映画-Movie Walker > 人物を探す > 石井岳龍

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2018年 まで合計31映画作品)

2018年

ちょっとの雨ならがまん

  • 2018年8月18日(土)公開
  • 出演

80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリー。ギズム、ガーゼ、カムズ、エクスキュートなど名だたるアーティストが出演。1994年以降、上映もビデオ化もされなかった伝説の映画が、未公開シーンを追加し現代に蘇る。

監督
安田潤司
出演キャスト
GAUZE G.I.S.M. THE EXECUTE THE COMES

パンク侍、斬られて候

  • 2018年6月30日(土)公開
  • 監督

芥川賞作家・町田康の同名小説を、宮藤官九郎が脚色を手がけ、鬼才・石井岳龍監督が映画化した異色時代劇。綾野剛演じる“超人的剣客”の浪人・掛十之進の前に現れる12人のクセモノや、1人の女を巡る恋の行方、サルたちとの戦いが描かれる。サルになりきった永瀬正敏をはじめ、奇想天外なキャラクターが次から次へと登場する。

監督
石井岳龍
出演キャスト
綾野剛 北川景子 東出昌大 染谷将太
2015年

ソレダケ / that’s it

  • 2015年5月27日(水)公開
  • 監督、編集、オリジナルストーリー

「シャニダールの花」の石井岳龍監督と、2013年に急逝したロックバンド“ブッチャーズ”の吉村秀樹のコラボレーションから生まれた青春ドラマ。底辺の生活から抜け出そうともがく若者が、思わぬトラブルに巻き込まれてゆく姿を描く。出演は「寄生獣」の染谷将太、「悪の教典」の水野絵梨奈、「そこのみにて光輝く」の綾野剛。

監督
石井岳龍
出演キャスト
染谷将太 水野絵梨奈 渋川清彦 村上淳
2014年

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.III

  • 2014年1月9日(木)公開
  • 監督

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。

監督
入江悠 中井庸友 石井岳龍 飯島敏宏
出演キャスト
田辺誠一 高梨臨 尾上寛之 島田雅彦
2009年

インスタント沼

  • 2009年5月23日(土)公開
  • 出演(釘を買う客 役)

「転々」などの超個性的な作品を連発する三木聡監督が、麻生久美子を主演に迎えたコメディ。ジリ貧OLが奇妙な父親との出会いを機にたどる予測不可能な人生を描く。

監督
三木聡
出演キャスト
麻生久美子 風間杜夫 加瀬亮 ふせえり
2007年

ロンリープラネット

  • 2007年9月1日(土)公開
  • 製作総指揮

1996年に石井聰亙(現:岳龍)監督が塾長を務めた映画ワークショップ「福岡実践映画塾」での一般公募により採用された脚本を元に製作された短編映画。監督はこの脚本を書いた浦辻純子(現:花野純子)でこれが監督デビュー作。出演は裕木奈江、金沢賢治。ビデオ(パートフィルム)。2007年9月1日、福岡県・福岡市美術館にて上映。

監督
浦辻純子
出演キャスト
裕木奈江 金沢賢治
2006年

ユモレスク 逆さまの蝶

  • 2006年11月4日(土)公開
  • 出演

「17才」で異彩を放った猪俣ユキ監督のガールズ・ムービー。秘密のアジトで気ままに過ごす2人の少女の恋を描く。主演は人気モデルの太田莉菜と舞台などで活躍する美波。

監督
猪俣ユキ
出演キャスト
太田莉菜 美波 村上淳 鮎川誠
2005年

ジーナ・K

  • 2005年8月27日(土)公開
  • 出演(荒木勉 役)

実在のストリッパーをモチーフにした青春映画。福岡を舞台に、歌手志望の少女の葛藤や成長を鮮烈に描く。人気歌手のSHUUBI、ARATAら多彩なキャストが集結。

監督
藤江儀全
出演キャスト
SHUUBI 石田えり ARATA 光石研

鏡心(2005)

  • 2005年3月30日(水)公開
  • 監督、製作、脚本、編集

韓国のチョンジュ国際映画祭がプロデュースするオムニバス「三人三色2004」の1本として製作された石井聰亙監督の短編作品を基に、石井監督自らが追加撮影や編集の完全やり直しなどを経て「完全版」として完成させたファンタジー・ドラマ。通常の数倍のデータを使用して設計された圧倒的な3Dバーチャルサウンドと、最新鋭のデジタルカメラを駆使した繊細で透明感あふれる映像により、まるで劇中の主人公と一体化したかのような体験が可能となっている。主演は「コンセント」の市川実和子。共演に、町田康と猪俣ユキ。

監督
石井聰亙
出演キャスト
市川実和子 町田康 猪俣ユキ 渋川清彦
2004年

鏡心(2004)

  • 2004年11月20日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、撮影

「三人三色」とは、韓国チョンジュ映画祭がデジタル映像による新しい表現を求め、毎年アジア圏を中心に選出した3人の映画監督に依頼して製作されるオムニバスである。ルールは3つ。デジタルフォーマットでの撮影・編集。30分程度の短編であること。5000万ウォン(約500万円)以内の予算で製作すること。今回は、韓国の若き天才ポン・ジュノ(『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』)。香港の新世代を代表するユー・リクウァイ(『天上の恋歌』)。日本からは、熱烈なファンを持つ石井聰互(『狂い咲きサンダーロード』『DEAD END RUN』)が参加する。それぞれのアプローチで「フィクション/リアリティ」の境界線を描き、独自の世界を表現している

監督
石井聰亙
出演キャスト
市川実和子 猪俣ユキ 渋川清彦(KEE) 町田康

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 石井岳龍