映画-Movie Walker > 人物を探す > 朝丘雪路

年代別 映画作品( 1955年 ~ 2013年 まで合計73映画作品)

2013年

かぐや姫の物語

  • 2013年11月23日(土)公開
  • 友情出演

名匠・高畑勲監督が『ホーホケキョとなりの山田くん』以来14年ぶりに手がけたアニメ映画。有名な「竹取物語」を基に、平安時代を舞台にしたかぐや姫の物語が描かれる。本作のために作られた「かぐや姫スタジオ」の下、『ホーホケキョ〜』のアニメーターである田辺修、スタジオジブリ作品ではおなじみの音楽家・久石譲らが参加。

監督
高畑勲
出演キャスト
朝倉あき 高良健吾 地井武男 宮本信子
2008年

次郎長三国志

  • 2008年9月20日(土)公開
  • 出演(和田島の女房 役)

義理と人情に厚い清水の次郎長とその一家の活躍を描く人気時代劇シリーズが復活。中井貴一ら豪華俳優陣が、個性豊かなキャラクター揃いの次郎長一家の面々を熱演する。

監督
マキノ雅彦
出演キャスト
中井貴一 鈴木京香 北村一輝 温水洋一
2006年

Monja

  • 2006年7月26日(水)公開
  • 出演

元プロレスラーで、国会議員として活躍する大仁田厚の映画初監督作は下町・月島を舞台にした人情劇。ひとりの少女との出会いをきっかけに再生してゆく中年ロックスターの物語。

監督
大仁田厚
出演キャスト
大仁田厚 原田紗世子 朝丘雪路 古賀誠
2000年

極道の妻たち リベンジ

  • 2000年7月22日(土)公開
  • 出演(西宮鴇子 役)

組の頭である夫と敵対する組織にいるかつての恋人との狭間で苦悩する極妻の運命を描いた、人気任侠アクションの新シリーズ第3弾。監督は「極道の妻たち 死んで貰います」の関本郁夫。脚本は「極道の妻たち 赤い殺意」の中島貞夫。撮影を「極道の妻たち 死んで貰います」の水巻祐介が担当している。主演は「極道の妻たち 死んで貰います」の高島礼子。他に、ゲストスターとして「惚れたらあかん 代紋の掟」の池上季実子が出演している。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
関本郁夫
出演キャスト
高島礼子 池上季実子 田中健 火野正平
1999年

ホーホケキョとなりの山田くん

いしいひさいち原作による四コマ漫画をベースに、平凡な日本の家族像を様々なエピソードを織りまぜて、ユーモラスに描いた長篇アニメーション。監督・脚色は「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲。撮影を「もののけ姫」の奥井敦が担当している。声の出演に朝丘雪路の他、多彩な顔ぶれ。

監督
高畑勲
出演キャスト
朝丘雪路 益岡徹 荒木雅子 五十畑迅人
1995年

  • 1995年10月10日(火)公開
  • 出演(谷村昌枝 役)

大正から昭和にかけての20年にも及ぶ変転を、多彩な人間模様を通して描いた文芸ドラマ。監督は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の降旗康男。原作は、東映京都撮影所での映画化が、「鬼龍院花子の生涯」に始まって「陽暉楼」「序の舞」「櫂」「夜汽車」「寒椿」と続いてこれが7作目にあたる宮尾登美子。主演は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の浅野ゆう子と、これが映画デビューとなる一色紗英。また松方弘樹が共演のほか、自らエグゼクティブ・プロデューサーもつとめている。

監督
降旗康男
出演キャスト
浅野ゆう子 一色紗英 夏川結衣 西島秀俊

となりのボブ・マーリィ

  • 1995年8月11日(金)公開
  • 出演(マサオミの母 役)

東京で一人浪人生活を送る青年と、その隣に住む黒人との奇妙な友情を描いた青春映画。監督は史上最年少ですばる文学賞を受賞した経験を持つ俳優の大鶴義丹で、今回は原案・脚本も手掛けている。共同脚本に中野充浩。撮影は重田恵介が担当。出演は「湾岸バッド・ボーイ・ブルー」の菊池健一郎と、ミュージシャンのデイヴィッド・ボーエン。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
大鶴義丹
出演キャスト
菊池健一郎 デイヴィッド・ボーエン 高樹澪 朝丘雪路
1990年

おあずけ

  • 1990年11月10日(土)公開
  • 出演(田村桂子 役)

バイオテクノロジーによって生まれた二人の少女とサイコパワーを持つ悪意に満ちた科学者との対決を描く。脚本は「ほしをつぐもの」の小水一男が執筆。監督は新人の内田琢磨。撮影は花田三史がそれぞれ担当。

監督
内田琢磨
出演キャスト
桜井幸子 中川彩 新島弥生 大西史子
1987年

おれは男だ! 完結編

  • 1987年公開
  • 出演

昭和46年に日本テレビ系で放映された学園ドラマ「おれは男だ!」の続編ともいうべき作品で、津雲むつみ原作の同名漫画の映画化。脚本は「春駒のうた」の石倉保志と「本場 ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇」の中田新一が共同執筆、監督は「まんだら屋の良太」の石山昭信、撮影は「さらば愛しき人よ」の藤沢順一がそれぞれ担当。

監督
石山昭信
出演キャスト
森田健作 有藤実花 田中久美 京本政樹
1986年

まんだら屋の良太

  • 1986年3月15日(土)公開
  • 出演(ヨネ(良太の母) 役)

九州九鬼谷温泉の旅館“まんだら屋”を舞台に、そこの一人息子と彼の仲間たちの青春を描く。『漫画サンデー』に連載され、第10回漫画家協会賞を受賞した畑中純の同名漫画の映画化。脚本は高橋正康、監督は「テラ戦士Ψ BOY」の石山昭信、撮影は「だいじょうぶマイ・フレンド」の大岡新一がそれぞれ担当。

監督
石山昭信
出演キャスト
澤登伸一 林美和 小木曽孝司 大久保了
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 朝丘雪路