映画-Movie Walker > 人物を探す > ダッドリー・ディグス

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1955年 まで合計23映画作品)

1931年

支配する声

  • 1931年公開
  • 出演(Snead 役)

「都会の世紀末」「光に叛く者」のウォルター・ヒューストンが主演する映画で原作は「ワイオミングの男」「放浪船」の監督者ローランド・V・リーとが共力して書き、「繁昌娘」のロバート・ロードが脚色し、「特集社会面」のバイロン・モーガンが台詞を執筆、ローランド・V・リー自らメガフォンをとったもので助演者は「繁昌娘」「キスメット(1930)」のロレッタ・ヤング、「シンガポール航路」のドリス・ケミヨン、「愛する権利(1930)」のデイヴィッド・マナース、ジョン・ハリデイ等でキャメラは「特集社会面」「繁昌娘」のソル・ボリトが担当。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン ロレッタ・ヤング ドリス・ケニヨン デイヴィッド・マナース

マルタの鷹(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(Gutman 役)

ダシール・ハメットの小説を映画化したもので脚色並びに台詞はモード・フルトン、ブラウン・ホームズの2人があたり、監督は「スパイ(1930)」「近代エロ双紙」のロイ・デル・ルースが受持ち「四十八手の裏表」のウィリアム・リースが撮影した。主なる出演者は「近代エロ双紙」「愛の訪れ」のビービー・ダニエルススをはじめ「モンタナの月」「ハア・マン」のリカルド・コンテス、「コウモリは囁く」のユーナ・マーケル、ロバート・エリオット、ダッドリー・ディグス、セルマ・トッド、オットー・マテイーソン等々である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ビービー・ダニエルス リカルド・コルテス ダッドリー・ディグス ウナ・マーケル
1929年

曳かれゆく男

  • 1929年公開
  • 出演(Vidal 役)

「ブルドッグ・ドラモンド」「海のロマンス」と同じくロナルド・コールマンが主演する映画で、ブレア・ナイルス原作の小説から「ブルドッグ・ドラモンド」のシドニー・ハワードが脚本を執筆し「ストリート・ガール」「うわさ」のウェズリー・ラッグルズが監督し、「海のロマンス」「これぞ天国」のジョージ・バーンズとグレッグ・トーランドが撮影した。助演者は舞台出のアン・ハーディング、最近物故したルイズ・ウォルハイム、ダッドリー・デッジェス、ウィリアム・エルマー、アルバート・キングスレーその他である。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ロナルド・コールマン アン・ハーディング ダッドリー・ディグス ルイス・ウォルハイム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダッドリー・ディグス