映画-Movie Walker > 人物を探す > 長谷直美

年代別 映画作品( 1975年 ~ 2019年 まで合計12映画作品)

2019年

TOKYO24

  • 2019年公開
  • 出演(東條真知子 役)

監督
寺西一浩 軽部進一 岡田主
出演キャスト
寺西優真 キム・グァンス 葉加瀬マイ 長谷直美
2016年

キリマンジャロは遠く

  • 2016年10月29日(土)公開
  • 出演

「仁義なき戦い」の片桐竜次俳優生活45周年記念初主演の和製フィルムノワール。見知らぬ男たちに襲われて入院した元刑事の取り立て屋・杉村は、喫茶店のマスター・柳田と知り合う。退院後、杉村が喫茶店を訪れると、過去の因縁を背負った人間たちが現れる。出演は、「陽光桜 YOKO THE CHERRY BLOSSO」の長谷直美、「都市霊伝説 心霊工場」の石原あつ美、「6月6日」の田中俊、「リュウセイ」の四方堂亘。監督は、「さらば あぶない刑事」脚本の柏原寛司。劇場公開に先駆け、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016にて上映された(上映日:2016年2月26日)。

監督
柏原寛司
出演キャスト
片桐竜次 長谷直美 石原あつ美 田中俊

お元気ですか?

  • 2016年10月15日(土)公開
  • 出演

「復讐したい」の室賀厚監督によるヒューマンドラマ。小学校の恩師や学生時代の友人に「お元気ですか?」と旅先から電話を掛ける冴子。旅の途中で出会った若い医大生カップルの仲睦まじさにふと表情を曇らせるが、冴子はなおも義姉やママ友に電話を掛け続ける。出演は「苺の破片(イチゴノカケラ)」の宮澤美保、「かくて女神は笑いき」の加藤藍子、「6月6日」の田中俊、「64 ロクヨン」の菅田俊、「陽光桜 YOKO THE CHERRY BLOSSOM」の長谷直美。撮影監督を「沖縄 うりずんの雨」の加藤孝信、音楽を「ソロモンの偽証」の安川午朗が担当する。

監督
室賀厚
出演キャスト
宮澤美保 丸山隼人 加藤藍子 田中俊
2015年

陽光桜-YOKO THE CHERRY BLOSSOM-

  • 2015年11月21日(土)公開
  • 出演(会田キヨ子 役)

戦死した教え子たちの鎮魂と世界恒久平和への願いを託し桜の新品種「陽光」を生みだした元教師の実話を映画化。各戦地で若き命を落とした生徒たちの慰霊のため、高岡正明はどのような気候でも花を咲かせる桜の新種作りに半生を捧げるが……。原作・脚本・監督は「ポチの告白」の高橋玄。出演は「武士の一分」の笹野高史、「ナニワ銭道」の的場浩司、「おもちゃ」の宮本真希、「女帝 春日局」の長谷直美。2015年11月14日より愛媛県シネマルナティックにて先行上映。

監督
高橋玄
出演キャスト
笹野高史 的場浩司 宮本真希 長谷直美
1990年

女帝 春日局

  • 1990年1月20日(土)公開
  • 出演(浮舟 役)

徳川三百年の歴史の中一代で『女帝』の名を裕しいままにした、本名おふくこと春日局の謎につつまれた半生を描く。原作・脚本は「極道の妻たち 三代目姐」の高田宏治が執筆、監督は「瀬降り物語」の中島貞夫、撮影は「あ・うん」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
十朱幸代 名取裕子 鳥越マリ 草笛光子
1988年

肉体の門(1988)

  • 1988年4月9日(土)公開
  • 出演(乾美乃 役)

終戦直後の東京で娼婦としてたくましく生きる女たちの姿を描く。田村泰次郎原作の同名小説の五度目の映画化で、脚本は「吉原炎上」(脚本構成)の笠原和夫が執筆。監督は同作の五社英雄、撮影は「竜馬を斬った男」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
かたせ梨乃 加納みゆき 山咲千里 長谷直美
1982年

ウィーン物語 ジェミニ・YとS

  • 1982年12月18日(土)公開
  • 出演(柴田京子 役)

ウィーンの都を舞台に宿命の星の下に生まれた双子の兄と弟の謎を描く。脚本は高橋玄洋と藤公之介と「グッドラックLOVE」の河崎義祐の共同執筆、監督も河崎義祐、撮影も同作の上田正治がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
田原俊彦 野村義男 近藤真彦 山村聡
1981年

日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章

  • 1981年9月19日(土)公開
  • 出演(大田千恵 役)

一九五六年に創立され十七年目の一九七二年、経営主である放送局に資金援助を打ち切られ、解散を余儀無くされた日本フィルハーモニー交響楽団が存続を希望する楽団員たちによって独自の道を歩むまでを描く。今崎暁巳の『友よ、未来をうたえ』『続・友よ未来をうたえ』の映画化で、脚本は「看護婦のオヤジがんばる」の神山征二郎と今崎暁巳の共同執筆、監督も同作の神山征二郎、撮影は「悪女軍団」の森勝がそれぞれ担当。

監督
神山征二郎
出演キャスト
風間杜夫 田中裕子 内藤武敏 浜田光夫
1980年

ミスターどん兵衛

  • 1980年4月5日(土)公開
  • 出演(拓二の恋人・尚美 役)

斜陽といわれる映画界の権威主義を風刺したり、巨匠監督をコキおろしたり、映画製作にまつわる悲喜こもごものエピソードを描く。山城新伍が出演し、アイデアも出していた「キツネどん兵衛」のテレビCMが人気を博したことから、それを一本の映画にふくらましたもの。山城新伍が企画、製作、脚本、監督、主演の五役、他に脚本を「十代 恵子の場合」の内藤誠、梶間俊一が共同で執筆、撮影は「トラック野郎 熱風5000キロ」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
山城新伍
出演キャスト
山城新伍 川谷拓三 長谷直美 住吉正博
1976年

激突!若大将

  • 1976年5月29日(土)公開
  • 出演(和子 役)

草刈正雄・若大将シリーズ第二作目。今回はアイスホッケーのエースとなった若大将の活躍を描く。脚本は「パリの哀愁」の田波靖男、監督は「はつ恋」の小谷承靖、撮影は「陽のあたる坂道(1975)」の上田正治がそれぞれ担当。

監督
小谷承靖
出演キャスト
草刈正雄 フランキー堺 関根恵子 坂口良子
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 長谷直美

ムービーウォーカー 上へ戻る