TOP > 映画監督・俳優を探す > 中尾ミエ

年代別 映画作品( 1962年 ~ 2020年 まで合計35映画作品)

2020年

感謝離 ずっと一緒に

  • 11月6日(金)
  • 出演(笠井和子 役)

朝日新聞に投稿され、単行本化もされたエッセイを映画化。定年まで銀行員として勤め上げた笠井謙三とその妻・和子。転勤続きで長い間仮住まい生活だった二人は、ようやく手に入れた夫婦だけの家で暮らし始める。しかし、和子が脳梗塞で倒れ、入院することに。出演は、「の・ようなもの のようなもの」の尾藤イサオ、「繕い裁つ人」の中尾ミエ。監督は、「咲 Saki」の小沼雄一。

監督
小沼雄一
出演キャスト
尾藤イサオ 中尾ミエ 榊原有那 澤奈央
2015年

繕い裁つ人

  • 2015年1月31日(土)
  • 出演(イズミセンセイ 役)

池辺葵による同名コミックを中谷美紀主演で映画化したヒューマンドラマ。昔ながらの小さな洋裁店の女主人と、彼女が仕立てた服を愛用する人たちとの物語がつづられる。三浦貴大、片桐はいり、黒木華らが女主人と交流を深める人々に扮し、『ぶどうのなみだ』など優しい雰囲気のドラマで定評のある三島有紀子が監督を務める。

監督
三島有紀子
出演キャスト
中谷美紀 三浦貴大 片桐はいり 黒木華
2012年

人生、いろどり

  • 2012年9月15日(土)
  • 出演(尾関路子 役)

徳島県の山間に位置し、四国で最も人口の少ない町・上勝町。過疎地であった同地が、料理を彩る“つまもの”と呼ばれる葉っぱビジネスで年商2億円以上を稼ぎ出し、人口増加にまでつながった。そんな驚きの事実をベースに、葉っぱビジネスを通して、再び生きがいを見つけていく70、80代の女性たちの姿を描くヒューマンドラマ。

監督
御法川修
出演キャスト
吉行和子 富司純子 中尾ミエ 平岡祐太
2010年

信さん 炭坑町のセレナーデ

  • 2010年11月27日(土)
  • 出演(ワタナベクニコ 役)

昭和30年代の福岡の炭坑町を舞台にした小雪主演の人間ドラマ。「愛を乞うひと」の平山秀幸監督が、貧しくつらい境遇の中でも明るくたくましく生きる人々の姿を描き出す。

監督
平山秀幸
出演キャスト
小雪 池松壮亮 石田卓也 柄本時生
1998年

’hood フッド

  • 1998年8月22日(土)
  • 出演(ミチオの母 役)

ダンスにかけた若者たちの夢と挫折を描いたニュー・ジェネレーション・ムービー。監督・脚本は「恋と花火と観覧車」の砂本量。撮影を津田豊滋が担当している。出演は、「HAPPY PEOPLE」の柏原収史と「不機嫌な果実」の松田千晴。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
砂本量
出演キャスト
柏原収史 松田千晴 菊池健一郎 内田大介
1997年

CUTE

  • 1997年4月26日(土)
  • 出演(瀧島倫子 役)

モデル志望の女性が、ひとりの一流カメラマンとの出会いを通して飛躍していく姿を描いたサクセス・ストーリー。監督はOV『警告!のぞきアリ。』の下山天。脚本は「恋と花火と観覧車」の砂本量と下山の共同。撮影を「天使のわけまえ」の小野寺眞が担当している。主演は、この作品の撮影中に実際にパリコレのモデルに選ばれた現役のショーモデル・未希。16ミリからのブローアップ。

監督
下山天
出演キャスト
未希 谷あい 奥田瑛二 中尾ミエ
1992年

ひき逃げファミリー

  • 1992年12月19日(土)
  • 出演(元村葉子 役)

夫が轢き逃げ事故を起こした車を家の中で解体してしまおうとする一家の姿を通して、現代の家族が抱える様々な問題を浮き彫りにしていくコメディ。監督・脚本は「The・えれくと」の水谷俊之、共同脚本は砂本量、撮影は「エロティックな関係」の長田勇市が担当。

監督
水谷俊之
出演キャスト
長塚京三 中尾ミエ ちはる 橋本光成
1991年

代打教師 秋葉、真剣です!

  • 1991年8月31日(土)
  • 出演(国語教師・小西 役)

とある私立高校に代打教師として就任した破天荒教師の姿を痛快に描く青春学園ドラマ。M・A・T(作)、早坂よしゆき(画)の同名コミックの映画化で、脚本は「新・極道の妻たち」の那須真知子が執筆。監督は「右曲がりのダンディー」の那須博之。撮影は同作の森勝がそれぞれ担当。

監督
那須博之
出演キャスト
吉田栄作 鷲尾いさ子 田中傑幸 山本太郎
1989年

Aサインデイズ

ベトナム戦争期の沖縄を舞台に、ロックバンドの若者たちの青春群像を描く。利根川裕原作の小説「喜屋武マリーの青春」を原案として「猫のように」の斎藤博と「花のあすか組!」の崔洋一が共同で脚本を執筆。監督は崔、撮影は「・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・」の浜田毅がそれぞれ担当。主題歌は、喜屋武マリー(「愛は限りなく」)。

監督
崔洋一
出演キャスト
中川安奈 石橋凌 広田レオナ SHY
1983年

喜劇 家族同盟

  • 1983年12月28日(水)
  • 出演(香山夢之丞 役)

血のつながりのないニセ物同士が集まって、ファミリーごっこをしているうちに本物の家族のように結ばれていく様を描く。脚本は「五番町夕霧楼(1980)」の中島丈博と本作品で監督も手がけている「次郎長青春篇 つっぱり清水港」の前田陽一の共同執筆。撮影は「魚影の群れ」の長沼六男がそれぞれ担当。

監督
前田陽一
出演キャスト
中村雅俊 中原理恵 渋谷伸弘 有島一郎

中尾ミエの関連人物

淡路恵子  池内淳子  植木等  有島一郎  沢村貞子 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 中尾ミエ

ムービーウォーカー 上へ戻る