映画-Movie Walker > 人物を探す > 赤川次郎

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2016年 まで合計16映画作品)

2016年

セーラー服と機関銃 -卒業-

  • 2016年3月5日(土)公開
  • 原作

81年に薬師丸ひろ子主演で映画化され、社会現象となった赤川次郎原作「セーラー服と機関銃」の続編を、アイドルグループ、Rev. from DVLの橋本環奈をヒロインに迎えて映画化。普通の高校生としての生活を願いながらも、ヤクザの組長である自身の立場に悩み、成長していくヒロインの姿を描く。『夫婦フーフー日記』の前田弘二が監督を務める。

監督
前田弘二
出演キャスト
橋本環奈 長谷川博己 安藤政信 大野拓朗
2001年

告別

  • 2001年7月14日(土)公開
  • 原作

人生に疲れた中年サラリーマンの心の再生を描いたファンタジー。監督は「淀川長治物語 神戸篇 サイナラ」の大林宣彦。赤川次郎による原作を基に、「あの、夏の日―とんでろ じいちゃん―」の石森史朗と大林監督が共同で脚色。撮影を「淀川長治物語 神戸篇 サイナラ」の稲垣涌三が担当している。主演は「RUSH! ラッシュ」の峰岸徹。尚、本作はデジタルBS局・BS―iのデジタル・ハイビジョン・ドラマとして制作され、『ハイブリッド・ムービー2001』の中で2001年2月24日放映された。平成13年度日本民間放送連盟賞ドラマ部門最優秀賞、ハイビジョン国際映像祭2001ドラマ部門アストロラビウム賞(最優秀賞)受賞、2000年度日本映画撮影監督協会撮影賞作品。Full HD作品。DLP上映。

監督
大林宣彦
出演キャスト
峰岸徹 勝野雅奈恵 宮崎将 清水美砂
2000年

死者の学園祭

  • 2000年8月5日(土)公開
  • 原作

 人気作家・赤川次郎の角川文庫1億冊売上突破を記念し、その長編処女作を映画化。演劇部を襲う異様な事件の謎に、映画初主演の人気女優・深田恭子が挑む学園ミステリー。

監督
篠原哲雄
出演キャスト
深田恭子 加藤雅也 根津甚八 内田朝陽
1998年

三毛猫ホームズの推理<ディレクターズ・カット>

  • 1998年2月14日(土)公開
  • 原作

北海道・函館の女子大で起こった連続殺人事件に挑む、警視庁の刑事と一匹の猫の活躍を描くディテクティヴ・コメディ。監督は「あした」の大林宣彦。赤川次郎による同名小説を、「天使のウィンク 日光猿軍団」の中岡京平が脚色。撮影を大沢栄一が担当している。主演は「不法滞在」の陣内孝則。尚、本作は96年9月にテレビ朝日系列で放送されたものに、約30分の未公開映像を加えた完全版である。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
大林宣彦
出演キャスト
陣内孝則 山本未來 井川比佐志 平幹二朗
1995年

あした

  • 1995年9月23日(土)公開
  • 原作

死者からのメッセージを受け取った、残された家族や恋人たちの別れと“あした”への旅立ちを描いた人間ドラマ。「ふたり」に続き赤川次郎の『午前0時の忘れもの』を原作に、冬の尾道の海を舞台に描かれる大林宣彦の新・尾道三部作の第二作。尾道三部作(「転校生」「時をかける少女(1983)」「さびしんぼう」)は少年・少女の甘酸っぱい青春を描いたものだったが、「ふたり」に始まる新・尾道三部作は“家族”がテーマの基調となっている。出演は「今日から俺は!!」の高橋かおり、「青春デンデケデケデケ」の林泰文、「人造人間ハカイダー」の宝生舞など。

監督
大林宣彦
出演キャスト
高橋かおり 林泰文 朱門みず穂 宝生舞

四姉妹物語(1995)

  • 1995年1月28日(土)公開
  • 原案

菓子メーカーの江崎グリコのCMが生んだキャラクター“四姉妹”を主人公に、結婚披露宴の最中に起きた殺人事件の犯人探しをコメディタッチで描いたミステリー。監督は「良いおっぱい悪いおっぱい」の本田昌広。脚本は人気作家・赤川次郎の原案を元に、「NOBODY」で切れ味の鋭い演出を魅せた大川俊道が担当している。主演の四姉妹にふんするのは、CM同様、清水美砂、牧瀬里穂、中江有里、今村雅美の四人。

監督
本田昌広
出演キャスト
清水美砂 牧瀬里穂 中江有里 今村雅美
1991年

ふたり(1991)

  • 1991年5月11日(土)公開
  • 原作

尾道を舞台に、亡き姉の幽霊に見守られながら成長していく多感な少女の姿を描く。赤川次郎原作の同名小説の映画化で、脚本は「菩提樹 リンデンバウム」の桂千穂が執筆。監督は「北京的西瓜」の大林宣彦。撮影は同作の長野重一がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
石田ひかり 中嶋朋子 富司純子 岸部一徳
1989年

どっちにするの。

  • 1989年8月27日(日)公開
  • 原作

コンピュータのミスで、突然副社長に抜擢されたOLの恋と冒険を描く。赤川次郎原作の小説『女社長に乾杯!』の映画化で、脚本・監督は「ラスト・キャバレー」の金子修介、撮影は「風の又三郎 ガラスのマント」の高間賢治がそれぞれ担当。主題歌は、中山美穂(「VIRGIN EYES」)。

監督
金子修介
出演キャスト
中山美穂 風間トオル 宮沢りえ 伊藤智恵理
1985年

早春物語

  • 1985年9月14日(土)公開
  • 原作

17歳の少女が春休みに体験した恋、同級生との交流を通じて成長するさまを描く。赤川次郎の同名小説を「刺青(1984)」の那須真知子が脚色。監督は「Wの悲劇」の澤井信一郎、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
澤井信一郎
出演キャスト
原田知世 林隆三 仙道敦子 早瀬優香子

結婚案内ミステリー

  • 1985年6月15日(土)公開
  • 原作

大企業の後継者争いにまきこまれた娘が次々に出会う謎と恐怖を描く。赤川次郎原作の同名小説の映画化で、脚本は小野竜之介、監督はこれが第一回作品となる松永好訓、撮影は「海燕ジョーの奇跡」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
松永好訓
出演キャスト
渡辺典子 渡辺謙 川地民夫 加茂さくら
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 赤川次郎