映画-Movie Walker > 人物を探す > 千葉茂樹

年代別 映画作品( 1958年 ~ 2010年 まで合計21映画作品)

2010年

マザー・テレサと生きる

  • 2010年1月16日(土)公開
  • 監督

マザー・テレサが3度訪れた日本で、彼女の死後12年経ったいまも受け継がれている活動を追うドキュメンタリー。マザーの後継者シスター・ニルマラ総長の特別許可のもと、初めてカメラが向けられる貴重な映像が見どころ。監督は、日本人として初めてマザーの取材を許可された、「マザー・テレサとその世界」の千葉茂樹。HD作品。

監督
千葉茂樹
出演キャスト
マザー・テレサ
2001年

青 chong

  • 2001年4月21日(土)公開
  • 製作、(アドバイザー)脚本

27歳の李相日監督が、日本映画学校の卒業制作で撮った青春映画。朝鮮人学校で恋やケンカに明け暮れる野球少年の日常を、巧みな間合いのユーモアにくるんで映し出す。

監督
李相日
出演キャスト
眞島秀和 山本隆司 竹本志帆 有山尚宏
2000年

三文役者

  • 2000年12月2日(土)公開
  • 出演(近代映協の糸氏 役)

 日本映画屈指の名バイプレイヤーとして知られる殿山泰司の半生を描く感動作。出演した名作群やその撮影現場を完全再現するなど、映画ファン必見の見せ場も随所に。

監督
新藤兼人
出演キャスト
竹中直人 荻野目慶子 吉田日出子 乙羽信子
1999年

ゼノ かぎりなき愛に

  • 1999年5月15日(土)公開
  • 製作指揮、脚色

戦後日本の人々の心の救済に尽力を尽くしてきた実在の修道士、ゼノ・ゼブロフスキーの半生を描いた長編アニメーション。監督は「森の伝説」の宇井孝司。脚色は、宇井監督と「マザー・テレサとその世界」の千葉茂樹の共同。撮影を「SPRRIGAN」の白井久男が担当している。声の出演に「ムーミン谷の彗星」の平田康之。文部省選定、厚生省中央児童福祉審議会平成11年度推薦文化財作品。

監督
宇井孝司
出演キャスト
平田康之 池田勝 江成正元 中尾隆聖
1993年

病院で死ぬということ

  • 1993年7月24日(土)公開
  • 企画

ガン告知を受けた患者たちの闘病の日々を、彼らと接する家族や医師らの姿を交えながら描き、ターミナルケア(末期医療)の問題をとらえたドラマ。山崎章郎の同名原作(主婦の友社・刊)をもとに、「ご挨拶」の中の一挿話『佳世さん』の市川準が監督・脚本。患者たちの姿はフィックスで据えたフルサイズのベッドの映像で終始描写され、随所に人生のイメージを四季にわたり追った映像がはさみ込まれていく、ドキュメンタリー的な手法で描いていく。キネマ旬報ベストテン第三位。

監督
市川準
出演キャスト
岸部一徳 塩野谷正幸 石井育代 山内明
1989年

あしたが消える どうして原発?

  • 1989年5月26日(金)公開
  • 演出、構成

原子力発電所で働いていた父親が骨がん死したことに疑問を持った主婦の投稿を元に、原発作業員達や医師、設計者の証言により原発の危険性に警鐘を鳴らすドキュメンタリー。構成・演出は「マザー・テレサとその世界」の千葉茂樹。製作は平形則安、溝上潔、里中哲夫。平形が、1988年5月2日付け朝日新聞の「ひととき」欄に掲載された仙台市の主婦の投稿「『安全な原発』と父の死」を読み、原発に疑問を持ったのがきっかけで製作された。2011年8月6日より東京・渋谷ユーロスペースにてリバイバル公開。

1984年

リアムのすむ村 ぼくらの隣人たち

  • 1984年8月25日(土)公開
  • 監督、脚本

タイの首都バンコクから、北東へ600キロの貧しい農村に住む少女リムルと家族を追ったドキュメンタリー。脚本・演出千葉茂樹。解説鈴木弘子。企画日本ユニセフ協会。1984年7月完成。16ミリ37分。

監督
千葉茂樹
1981年

アウシュビッツ 愛の奇跡 コルベ神父の生涯

  • 1981年11月5日(木)公開
  • 監督、脚本

愛に生き、平和をかかげて死んだコルベ神父の足跡を描く。脚本・監督は「マザー・テレサとその世界」の千葉茂樹、撮影は河内豊英がそれぞれ担当。

監督
千葉茂樹
出演キャスト
津嘉山正種 東恵美子 久世龍之助 名取幸政

平和の巡礼者ヨハネ・パウロII世

  • 1981年5月25日(月)公開
  • 監督、脚本

第264代ローマ教皇パウロII世が史上初めて日本を訪れた模様を記録した公式記録映画。滞在期間は四日と短かったにも拘らず、教皇は実に精力的に活動した。その模様が2月23日の羽田到着から原爆老人ホームの見舞いまで、東京カテドラルマリア大聖堂や後楽園球場のミサ、武道館の若者との対話集会は言うまでもなく、被爆地の広島と長崎訪問を含めて、全日程が手際よく収録されている。製作白井詔子、高島道吉、脚本・監督千葉茂樹、解説鈴木瑞穂。企画女子パウロ会。1981年5月完成。16ミリ55分。

監督
千葉茂樹
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 千葉茂樹