映画-Movie Walker > 人物を探す > 未唯

年代別 映画作品( 1978年 ~ 1996年 まで合計7映画作品)

1996年

アトランタ・ブギ

  • 1996年11月9日(土)公開
  • 出演(観客 役)

同じ町内でありながら仲の悪い1丁目と3丁目の住人たちが、私利私欲を賭けて運動会に情熱を燃やす姿を描いた多国籍ナンセンス・コメディ。監督・脚本は「てなもんやコネクション」の山本政志で、「熊楠/KUMAGUSU」の製作中断中にこの作品を企画し、完成させた。撮影を、エドワード・ヤン監督の「カップルズ」などで知られる台湾の李以須が担当している。主演は映画初出演となるロック・シンガーの鈴木彩子と、「トキワ荘の青春」の古田新太、“サザンオールスターズ”の野沢秀行。ソウルオリンピック男子100メートルの幻の金メダリスト、ベン・ジョンソンが自身の役で出演したのをはじめ、多国籍の異色キャスト、大量のゲストスター出演も話題となった。16ミリからのブローアップ。

監督
山本政志
出演キャスト
鈴木彩子 古田新太 野沢秀行 川村禾門
1990年

パチンコ物語

  • 1990年6月9日(土)公開
  • 出演(板倉桃代 役)

変貌しつつあるパチンコ業界を舞台に、そこで生きる父子の愛と葛藤の姿をユーモラスに描く。間部洋一原作「驚異の産業・パチンコ」の映画化で脚本は大原豊が執筆。監督はテレビ出身の辻理、撮影は西山誠がそれぞれ担当。

監督
辻理
出演キャスト
古尾谷雅人 岡田奈々 中原早苗 MIE
1984年

地球物語 テレパス2500

  • 1984年8月4日(土)公開
  • 出演(声)(フローラ 役)

若い女の面影に導かれて宇宙を旅した少年の遭遇する冒険を描くアニメ映画。火浦功、大原まり子、水見稜の協力を得た原案を篠崎好が脚色。監督は「ヘッドフォン・ララバイ」の山根成之。

監督
山根成之
出演キャスト
水島裕 MIE 小林清志 納谷六朗
1983年

シングルガール(1983)

  • 1983年6月4日(土)公開
  • 出演(由衣子 役)

大都会の中で自由奔放に生きる若い女性たちの姿を描く。脚本は、村川透と大岡悦子と松浦雅子の共同執筆。監督は「獣たちの熱い眠り」の村川透、撮影は「天城越え」の羽方義昌がそれぞれ担当。

監督
村川透
出演キャスト
桃井かおり MIE 中山貴美子 岸じゅん子
1982年

コールガール(1982)

  • 1982年9月18日(土)公開
  • 出演(マリ 役)

警察に追われ国外に逃亡していたかつての恋人と再会し、思わぬ事件に巻き込まれるコールガールの姿を描く。脚本は「欲情まんかい 若妻同窓会」の中野顕彰、小川英、「すっかり…その気で!」の田波靖男の共同執筆、監督も同作の小谷承靖、撮影は「団鬼六 女美容師縄地獄」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
小谷承靖
出演キャスト
MIE 峰岸徹 谷隼人 内田裕也

水のないプール

  • 1982年2月20日(土)公開
  • 出演(じゅん 役)

クロロホルムを部屋にまき散らし、意識を失った若い娘を犯す男がいた。現実に起って世間を騒がせた性犯罪にヒントを得て製作された。脚本は「魔性の夏 四谷怪談より」の内田栄一、監督は「餌食」の若松孝二、撮影は袴一喜がそれぞれ担当。

監督
若松孝二
出演キャスト
内田裕也 MIE 中村れい子 藤田弓子
1978年

ピンクレディーの活動大写真

  • 1978年12月16日(土)公開
  • 出演(ミー 役)

デビュー曲〈ペッパー警部〉以来、全てのレコードがミリオンセラーというスーパー・スターのピンク・レディーの初の主演映画。物語は、ピンク・レディーを使って映画を撮ろうとする三人の男の企画案から成る三話のオムニパスで構成されている。原案、脚本は「ふりむけば愛」のジェームス三木、監督は「愛の嵐の中で」の小谷承靖、撮影は稲垣涌三が担当している。

監督
小谷承靖
出演キャスト
根本美鶴代 増田啓子 石立鉄男 田中邦衛
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 未唯