映画-Movie Walker > 人物を探す > 久里耕介

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2004年 まで合計20映画作品)

2004年

新しい風

  • 2004年12月25日(土)
  • プロデューサー

明治から大正にかけて、未開の原野であった十勝野の開拓に尽力した依田勉三の生涯を描いた青春ドラマ。厳寒の地で、幾多の困難にぶつかりながらも不屈の精神で開拓に人生を賭けた主人公を「キル・ビル」の北村一輝が体現する。

監督
松島哲也
出演キャスト
北村一輝 富田靖子 風間トオル 岩崎ひろみ
1998年

ヒロイン!

  • 1998年10月24日(土)
  • プロデューサー

商売敵で犬猿の仲の有閑マダム率いるママさんバレーボール・チームに、浪花のシングルマザーが仲間と共に勝負を挑んでいく姿を描いたスポーツ・コメディ。監督は「風の王国」の三原光尋で、本作が劇場用本篇デビュー作。脚本は久保田傑と三原監督の共同。撮影を「ロマンス」の本田茂が担当している。主演は「釣りバカ日誌8」の室井滋。関西テレビ開局40周年記念作品。大阪地区では1998年9月26日に先行公開された。

監督
三原光尋
出演キャスト
室井滋 伊原剛志 中川安奈 中尾貴子

大いなる完 ぼんの

  • 1998年12月19日(土)
  • エグゼクティブ・プロデューサー

むせかえるような熱き時代に、強い意志と情熱を持って生き抜いてゆく主人公の一生を描いたドラマ。故・田中角栄首相をモデルにした本宮ひろ志の原作を高橋伴明が監督。脚本は高橋と佐々木乃武良。撮影は佐野哲郎。主演は的場浩司。

監督
高橋伴明
出演キャスト
的場浩司 哀川翔 南野陽子 大塚寧々
1995年

哭きの竜

  • 1995年6月17日(土)
  • 製作総指揮

『月下の棋士』などの劇画で知られる能條純一の出世作『麻雀飛翔伝・哭きの竜』の待望の実写映画化。監督はこれがデビュー作となる小林要。主役の竜を演じるのは新人の川本淳一。ほかに「Zero WOMAN 警視庁0課の女」の西岡徳馬、「ミンボーの女」の中尾彬、「居酒屋ゆうれい」の三宅裕司らが脇を固める。

監督
小林要
出演キャスト
川本淳一 西岡徳馬 荒井乃梨子 軍司眞人
1993年

空がこんなに青いわけがない

  • 1993年2月20日(土)
  • プロデューサー

商事会社勤めのサラリーマン一家の絆が徐々に薄れていく微妙な日常を、独特のズレで淡々と綴ったドラマ。劇団・東京乾電池で活躍する傍ら、映画、テレビ、CM等で個性的な役割を持つ俳優・柄本明の初監督作であり、相米慎二が製作(共同)にあたったのも話題の一つ。脚本の田村和義は現役サラリーマン。尾美としのり、高田純次、竹中直人、渡辺えり子などの個性派俳優が脇を固め、東京乾電池の役者も総出演している。

監督
柄本明
出演キャスト
三浦友和 夏川結衣 久我美子 岸本加世子
1992年

パテオ PATIO

  • 1992年11月14日(土)
  • プロデューサー

“パテオの赤いバラ”と呼ばれる神秘の秘宝を巡って、消息不明の婚約者を追う女とその級友が国際的規模の事件に巻き込まれるサスペンス。PART1とPART2はテレビ放映され(フジテレビ系、PART1=9月18日、PART2=10月23日)、完結編となるPART3が劇場公開されるというマルチミックス形式での公開。監督は楠田泰之で、本作が劇場映画デビュー。原作は楠田泰之と吉本昌弘、脚本は吉本昌弘、撮影は栢野直樹が担当。

監督
楠田泰之
出演キャスト
菊池桃子 加勢大周 保阪尚希 鈴木京香
1991年

アジアン・ビート アイ・ラブ・ニッポン

  • 1991年8月31日(土)
  • 製作総指揮

国際都市TOKYOを舞台に、日本人青年の愛と反抗を描くサスペンス・アクション。日本、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア、香港のアジア六カ国の若手監督たちが連作する多国籍ムービー、「アジアンビート」シリーズ第一弾。監督は、これが長編デビューとなる天願大介。出演は永瀬正敏、ルビー・モレノほか。

監督
天願大介
出演キャスト
永瀬正敏 ルビー・モレノ ユキオヤマト 鰐淵晴子
1990年

風の名はアムネジア

  • 1990年12月22日(土)
  • エクゼクティブ・プロデューサー

突如世界に吹き荒れた謎の風によって、記憶喪失症になってしまった人類の軌跡を求めて旅立つ少年の姿を描く近未来SFアニメ。菊地秀行原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「ファイブスター物語」のやまざきかずお。共同脚本は「迷宮物語」(第二話)の川尻善昭と倉田研次。作画監督は中村悟と「ヴイナス戦記」の仲盛文がそれぞれ担当。

監督
やまざきかずお
出演キャスト
矢尾一樹 戸田恵子 山口勝平 日高のり子

ZIPANG

  • 1990年1月27日(土)
  • プロデューサー

伝説の黄金の国ジパングを巡って、七つの刀を持つ無敵の男、地獄極楽丸の活躍を描く。原作・脚本・監督は「二十世紀少年読本」の林海象で、原作・脚本は栗田教行と共同で執筆、撮影は「ウンタマギルー」の田村正毅がそれぞれ担当。

監督
林海象
出演キャスト
高嶋政宏 安田成美 ベンガル 佐野史郎
1989年

帝都大戦

  • 1989年9月15日(金)
  • プロデューサー

帝都・東京を滅ぼそうとする魔人と、それをくい止めようとする平将門の末裔との戦いを描くSFXアクション。「帝都物語」のシリーズ第2弾で、荒俣宏原作の『帝都物語・戦争篇』の映画化。脚本は「精霊のささやき」の植岡喜晴と李美儀が共同で執筆。総監督は「孔雀王」の藍乃才、監督は同作の製作総指揮・一瀬隆童、アクション監督は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の郭追、撮影は「トップファイター」の安藤庄平がそれぞれ担当。主題歌は、ジャニス・イアン(「HEAVEN KNOWS」)。

監督
藍乃才 一瀬隆重
出演キャスト
加藤昌也 南果歩 嶋田久作 野沢直子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 久里耕介