TOP > 人物を探す > 堺左千夫

年代別 映画作品( 1947年 ~ 2014年 まで合計178映画作品)

1988年

密約 外務省機密漏洩事件

  • 1988年6月11日(土)
  • 出演(筈見辰郎 役)

1978年にテレビ朝日開局20周年記念番組として制作されたTVドラマの劇場公開版。72年に実際に起こった外務省機密漏洩事件を描く。澤地久枝原作の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は「警視庁物語 十九号埋立地」など“警視庁物語”シリーズの長谷川公之が執筆。監督は「ある兵士の賭け」の千野皓司、撮影は「幻の湖」の斎藤孝雄がそれぞれ担当。

監督
千野皓司
出演キャスト
北村和夫 吉行和子 大空真弓 磯部勉
1984年

しのぶの明日

  • 1984年11月10日(土)
  • 出演(綾の客 役)

車の事故で中途失明した娘が、盲導犬と共に明日に向かって生きぬいていく姿を描く。原作、脚本は柴田輝二、監督は上野英隆、撮影は「さよならジュピター」の原一民がそれぞれ担当。

監督
上野英隆
出演キャスト
紺野美沙子 宝田明 中原早苗 内海桂子

夏服のイヴ

  • 1984年7月7日(土)
  • 出演(幼稚園長 役)

二人の男性から同時に求婚された平凡な若い女性が、悩みながら本当の愛を見つけていくまでを描く。脚本は「ピンク・レディーの活動大写真」のジェームス三木、監督は「青年の樹(1977)」の西村潔、撮影は「ヨーロッパ特急」の加藤雄大がそれぞれ担当。

監督
西村潔
出演キャスト
松田聖子 羽賀研二 風見章子 山越正樹
1981年

近頃なぜかチャールストン

  • 1981年12月19日(土)
  • 出演(逓信大臣 役)

非行中年グループと非行少年の奇妙な交流を描く。脚本は「英霊たちの応援歌 最後の早慶戦」の岡本喜八と利重剛の共同執筆、監督も岡本喜八、撮影は「関白宣言」の加藤雄大がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
利重剛 藤木悠 山崎義治 小畠絹子
1978年

ブルークリスマス

  • 1978年11月23日(木)
  • 出演(運転手 役)

UFO(未確認飛行物体)を目撃した人々の血が青くなり、そのような人間が増加したら、その時、アメリカ大統領が苦悩の末、決断した計画とは……その中で展開される人間の愛と苦悩を描くSF。脚本は「冬の華」の倉本聰、監督は「ダイナマイトどんどん」の岡木喜八、撮影は「姿三四郎(1977)」の木村大作がそれぞれ担当している。

監督
岡本喜八
出演キャスト
勝野洋 竹下景子 仲代達矢 岡田英次
1976年

反逆の旅

  • 1976年9月4日(土)
  • 出演(教頭 役)

殺し屋を廃業するために、最後の殺しを行なった主人公が、一人の少女を真剣に愛したために、破滅へ向って走ってゆく姿を描くアクション映画。脚本は「ナンバーテンブルース」の長田紀生、潤色は宮川一郎、監督は「やさぐれ刑事」の渡辺祐介、撮影は「撃たれる前に撃て!」の小杉正雄がそれぞれ担当。原作は藤原審爾(「よるべなき男の仕事・殺し」)

監督
渡辺祐介
出演キャスト
原田芳雄 高橋洋子 麻生れい子 尾藤イサオ

吉四六よ天を駆けろ

  • 1976年7月10日(土)
  • 出演(作造 役)

九州の代表的民話の吉四六ばなしをもとに、トンチといたずらでよくばり庄屋や代官をだましてみんなを喜こばす村の人気者、吉四六さんとその家族を描く。嵐寛寿郎の映画出演五百本目の記念映画でもある。脚本は監督の高木一臣と吉田義昭の共同、監督は「猫は生きている」の高木一臣、撮影は倉持友一がそれぞれ担当。

監督
高木一臣
出演キャスト
山田吾一 弓恵子 谷川みゆき 成瀬静江
1975年

吶喊

幕末の“戊辰の戦い”にまきこまれた若者たちの生きざまを通して、明治維新という変革の意味、そして変革の姿を浮き彫りにした青春喜活劇。なおタイトルの“吶喊”とは、突貫する時にあげるときの声の謂。脚本・監督は「青葉繁れる」の岡本喜八、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
伊藤敏孝 岡田裕介 高橋悦史 伊佐山ひろ子
1974年

ルパン三世 念力珍作戦

  • 1974年8月3日(土)
  • 出演(チョビ髭 役)

フランスの怪盗アルセーヌ・ルパンの三世が日本を舞台に大活躍するアクション映画。原作はモンキー・パンチの劇画「ルパン三世」。脚本は「にっぽん三銃士 博多帯しめ一本どっこの巻」の長野洋、監督は「だまされて貰います」の坪島孝、撮影は「夕日くん サラリーマン仁義」の市原康至がそれぞれ担当。

監督
坪島孝
出演キャスト
目黒祐樹 田中邦衛 江崎英子 伊東四朗

喜劇 だましの仁義

  • 1974年5月14日(火)
  • 出演(柴由助役 役)

全国を股にかけてだましまくる四人のサギ師と、彼らを追う元刑事との知恵比べを描く喜劇。原作は山本一夫の『狸の代紋』。脚本は小林一邦、西川常三郎、「涙のあとから微笑みが」の田波靖男、監督は脚本も執筆している「ゴジラ対メカゴジラ」の福田純、撮影も同作の逢沢譲がそれぞれ担当。

監督
福田純
出演キャスト
谷啓 岸部四郎 小沢昭一 坂上二郎

堺左千夫の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 堺左千夫