映画-Movie Walker > 人物を探す > 大坂章夫

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2019年 まで合計39映画作品)

2019年

空の瞳とカタツムリ

  • 2019年2月23日(土)公開
  • 照明

TV『深夜食堂』シリーズを手がけた荒井美早によるオリジナル脚本を、父・荒井晴彦企画のもと映画化。不特定多数の男性と行きずりの行為を繰り返す夢鹿と、ある出来事がきっかけで潔癖症となった十百子が互いを求めながら傷つけ合う姿を繊細なタッチで映し出す。夢鹿役の縄田かのん、十百子役の中神円は本作が映画初主演。ほか出演は「栞」の三浦貴大、「兄友」の藤原隆介、「人魚の眠る家」の利重剛、「名前のない女たち うそつき女」のクノ真季子、「万引き家族」の柄本明。撮影を「スティルライフオブメモリーズ」の石井勲が担当。「空の瞳とカタツムリ」というタイトルは、故・相米慎二監督の遺作「風花」のタイトル変更案として最終候補まで残ったもので、相米監督の弟子筋である「なにもこわいことはない」の斎藤久志が監督を務める。第19回東京フィルメックス特別招待作品。

監督
斎藤久志
出演キャスト
縄田かのん 中神円 三浦貴大 藤原隆介
2018年

検察側の罪人

  • 2018年8月24日(金)公開
  • 照明

『犯人に告ぐ』の雫井脩介による同名小説を木村拓哉&二宮和也主演で映画化した社会派ミステリー。都内で起きた殺人事件の捜査を巡って、かつての未解決殺人事件の重要参考人である男を執拗に追い詰めるエリート検事・最上と、その捜査方針に疑問を抱く若手検事・沖野が激突。2人が葛藤しながら、“正義とは何か?”を問う。

監督
原田眞人
出演キャスト
木村拓哉 二宮和也 吉高由里子 平岳大

スティルライフオブメモリーズ

  • 2018年7月21日(土)公開
  • 照明

フランスの画家・写真家アンリ・マッケローニの写真集に想を得た「無伴奏」の矢崎仁司監督作。新進気鋭の写真家・春馬の写真展にキュレーターの怜が訪れる。その作品に心を奪われた怜は、何も訊かないこととネガを貰うことを条件に自分を撮ってほしいと春馬に切り出す。主人公の春馬を演じるのは、「ストロベリーショートケイクス」以来、矢崎監督と2度目のタッグとなる安藤政信。共演は「光と血」の永夏子、「蠱毒 ミートボールマシン」の松田リマ、「夢の女 ユメノヒト」の伊藤清美。音楽を「幼な子われらに生まれ」の田中拓人が担当。撮影は、矢崎監督のデビュー作「風たちの午後」以降、数々の矢崎作品を手がける石井勲。2018年3月10日、『第13回大阪アジアン映画祭』にてワールドプレミア上映。2018年3月17日、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』にて上映。

監督
矢崎仁司
出演キャスト
安藤政信 永夏子 松田リマ 伊藤清美
2016年

イタズラなKiss THE MOVIE〜ハイスクール編〜

  • 2016年11月25日(金)公開
  • 照明

日本だけでなく韓国や台湾、タイなどでもドラマ化された、多田かおる原作の人気コミックを映画化したラブコメディ。おバカな女子とイケメン天才男子が様々なトラブルに見舞われながらも、恋を実らせていく様がつづられる。劇団EXILEの佐藤寛太がイケメンの天才を、主人公の琴子を美沙玲奈が演じる。

監督
溝口稔
出演キャスト
佐藤寛太 美沙玲奈 山口乃々華 大倉士門

無伴奏

  • 2016年3月26日(土)公開
  • 照明

直木賞作家、小池真理子の半自伝的小説を若手実力派キャストの共演で映画化。学生運動華やかなりし1969年の仙台を舞台に、クラシック音楽の流れる喫茶店で2人の青年と出会った女子高生が、恋を経験して大人の女性に成長してゆく。出演は「極道大戦争」の成海璃子、「愛の渦」の池松壮亮、「虎影」の斎藤工。監督は「太陽の坐る場所」の矢崎仁司。

監督
矢崎仁司
出演キャスト
成海璃子 池松壮亮 斎藤工 遠藤新菜
2015年

××× KISS KISS KISS

  • 2015年9月5日(土)公開
  • 照明

脚本家ユニット・チュープロと「太陽の坐る場所」の朝西真砂の脚本を、「三月のライオン」の矢崎仁司が映像化したオムニバス映画。5つのキスから見える人間模様を描く。出演は、「龍三と七人の子分たち」の川野直輝、ドラマ『仮面ライダー電王』の松本若菜、「2 STEPS!」の加藤良輔、「禅 ZEN」の安居剣一郎。

監督
矢崎仁司
出演キャスト
松本若菜 加藤良輔 林田麻里 深谷由梨香

チョコリエッタ

  • 2015年1月17日(土)公開
  • 照明

「渇き。」の森川葵、「そこのみにて光輝く」の菅田将暉が共演した青春ロードムービー。フェデリコ・フェリーニ監督の「道」にオマージュを捧げつつ、人生に戸惑い、映画を撮るために旅に出た若い男女のひと夏の交流を瑞々しいタッチで描く。「せかいのおわり」の風間志織監督が、大島真寿美の青春小説を映画化した。

監督
風間志織
出演キャスト
森川葵 菅田将暉 市川実和子 村上淳
2014年

太陽の坐る場所

  • 2014年10月4日(土)公開
  • 照明

『ツナグ』などで知られる直木賞作家・辻村深月の同名小説を水川あさみ主演で映画化した人間ドラマ。同窓会で10年ぶりに再会した高校の同級生たちが、高校時代に抱えていた複雑な思いをさらけ出すさまがつづられる。『ストロベリーショートケイクス』など女性の内面を繊細に描くことで定評のある矢崎仁司が監督が務める。

監督
矢崎仁司
出演キャスト
水川あさみ 木村文乃 三浦貴大 森カンナ
2013年

なにもこわいことはない

  • 2013年11月16日(土)公開
  • 照明

子どもを作らず、2人で生きてゆくと決めた夫婦の、穏やかな日常の中に潜む愛や孤独、不安といった揺らぎを浮き彫りにすることで、夫婦の意味を問うドラマ。出演は「戦争と一人の女」の高尾祥子、「かぞくのくに」の吉岡睦雄。監督は「いたいふたり」の斎藤久志。第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門出品。

監督
斎藤久志
出演キャスト
高尾祥子 吉岡睦雄 岡部尚 山田キヌヲ
2012年

人生、いろどり

  • 2012年9月15日(土)公開
  • 照明

徳島県の山間に位置し、四国で最も人口の少ない町・上勝町。過疎地であった同地が、料理を彩る“つまもの”と呼ばれる葉っぱビジネスで年商2億円以上を稼ぎ出し、人口増加にまでつながった。そんな驚きの事実をベースに、葉っぱビジネスを通して、再び生きがいを見つけていく70、80代の女性たちの姿を描くヒューマンドラマ。

監督
御法川修
出演キャスト
吉行和子 富司純子 中尾ミエ 平岡祐太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大坂章夫