映画-Movie Walker > 人物を探す > 長崎俊一

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2015年 まで合計24映画作品)

2015年

唇はどこ?

  • 2015年12月12日(土)公開
  • 監督、脚本、編集、出演(監督 役)

名古屋学芸大学の映画プロジェクトとして製作された映画制作を巡る群像劇

監督
長崎俊一
出演キャスト
久具巨林 廣瀬菜都美 宮谷達也 鈴木理恵子
2011年

少女たちの羅針盤

  • 2011年5月14日(土)公開
  • 監督

4年前に女子高生劇団で起こった悲しい殺人事件。殺されたのは、そして殺したのは誰…? 第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の優秀作に選ばれた水生大海の同名小説を『西の魔女が死んだ』の長崎俊一監督が福山市のバックアップを受けて映画化。成海璃子、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有らフレッシュな若手の好演が光る。

監督
長崎俊一
出演キャスト
成海璃子 忽那汐里 森田彩華 草刈麻有

犬とあなたの物語 いぬのえいが

  • 2011年1月22日(土)公開
  • 監督

犬と人との絆を描き、大ヒットを記録した「いぬのえいが」の第2弾。松嶋菜々子、大森南朋をはじめとした豪華キャストを迎え、笑いあり、涙ありの6つのエピソードがつづられる。柴犬、フレンチブルドッグ、ラブラドールレトリーバーなど、本作の真の主役といえる犬たちもさまざまな犬種が登場し、それぞれ人間顔負けの演技を披露。

監督
長崎俊一 石井聡一 江藤尚志 川西純
出演キャスト
大森南朋 松嶋菜々子 中尾彬 内野聖陽
2008年

西の魔女が死んだ

  • 2008年6月21日(土)公開
  • 監督、脚本

中学校に通うのが苦痛になった少女まいが、田舎でひとり暮らしをする英国人の祖母のもとに預けられる。そこでまいは、早寝早起きの規則正しい生活やジャム作りなどの“魔女修行”をこなし、生きる力を取り戻していく。

監督
長崎俊一
出演キャスト
サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 鈴木龍之介
2007年

黒帯 KURO-OBI

  • 2007年10月13日(土)公開
  • 監督

「8月のクリスマス」の長崎俊一監督が放つ空手映画。激動の時代を舞台に、亡き師の志を継承するために激突していく空手家たちの姿を、格闘シーン満載に映し出す。

監督
長崎俊一
出演キャスト
八木明人 中達也 鈴木ゆうじ 小宮孝泰
2006年

闇打つ心臓

  • 2006年4月8日(土)公開
  • 監督、脚本

「8月のクリスマス」の長崎俊一監督が、1982年に手掛けた同名作の続編。赤ん坊を殺した過去を持つ男女の再会を、ある若い夫婦との出会いを交えて静かに映し出す。

監督
長崎俊一
出演キャスト
内藤剛志 室井滋 本田章一 江口のりこ
2005年

8月のクリスマス

  • 2005年9月23日(金)公開
  • 監督、脚本

韓国の珠玉のラブ・ストーリーを、人気ミュージシャン、山崎まさよし主演でリメイク。余命わずかな男性の、結ばれることのない人生最後の恋を静かに見つめる。

監督
長崎俊一
出演キャスト
山崎まさよし 関めぐみ 大倉孝二 戸田菜穂
2001年

柔らかな頬

  • 2001年7月14日(土)公開
  • 監督、脚色、編集

失踪した娘を探す人妻の内面を描くドラマ。監督は「ドッグス」の長崎俊一。桐野夏生による第121回直木賞受賞の原作を、長崎監督自身が脚色。撮影を「あしたは、きっと...」の本田茂が担当している。主演は「連弾」の天海祐希。尚、本作はデジタルBS局・BS―iのデジタル・ハイビジョン・ドラマとして制作され、『ハイブリッド・ムービー2001』の中で公開された(前篇2001年1月3日、後篇2001年1月4日)。ハイビジョン国際映像祭フェスティバル賞受賞作品。Full HD作品。DLP上映。

監督
長崎俊一
出演キャスト
天海祐希 三浦友和 松岡俊介 渡辺いっけい
1999年

ドッグス

  • 1999年1月30日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

孤独な女刑事が、偶然巡り会った男の犯罪に加担したことから堕ちていく姿を描いたサスペンス。監督は「死国」の長崎俊一。脚本は、「20世紀ノスタルジア」の中島吾郎と、本作で初めて脚本を執筆した桜井恵子、そして「ロマンス」長崎監督の共同。撮影を「ヒロイン!」の本田茂が担当している。主演は、「ロマンス」の水島かおりと「犬、走る DOG RACE」の遠藤憲一。98年度ヴァンクーヴァー国際映画祭正式出品作品。97年度製作。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

監督
長崎俊一
出演キャスト
水島かおり 遠藤憲一 諏訪太朗 塚本晋也

死国

  • 1999年1月23日(土)公開
  • 監督

四国八十八カ所を逆に回り死者を蘇らせる逆打ちなる伝承儀式を巡って繰り広げられる、愛憎の悲劇を描いたホラー映画。監督は「ロマンス」の長崎俊一。直木賞作家・坂東眞砂子の同名小説を、「宇宙貨物船レムナント6」の万田邦実(万田邦敏名義)と「らせん」のプロデューサー・仙頭武則が共同脚色。撮影を「戦後在日五〇年史/在日」の篠田昇が担当している。主演は、「私たちが好きだったこと」の夏川結衣と「ベル・エポック」の筒井道隆、第1回ミス東京ウォーカーの新人・栗山千明。

監督
長崎俊一
出演キャスト
夏川結衣 筒井道隆 栗山千明 根岸季衣

関連ニュース

成海璃子渾身の舞台劇も収録された『少女たちの羅針盤』BD&DVDが発売
成海璃子渾身の舞台劇も収録された『少女たちの羅針盤』BD&DVDが発売(2011年11月30日)

第1回「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」で優秀作に選ばれた同名小説を、若手女優の多数共演により映画化した『少女たちの羅針盤』。巧妙に練られたストーリーと、キ…

成海璃子、忽那汐里らが春色ドレスで登壇「4人いつも一緒でした」
成海璃子、忽那汐里らが春色ドレスで登壇「4人いつも一緒でした」(2011年4月13日)

成海璃子、忽那汐里ら若手実力派女優共演のミステリー映画『少女たちの羅針盤』(5月14日公開)の完成披露試写会が、4月13日に有楽町朝日ホールで開催。成海、忽那、…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 長崎俊一