映画-Movie Walker > 人物を探す > 西村晃

年代別 映画作品( 1952年 ~ 2011年 まで合計292映画作品)

1969年

御用金

  • 1969年5月1日公開
  • 出演(流一学 役)

「喜劇 爬虫類」の田坂啓とテレビ出身の五社英雄が脚本を共同執筆し、五社がメガホンをとった時代劇。「お熱い休暇」の岡崎宏三が撮影を担当した。わが国はじめてのパナビジョン。1969年5月17日より全国公開。(70ミリ)

監督
五社英雄
出演キャスト
仲代達矢 中村錦之助 丹波哲郎 司葉子

妖艶毒婦伝 人斬りお勝

  • 1969年4月10日公開
  • 出演(真壁弥兵衛 役)

「博徒一代 血祭り不動」の高田宏治が脚本を執筆し、「さくら盃・義兄弟」の中川信夫がメガホンをとったシリーズ第二作。撮影は「妾二十一人 ど助平一代」の飯村雅彦。

監督
中川信夫
出演キャスト
宮園純子 大信田礼子 西村晃 近藤正臣

黒薔薇の館

  • 1969年1月25日公開
  • 出演(大友 役)

「恐喝こそわが人生」の松田寛夫と深作欣二が共同でシナリオを執筆し、深作が妖麗な謎の女をめぐる異常な性行動を描いたもの。撮影は「コント55号と水前寺清子の神様の恋人」を担当した川又昂。

監督
深作欣二
出演キャスト
丸山明宏 小沢栄太郎 田村正和 松岡きっこ

ドリフターズですよ! 特訓特訓また特訓

  • 1969年1月15日公開
  • 出演(三休 役)

東盛作と「日本ゲリラ時代」を監督した渡辺祐介が共同でシナリオを執筆し、渡辺祐介がメガホンをとったシリーズ第四作。撮影は梁井潤が担当した。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
いかりや長介 荒井注 高木ブー 仲本工事
1968年

座頭市喧嘩太鼓

  • 1968年12月28日公開
  • 出演(猿屋宗助 役)

「座頭市牢破り」の猿若清方、「二匹の用心棒」の杉浦久「尼くずれ」の吉田哲郎の三人が共同で脚本を執筆し、「二匹の用心棒」の三隅研次が監督した座頭市シリーズ第十九作。撮影は「兵隊やくざ強奪」の森田富士郎が担当した。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 三田佳子 佐藤允 西村晃

ザ・タイガース 華やかなる招待

  • 1968年12月19日公開
  • 出演(薮井先生 役)

「初恋宣言」の田波靖男がシナリオを執筆し、「にっぽん親不孝時代」の山本邦彦が監督した歌謡喜劇。撮影は「北穂高絶唱」の村井博が担当した。

監督
山本邦彦
出演キャスト
沢田研二 瞳みのる 加橋かつみ 岸部おさみ

スクラップ集団

  • 1968年11月24日公開
  • 出演(椎野 役)

野坂昭如の原作を、「湖の琴」でコンビを組んだ鈴木尚之が脚色、田坂具隆が監督したコメディ。撮影は「銀の長靴」の小杉正雄。

監督
田坂具隆
出演キャスト
渥美清 露口茂 小沢昭一 三木のり平

緋牡丹博徒 一宿一飯

  • 1968年11月22日公開
  • 出演(半目の安 役)

「産業スパイ」の野上龍雄と、前作「緋牡丹博徒」の鈴木則文が共同でシナリオを執筆し、鈴木則文が監督した“緋牡丹博徒”シリーズ第二作。撮影は同じ古谷伸。

監督
鈴木則文
出演キャスト
藤純子 若山富三郎 水島道太郎 城野ゆき

吸血髑髏船

  • 1968年11月9日公開
  • 出演(西里 役)

「(秘)トルコ風呂」の下飯坂菊馬が「吸血鬼ゴケミドロ」の小林久三と共同で脚本を執筆し、「日本一のマジメ人間」の松野宏軌がメガホンをとった怪奇もの。撮影は「濡れた逢びき」の加藤正幸。

監督
松野宏軌
出演キャスト
松岡きっこ 入川保則 西村晃 岡田眞澄

喜劇 競馬必勝法 一発勝負

  • 1968年9月6日公開
  • 出演(河内虎 役)

「産業スパイ」の野上龍雄と「喜劇 爬虫類」の田坂啓が脚本を共同執筆し、「密告 (たれこみ)」の瀬川昌治がメガホンをとった“競馬必勝法”シリーズ第三作。撮影は「盛り場ブルース」の飯村雅彦が担当。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
谷啓 橘ますみ 伴淳三郎 大橋巨泉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 西村晃