TOP > 人物を探す > 笠松則通

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2019年 まで合計58映画作品)

2018年

コーヒーが冷めないうちに

  • 2018年9月21日(金)
  • 撮影

本屋大賞の候補になるなどベストセラーとなった川口俊和の同名小説と、その続編を基にしたファンタジーテイストの人間ドラマ。店内のとある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという喫茶店を訪れる客たちと、謎多き店員たちが繰り広げる物語がつづられる。有村架純が従兄の店主と店を切り盛りするヒロインを演じる。

監督
塚原あゆ子
出演キャスト
有村架純 伊藤健太郎 波瑠 林遣都

泣き虫しょったんの奇跡

  • 2018年9月7日(金)
  • 撮影

35歳でプロ棋士となり、将棋界のルールを変えた瀬川晶司の実話を、松田龍平主演で映画化した人間ドラマ。26歳という年齢制限の壁に阻まれ、一度はプロ棋士への夢を諦めた男が、周囲の支えもあり、再び夢に向かって突き進んでいく姿が描かれる。『青い春』などで松田とタッグを組んできた豊田利晃が監督を務める。

監督
豊田利晃
出演キャスト
松田龍平 野田洋次郎 永山絢斗 染谷将太
2016年

怒り

  • 2016年9月17日(土)
  • 撮影

原作・吉田修一、監督・李相日という『悪人』のコンビによるミステリアスなドラマ。顔を整形し、社会に紛れ込んだ殺人犯らしき人物と出会った、千葉、東京、沖縄の人々の身に起きる出来事を描き、人を“信じる”とは?という根源的な問いを投げかける。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチら日本映画界を代表する実力派が多数出演する。

監督
李相日
出演キャスト
渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛

蜜のあわれ

  • 2016年4月1日(金)
  • 撮影

大正から昭和にかけて活躍した詩人で小説家の室生犀星が、自身をモデルに老作家と金魚の化身とのエロティックな日常を描いた小説を映画化したファンタジー。二階堂ふみが老作家の仕事場に現れては自由奔放にふるまい、惑わす金魚の化身・赤子を演じる。監督は『ソレダケ / that’s it』の映像派、石井岳龍。

監督
石井岳龍
出演キャスト
二階堂ふみ 大杉漣 真木よう子 高良健吾

ジョーのあした-辰吉丈一郎との20年-

  • 2016年2月27日(土)
  • 撮影

「どついたるねん」の阪本順治監督が、プロボクサーの辰吉丈一郎を20年間に渡って取材した初のドキュメンタリー映画。辰吉の人間性やボクシングに対する考え、一人のボクサーとしての心境の変化を、インタビューを中心に収録している。ナレーションは、「春を背負って」の豊川悦司。劇場公開に先駆け、第28回東京国際映画祭パノラマ部門にて2015年10月23日に上映。2016年2月20日よりシネ・リーブル梅田ほか大阪先行上映。

監督
阪本順治
出演キャスト
辰吉丈一郎 辰吉るみ 辰吉寿希也 辰吉寿以輝
2013年

人類資金

  • 2013年10月19日(土)
  • 撮影

第二次世界大戦の際に日本軍が集めた資金などを基にした巨額の不透明な財産“M資金”。戦後史最大のタブーとも言われる同テーマを描く、阪本順治監督による社会派サスペンス。M資金サギをしていた男が、本物のM資金の存在を知り、巨額の報酬を手に入れようとする姿が描かれる。主人公役の佐藤浩市をはじめ、実力派が勢ぞろいした。

監督
阪本順治
出演キャスト
佐藤浩市 香取慎吾 森山未來 観月ありさ

許されざる者

  • 2013年9月13日(金)
  • 撮影

第65回アカデミー賞で作品賞など4部門に輝いたクリント・イーストウッド監督による名作を、日本を舞台にリメイクしたヒューマンドラマ。一度は戦う事をやめた男が、女郎の願いを聞き入れ、再び戦いの世界に身を投じるようになる姿をつづる。主演の渡辺謙をはじめ、柄本明、佐藤浩市ら、日本映画界きっての名優が顔を揃えた力作だ。

監督
李相日
出演キャスト
渡辺謙 柄本明 佐藤浩市 柳楽優弥
2011年

セカンドバージン

  • 2011年9月23日(金)
  • 撮影

中年女性と年下の青年とのドロドロ不倫を赤裸々に描いて社会現象を巻き起こしたNHKドラマ『セカンドバージン』を映画化。大胆なベッドシーンで注目を集めた鈴木京香をはじめ長谷川博己、深田恭子の主要キャストが続投。舞台をシンガポールからマレーシアへと移し、ドラマでは描かれなかった衝撃の事実が明かされる。

監督
黒崎博
出演キャスト
鈴木京香 長谷川博己 深田恭子 天野義久

冬の日

  • 2011年6月11日(土)
  • 撮影

次世代クリエイターの発掘・育成を目的に、経済産業省とNPO法人映像産業振興機構が主催するコ・フェスタPAOの一環として制作された人間ドラマ。『赤目四十八瀧心中未遂』などの名キャメラマン・笠松則通の撮影による美しい雪景色が、物語の感動を深める。監督は、NHKの演出家で『セカンドバージン』などを手がけた黒崎博。

監督
黒崎博
出演キャスト
長澤まさみ 風吹ジュン 内野謙太 梅沢昌代

大鹿村騒動記

  • 2011年7月16日(土)
  • 撮影

阪本順治監督が、デビュー作『どついたるねん』以来6本にわたって起用し続けている名優・原田芳雄を主演に据えて描いた人間ドラマ。長野県の山村・大鹿村に伝わる伝統の村歌舞伎を題材に、そこに関わる人々の悲喜こもごもを映し出す。大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、三國連太郎ら豪華実力派俳優が見せる味わい深い演技にも注目。

監督
阪本順治
出演キャスト
原田芳雄 大楠道代 岸部一徳 佐藤浩市

笠松則通の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 笠松則通