映画-Movie Walker > 人物を探す > 大谷和夫

年代別 映画作品( 1981年 ~ 1994年 まで合計14映画作品)

1994年

第2回欽ちゃんのシネマジャック

  • 1994年9月23日(金)公開
  • 音楽

15分映画の5本立、1本300円、料金は見た本数分だけ自己申告で払うというユニークな上映方式で93年大きな話題を集めた、萩本欽一の製作総指揮による「欽ちゃんのシネマジャック」の第2弾。第1回に続き、萩本欽一監督による「なんかへん?」の第2作、「生きる」に続く山本晋也監督の「食べる」の他、アニメーションなど全6作。おまけとして前回一般公募した新人監督による1分間映画も。

監督
萩本欽一 山本晋也 さだまさし 石黒昇
出演キャスト
渡哲也 宮沢りえ 仲代達矢 関根勤

BE-BOP-HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール(1994)

  • 1994年2月19日(土)公開
  • 音楽

不良コンビ、ヒロシとトオルが天保工業の不良集団と戦う様子をハードに描く青春アクション。「週刊ヤングマガジン」(講談社・刊)に連載中の同名漫画を、Vシネマ「カルロス」で監督デビューした原作者のきうちかずひろ自身が監督したもので、以前の那須博之監督による「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズ(85~88年)とは装いも新たにバイオレンス色が全面に打ち出されたもの。脚本は「カルロス」の木内一雅、撮影は「カルロス」「リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト」の仙元誠三が担当。主演の2人はオーディションにより新人が選ばれた。

監督
きうちかずひろ
出演キャスト
岸本祐二 庄司哲郎 花嫁いづみ 家根本渉
1993年

リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト

  • 1993年5月8日(土)公開
  • 音楽

女子プロレスのチャンピオンを目指すヒロインの戦いと愛を描くドラマ。元女子プロレス出身で、現在芝居をはじめ他方面で活躍する長与千種の映画デビュー作であり、彼女が自らの役を演じたつかこうへい作・演出による同名の舞台の映画化。監督は「赤と黒の熱情」の工藤栄一。アジャコング、ブル中野をはじめ現役のレスラーも多数出演。

監督
工藤栄一
出演キャスト
長与千種 島田陽子 渡瀬恒彦 阿部寛
1991年

チー公物語 ネズミ小僧のつくりかた世紀末版

  • 1991年9月7日(土)公開
  • 音楽

安手のものを豪華なものと偽って売りつける“チー公”たちが織り成す事件を描いたコメディ。監督は「公園通りの猫たち」の中田新一。出演は大鶴義丹、国生さゆり、柄本明ほか。

監督
中田新一
出演キャスト
大鶴義丹 国生さゆり 柄本明 平田満

グッバイ・ママ

  • 1991年4月20日(土)公開
  • 音楽

都会に住むキャリア・ウーマンが周囲の変化に揺れ動きながらも自立していく姿をユーモラスに描くラブコメディ。脚本・監督は本作がデビューとなるトレンドメーカー秋元康。共同脚本は寺田敏雄。撮影監督は「少年時代」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
秋元康
出演キャスト
松坂慶子 山崎裕太 緒形拳 渡辺えり子
1990年

きんぴら

  • 1990年12月22日(土)公開
  • 音楽

毎週金曜の夜にTVを電波ジャックする一味の女リーダーと冴えない電波取締官との奇妙な関係を描くコメディ。脚本は「ウォータームーン」の丸山昇一が執筆。監督は「悲しきヒットマン」の一倉治雄。撮影は「3-4x10月」の柳島克己がそれぞれ担当。

監督
一倉治雄
出演キャスト
大竹しのぶ 仲村トオル 鈴木早智子 赤井英和
1988年

恋子の毎日

  • 1988年12月17日(土)公開
  • 音楽

ヤクザと結婚したハワイのホテル王の娘の生活を描く。ジョージ秋山の同名漫画の映画化で、脚本は「クレージーボーイズ」の松本功と「極道渡世の素敵な面々」の平川輝治が共同で執筆。監督は「この胸のときめきを」の和泉聖治、撮影は「菩提樹 リンデンバウム」の奥村正裕がそれぞれ担当。主題歌は、長山洋子(「KOIKO」)。

監督
和泉聖治
出演キャスト
松村雄基 長山洋子 今福将雄 高月忠
1987年

はいからさんが通る(1987)

  • 1987年公開
  • 音楽

大正後期、お転婆でハイカラな女の子が許婚の青年軍人と出逢い、繰りひろげる恋と冒険を描く。大和和紀原作の同名漫画の映画化で、脚本は「シャコタン・ブギ」の西岡琢也が執筆。監督は「いとしのエリー」の佐藤雅道、撮影は「スケバン刑事」の大町進がそれぞれ担当。

監督
佐藤雅道
出演キャスト
南野陽子 阿部寛 田中健 柳沢慎吾
1983年

夜明けのランナー

  • 1983年10月15日(土)公開
  • 音楽

故郷に帰る前に愛と青春をかけて、かつての恋人が待つ場所へと走りぬく一人の男の姿を描く。脚本は「不良少年(1980)」の中岡京平、彼は本作品で初めて監督を務めている。撮影は、「逃がれの街」の岸本正広が担当。主題歌は、渡辺徹(「AGAIN」)。

監督
中岡京平
出演キャスト
渡辺徹 美池真理子 広岡瞬 勝野洋

嵐を呼ぶ男(1983)

  • 1983年8月4日(木)公開
  • 音楽

音楽界を背景に、一人のドラマーの大いなる夢、ライバルとの熱い友情、母親との葛藤、マネージャーとの愛を描く。原作、脚本、監督は、かつて本作品を石原裕次郎主演で映画化した井上梅次、脚本は他に「三等高校生」の播磨幸治、撮影は「赤い帽子の女」の姫田真佐久がそれぞれ担当。主題歌は、近藤真彦(「ためいきロ・カ・ビ・リー」)。

監督
井上梅次
出演キャスト
近藤真彦 野村義男 田原俊彦 坂口良子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大谷和夫