映画-Movie Walker > 人物を探す > 南寿美子

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1983年 まで合計110映画作品)

1983年

ズームアップ 卒業写真

  • 1983年3月25日(金)公開
  • 出演(陽子の母 役)

アルバイトでビニ本のモデルをやる女子大生の姿を描く。脚本は「時代屋の女房」の荒井晴彦、監督は「聖子の太股 ザ・チアガール」の川崎善広、撮影は「肉奴隷 悲しき玩具」の米田実がそれぞれ担当。

監督
川崎善広
出演キャスト
中村れい子 小泉ゆか 中井ミカ 関川慎二
1981年

団鬼六 女美容師縄飼育

  • 1981年11月27日(金)公開
  • 出演(綾子 役)

偶然に知り合ったカメラマンのアブノーマルなSMセックスの虜となる美容師を描く。脚本、監督は「団鬼六 女教師縄地獄」の伊藤秀裕、撮影は「ズームアップ 暴行白書」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
伊藤秀裕
出演キャスト
麻吹淳子 志麻いづみ 沢木美伊子 中丸信
1980年

女高生 危険なめばえ

  • 1980年1月19日(土)公開
  • 出演(石橋富美 役)

親の留守に旅に出たツッパリ女子高生が有力者の政略結婚に巻き込まれる騒動を描く。脚本は「高校エロトピア 赤い制服」の鹿水晶子、監督は「看護婦日記 いたずらな指」の白鳥信一、撮影は「透明人間 犯せ!」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
白鳥信一
出演キャスト
森村明美 古沢由起 小川亜佐美 吉澤一朗
1978年

縄地獄

  • 1978年6月24日(土)公開
  • 出演(絹子 役)

暴力団を追放された男の復讐事件に巻き込まれ、惨めに変貌していく女の姿を描く、団鬼六原作の同名小説の映画化。脚本は「信州シコシコ節 温泉芸者VSお座敷ストリッパー」の今野恭平と「修道女ルシア 辱す(けがす)」の小原宏裕の共同執筆、監督は小原宏裕、撮影は「先生のつうしんぼ」の仁村秀信がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
谷ナオミ 青木奈美 井上博一 高木均

襲え!

  • 1978年4月15日(土)公開
  • 出演(河島信江 役)

公害病で両親を亡くした女性が、公害企業に復讐をはたしながらも悲惨な結末を迎える。脚本は斎藤憐 と斉藤信幸の共同執筆、監督は「卒業五分前 群姦(リンチ)」の沢田幸弘、撮影は「出張トルコ また行きます」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
沢田幸弘
出演キャスト
宮井えりな 藤真琴 武井一仁 堀礼文
1977年

東京チャタレー夫人

  • 1977年8月20日(土)公開
  • 出演(加納悦子 役)

「東京エマニエル夫人」に続く、ファッション・ポルノ第二弾。大財閥の夫人として上流社会に生き、下半身不随の夫につくす美緒。そんな美緒の女の性が、ふとした事から芽生え、上流社会を去るまでを描く。脚本は「宇能鴻一郎の上と下」の大工原正泰、監督は「中山あい子未亡人学校より 濡れて泣く」の藤井克彦、撮影は「実録不良少女 姦」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
藤井克彦
出演キャスト
志麻いづみ 真家宏満 椎谷建治 梓ようこ

発禁本「美人乱舞」より 責める!

  • 1977年2月23日(水)公開
  • 出演(タエの母・かね 役)

責めの研究の大家・伊藤晴雨を中心に、責めをタテ糸に、おどろおどろした血の因果をヨコ糸に描く。脚本は「学生情婦 処女の味」のいどあきお、監督は「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」の田中登、撮影は「レイプ25時 暴姦」の森勝がそれぞれ担当。

監督
田中登
出演キャスト
宮下順子 山谷初男 南寿美子 工藤麻屋
1976年

団地妻 (秘)出張売春

  • 1976年10月9日(土)公開
  • 出演(円山鶴子 役)

日活ロマン・ポルノの“団地妻”シリーズの一篇。高原の避暑地を舞台に、アバンチュールを味わった団地妻が、売春グループに引きずり込まれる姿を描く。脚本は「女教師 童貞狩り」の鹿水晶子と村田晴彦の共同、監督は「好色演技 濡れ濡れ」の白井伸明、撮影は「嗚呼!! 花の応援団」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
白井伸明
出演キャスト
宮井えりな 田中清治 横山直人 北斗レミカ

禁断・制服の悶え

  • 1976年3月19日(金)公開
  • 出演(雨宮奈々江 役)

少女から大人へ急速に成熟していく女高生と、彼女に絡む男たちとのセックスを描く。脚本は「新妻地獄」の久保田圭司、監督は「SEX野郎 (秘)移動売春」の林功、撮影は竹内茂三がそれぞれ担当。

監督
林功
出演キャスト
東てる美 珠瑠美 鶴岡修 影山英俊
1975年

赤線飛田遊廓

  • 1975年5月10日(土)公開
  • 出演(ハル 役)

赤線シリーズ第4作目で、「東の吉原、西の飛田」と並び称された大阪の飛田遊廓を舞台に娼婦の哀感を描く。脚本は「レスビアンの世界 恍惚」の宮下教雄、監督は「新・団地妻 売春グループ13号館」の西村昭五郎、撮影は「女子大生 モーテル歌麿遊び」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
片桐夕子 星まり子 花上晃 谷文太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 南寿美子