映画-Movie Walker > 人物を探す > 森重晃

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2017年 まで合計52映画作品)

2017年

幼な子われらに生まれ

直木賞作家・重松清の同名作を『繕い裁つ人』の三島有紀子監督が映画化した人間ドラマ。血のつながらない家族が苦悩しながらもさまざまな出来事を乗り越え、少しずつ本当の家族になろうと姿をつづる。浅野忠信が再婚相手の連れ子との関係に悩む男を、その妻を田中麗奈、妻の元夫を宮藤官九郎が演じる。

監督
三島有紀子
出演キャスト
浅野忠信 田中麗奈 南沙良 鎌田らい樹
2016年

蜜のあわれ

  • 2016年4月1日(金)公開
  • プロデューサー

大正から昭和にかけて活躍した詩人で小説家の室生犀星が、自身をモデルに老作家と金魚の化身とのエロティックな日常を描いた小説を映画化したファンタジー。二階堂ふみが老作家の仕事場に現れては自由奔放にふるまい、惑わす金魚の化身・赤子を演じる。監督は『ソレダケ / that’s it』の映像派、石井岳龍。

監督
石井岳龍
出演キャスト
二階堂ふみ 大杉漣 真木よう子 高良健吾
2015年

この国の空

  • 2015年8月8日(土)公開
  • プロデューサー

谷崎潤一郎賞に輝いた高井有一の同名小説を長谷川博己&二階堂ふみ主演で映画化したヒューマンドラマ。第二次世界大戦終戦間近の東京を舞台に、19歳の少女と妻子を疎開させた中年男性との禁断の関係を描き出す。脚本家として数々の名作を送り出してきた荒木晴彦の『身も心も』以来18年ぶりの監督第2作となる。

監督
荒井晴彦
出演キャスト
二階堂ふみ 長谷川博己 工藤夕貴 富田靖子
2014年

友だちと歩こう

  • 2014年3月22日(土)公開
  • プロデューサー

ナイーブな少年たちを描き第50回ベルリン国際映画祭アルフレート・バウアー賞を受賞した「独立少年合唱団」や、かつて交際していた中年男女を描き2005年モントリオール世界映画祭審査員特別賞を受賞した「いつか読書する日」を生みだした緒方明監督と脚本家の青木研次が、9年ぶりにタッグを組んだオムニバス映画。郊外の団地に住む年老いた男性たちや青春を引きずる者たちが織りなす「煙草を買いに行く」「毛糸の犬」「千九百年代のリンゴ」「道を歩けば」の4作から成り、それぞれ密接に関わり合っている。アコーディオン奏者cobaが音楽を担当。「JAZZ爺MEN」の上田耕一、「風花」の高橋長英、「恋に至る病」の斉藤陽一郎、「SP」シリーズの松尾諭らが出演。

監督
緒方明
出演キャスト
上田耕一 高橋長英 斉藤陽一郎 松尾諭

魔女の宅急便

  • 2014年3月1日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

宮崎駿監督によるアニメ映画化でも知られる、角野栄子による児童文学を初めて実写映画化した青春ファンタジー。修行のため、見知らぬ街にやってきた13歳の魔女見習いの少女が、個性豊かな街の人々との交流を通し、成長していく姿を描く。全国オーディションでキキ役に選ばれたのは、新鋭・小芝風花。監督は『呪怨』シリーズの清水崇。

監督
清水崇
出演キャスト
小芝風花 尾野真千子 広田亮平 浅野忠信
2013年

さよなら渓谷

  • 2013年6月22日(土)公開
  • プロデューサー

芥川賞作家・吉田修一の同名長編小説を、『まほろ駅前多田便利軒』の大森立嗣監督が映画化した人間ドラマ。とある団地で起きた幼児殺害事件をきっかけに浮かび上がる、容疑者の隣人夫婦の意外な関係を官能的に描く。夫婦を演じるのは、『キャタピラー』の大西信満と、本作が7年ぶりの主演作となる真木よう子。

監督
大森立嗣
出演キャスト
真木よう子 大西信満 鈴木杏 井浦新
2012年

I’M FLASH!

  • 2012年9月1日(土)公開
  • プロデューサー

『モンスターズクラブ』の豊田利晃監督が、新興宗教のカリスマ教祖と、彼を守るボディガード、そして彼の前に現れた美女との関係を描く、ミステリアスなストーリー。藤原竜也が出会いから5年、念願の豊田監督作への出演を実現。豊田監督作の常連である松田龍平と激しくぶつかりあう。謎の美女を演じるのは新鋭・水原希子。

監督
豊田利晃
出演キャスト
藤原竜也 松田龍平 水原希子 仲野茂
2011年

津軽百年食堂

  • 2011年4月2日(土)公開
  • プロデューサー

森沢明夫の同名小説を大森一樹監督のメガホンで映画化したドラマ。青森県弘前市で100年続く食堂を、主人公の青年が葛藤しつつもそれを受け継ぐ重みを受け入れ、4代目となっていくまでを、初代の人生と重ねて紡ぎだしていく。オリエンタルラジオの藤森慎吾と中田敦彦が食堂の4代目と初代役に扮し、映画初主演に挑む。

監督
大森一樹
出演キャスト
藤森慎吾 中田敦彦 福田沙紀 ちすん
2008年

蛇にピアス

  • 2008年9月20日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

金原ひとみが、20歳で芥川賞を受賞した原作を映画化。“痛み”によってしか生を実感できない少女の青春を描く問題作。映画初主演の吉高由里子が体当たりの熱演を見せる。

監督
蜷川幸雄
出演キャスト
吉高由里子 高良健吾 ARATA あびる優
2006年

煙が目にしみる 重松清原作「愛妻日記」より

  • 2006年10月7日(土)公開
  • 製作

子作りのため妻に禁煙を命じられている夫は、煙草の煙に惹かれ、女子高生と援助交際をしてしまい…。重松清の小説「愛妻日記」を、『心中エレジー』の亀井亨監督が映画化した官能ドラマシリーズ第6弾。脚本監修は荒井晴彦。出演は不二子、木下ほうか、田村泰二郎ほか。R-18作品。

監督
亀井亨
出演キャスト
不二子 木下ほうか 田村泰二郎

関連ニュース

プライベート試写会が当たる!『マダガスカル2』のキャンペーン開始!
プライベート試写会が当たる!『マダガスカル2』のキャンペーン開始!(2009年2月16日)

全世界で5億ドル突破の大ヒットを記録したドリームワークス・アニメ『マダガスカル』。その待望の続編『マダガスカル2』(3/14公開)の公開を記念して、「大切な人と…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 森重晃

ムービーウォーカー 上へ戻る