映画-Movie Walker > 人物を探す > 此島愛子

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1998年 まで合計7映画作品)

1998年

長くつ下のピッピ(1997)

  • 1998年5月30日(土)公開
  • 日本語版出演(声)(ブリップ夫人 役)

世界的童話作家アストリッド・リンドグレーン原作「長くつ下のピッピ」をミュージカル・アニメーションとして映画化した。監督はスター・ウォーズのTVアニメ・シリーズ『イウォーク物語』『ドロイドの大冒険』(共にV)のクライブ・スミス。「とつぜん!ネコの国 バニパルウィット」と同時上映。98年春より、同映画に基づくTVアニメ・シリーズが放送された。

監督
クライヴ・スミス
出演キャスト
笹本優子 永田亮子 武藤寿美 此島愛子
1995年

教えられなかった戦争 フィリピン篇 侵略・開発・抵抗

  • 1995年7月公開
  • 日本語解説

1989年から映像文化協会が取り組んでいる「教えられなかった戦争」シリーズの、92年の「マレー半島篇」に続く第二作。日本の侵略戦争がアジア各国にもたらした惨禍を、その直接の関係者の証言を中心に記録している。フィリピンの歴史学者レナト・コンスタンティーノをはじめ、多くの学者・知識人へのインタビューを交えながら、フィリピンでの日本軍の圧政や残虐行為に対するフィリピン民衆の激しい抗日運動、それらを弾圧するために各地で行われた暴行や住民虐殺の実態を浮き彫りにしていく。

1992年

パッチンして!おばあちゃん

  • 1992年10月3日(土)公開
  • 出演(声)(〔声〕北島ひろ 役)

「パッチン!」というまばたき以外に外界とのコミュニケーションの手だてを失っている寝たきりのおばあちゃんと、ひとり娘や周囲の人々との交流を描くアニメーション。実話をもとにした関丕の『光のなかの生と死』(朝日新聞社・刊)が原作。監督は辻伸一、作画監督は岡田敏靖、脚本はむかひらすすむが担当。

監督
辻伸一
出演キャスト
新村礼子 此島愛子 林一夫 小林優子
1988年

西遊記(1988)

  • 1988年7月2日(土)公開
  • 出演(声)(三蔵法師 役)

孫悟空と牛魔王の戦いを描くハイビジョン・SFX映画。脚本は内田建太郎とかがみおさむが共同で執筆。監督はCFディレクターでこれが第一作となる内田、撮影は大木篤夫がそれぞれ担当。

監督
内田建太郎
出演キャスト
中谷一郎 坂上二郎 佐藤慶 矢島正明
1981年

宇宙戦士バルディオス

  • 1981年12月19日(土)公開
  • 出演(声)(クインシュタイン博士 役)

愛し合いながらも、敵対しなければならない運命にある男女を描く。酒井あきよしの同名の原作のアニメーションで、脚本は酒井あきよし、首藤剛志、筒井ともみの共同執筆、監督は鳥海永行がそれぞれ担当。

監督
鳥海永行
出演キャスト
塩沢兼人 戸田恵子 堀勝之祐 此島愛子
1975年

告発 在日韓国人政治犯レポート

  • 1975年11月14日(金)公開
  • ナレーション

統一社プロとは、韓国民主回復統一促進国民会議(略称・韓民統)の日本本部傘下で三年前に結成された映画集団・韓民統プロの後身である。「告発」の製作・構成を担当した53歳の金慶植は、このプロダクションで「統一の炎」シリーズ四本と「尹伊桑在日レポート」--計五本の記録映画(いずれも朝鮮語版・近いうちに日本語のスーパーを入れて公開される予定)を撮っている。岡本愛彦は、金慶植の友人。「告発」は、無実にもかかわらず、反共法・国家保安法などに違反するとして韓国内で逮捕拘留され、拷問の末死刑の判決をうけている在日韓国人のいわゆる「政治犯」救援を目的として、事件の関係者の心情と、事件の真相を描いた記録映画である。(16ミリ)

監督
岡本愛彦
1969年

ブラック・コメディ ああ!馬鹿

  • 1969年6月14日(土)公開
  • 出演(高井さつき 役)

リチャード・スティガーの原作を「日本一の裏切り男」の須川栄三が、脚色、監督した異色喜劇。撮影は「フレッシュマン若大将」の相沢譲。

監督
須川栄三
出演キャスト
小沢昭一 高橋紀子 小林桂樹 中北千枝子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 此島愛子