人の男の企画案から成る三話のオムニパスで構成されている。原案、脚本は「ふりむけば愛」のジェームス三木、監督は「愛の嵐の中で」の小谷承靖、撮影は稲垣涌三が担当している。

監督
小谷承靖
出演キャスト
根本美鶴代 増田啓子 石立鉄男 田中邦衛
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡本富士太