映画-Movie Walker > 人物を探す > さだまさし

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2015年 まで合計15映画作品)

2015年

劇場版 さだまさし 大誕生会!! The Birthday Party in Masashi SUPER ARENA SELECTION

  • 2015年6月27日(土)公開
  • 出演

2012年4月10日に一夜限りで行われた伝説のさだまさし60歳記念コンサートの模様を収めた映像を、イオンシネマにて期間限定で上映。南こうせつ、谷村新司、鈴木雅之、岩崎宏美、ももいろクローバーZなど、豪華アーティストも多数出演。『関白宣言』、『北の国から ~遙かなる大地より~』など数々の名曲が披露される。

出演キャスト
さだまさし 南こうせつ 谷村新司 平原綾香
2009年

ぼくとママの黄色い自転車

  • 2009年8月22日(土)公開
  • 主題曲/主題歌

新堂冬樹のベストセラー小説を「子ぎつねヘレン」の河野圭太監督が映画化した感動作。母親に会うために旅に出た少年が、その途中で多くの優しさに触れ成長する姿を描きだす。

監督
河野圭太
出演キャスト
武井証 阿部サダヲ 西田尚美 甲本雅裕
2007年

眉山 びざん

  • 2007年5月12日(土)公開
  • 原作

原作は「精霊流し」のさだまさしのベストセラー小説。主役の母娘を宮本信子と松嶋菜々子、医師・寺澤を大沢たかおが演じ、家族や恋人、故郷の大切さをうたった感動ドラマ。

監督
犬童一心
出演キャスト
松嶋菜々子 大沢たかお 宮本信子 円城寺あや
2005年

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪

  • 2005年8月27日(土)公開
  • 出演(刑事 役)

名コンビ、ハマちゃん&スーさんの釣りバカ珍道中を描く人気シリーズ最新作。今回は伊東美咲や、バラエティ番組などで活躍中のボビー・オロゴンをゲストに迎えて、長崎を舞台に、またまたハマちゃんが騒動を繰り広げる。

監督
朝原雄三
出演キャスト
西田敏行 三國連太郎 金子昇 伊東美咲
2004年

解夏(げげ)

  • 2004年1月17日(土)公開
  • 原作、主題歌

アーティスト、さだまさしの同名小説を映画化。失明という突然の不幸に見舞われた青年がさまざまな人との出会いを通して、生きることの大切さを知るドラマチックな感動作。

監督
磯村一路
出演キャスト
大沢たかお 石田ゆり子 富司純子 松村達雄
1998年

学校III

  • 1998年10月17日(土)公開
  • 出演(北 役)

東京の下町にある職業訓練校に通い始めたひとりの中年女性を中心に、人生の再出発をかけてそこに集った人々の心の触れ合いを描いたヒューマン・ドラマ。監督は「虹をつかむ男南国奮斗篇」の山田洋次。脚本は、山田監督自身による原作と鶴島緋沙子の『トミーの夕陽』を基に、「釣りバカ日誌10」の朝間義隆と山田監督が共同執筆。撮影を「てなもんや商社」の長沼六男が担当している。主演は「GONIN2」の大竹しのぶと「あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE」の小林稔侍。日本テレビ放送網開局45年記念作品。キネマ旬報日本映画ベスト6位。

監督
山田洋次
出演キャスト
大竹しのぶ 小林稔侍 黒田勇樹 田中邦衛
1997年

栄光へのシュプール 猪谷千春物語

  • 1997年9月13日(土)公開
  • 主題歌

冬季オリンピック、アルペン競技種目において日本人唯一のメダリストである猪谷千春の半生を描いた長編伝記アニメーション。監督は「Pipi とべないホタル」の奥脇雅晴。和田登による原作を今泉俊昭が脚色。撮影を諌川弘が担当している。

監督
奥脇雅晴
出演キャスト
岡村明美 坪井智浩 大塚明夫 田中敦子
1995年

  • 1995年10月10日(火)公開
  • 音楽、歌

大正から昭和にかけての20年にも及ぶ変転を、多彩な人間模様を通して描いた文芸ドラマ。監督は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の降旗康男。原作は、東映京都撮影所での映画化が、「鬼龍院花子の生涯」に始まって「陽暉楼」「序の舞」「櫂」「夜汽車」「寒椿」と続いてこれが7作目にあたる宮尾登美子。主演は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の浅野ゆう子と、これが映画デビューとなる一色紗英。また松方弘樹が共演のほか、自らエグゼクティブ・プロデューサーもつとめている。

監督
降旗康男
出演キャスト
浅野ゆう子 一色紗英 夏川結衣 西島秀俊
1994年

第2回欽ちゃんのシネマジャック

  • 1994年9月23日(金)公開
  • 監督、音楽、ナレーション

15分映画の5本立、1本300円、料金は見た本数分だけ自己申告で払うというユニークな上映方式で93年大きな話題を集めた、萩本欽一の製作総指揮による「欽ちゃんのシネマジャック」の第2弾。第1回に続き、萩本欽一監督による「なんかへん?」の第2作、「生きる」に続く山本晋也監督の「食べる」の他、アニメーションなど全6作。おまけとして前回一般公募した新人監督による1分間映画も。

監督
萩本欽一 山本晋也 さだまさし 石黒昇
出演キャスト
渡哲也 宮沢りえ 仲代達矢 関根勤
1987年

次郎物語(1987)

  • 1987年7月4日(土)公開
  • 音楽、主題歌

親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。原作は下村湖人の同名小説、脚本は「白い野望」の井手雅人、監督は「きみが輝くとき」の森川時久、撮影は「親鸞 白い道」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
森川時久
出演キャスト
加藤剛 高橋恵子 伊勢将人 樋口剛嗣

関連ニュース

岡田将生が『アントキノイノチ』に主演してちゃんと伝えたくなった言葉とは?
岡田将生が『アントキノイノチ』に主演してちゃんと伝えたくなった言葉とは?(2011年11月17日)

現在22歳。『重力ピエロ』(09)、『告白』『悪人』(いずれも10)と作品を重ねるごとに、日本映画界を面白くする存在へと変貌を遂げている俳優・岡田将生。最新主演…

全裸シーンの撮影は緊張した! 岡田将生が『アントキノイノチ』撮影時の裏話を暴露
全裸シーンの撮影は緊張した! 岡田将生が『アントキノイノチ』撮影時の裏話を暴露(2011年10月24日)

複雑な過去を持つ若者たちの心の再生を描いた、さだまさしによる同名小説の映画化作品『アントキノイノチ』(11月19日公開)。10月24日、本作のトークイベントが東…

『アントキノイノチ』岡田将生、榮倉奈々の遺品整理業姿を公開&新キャスト決定
『アントキノイノチ』岡田将生、榮倉奈々の遺品整理業姿を公開&新キャスト決定(2011年4月28日)

2009年に発売された、さだまさしの同名原作を映画化、命の意味を知る感動物語『アントキノイノチ』(今秋公開)に出演する岡田将生、榮倉奈々たちの“遺品整理業”のユ…

さだまさし原作「アントキノイノチ」が岡田将生&榮倉奈々主演で映画化!
さだまさし原作「アントキノイノチ」が岡田将生&榮倉奈々主演で映画化!(2011年2月24日)

男女ふたりの若者を通じて、命の意味を知る感動物語、さだまさし原作「アントキノイノチ」が、岡田将生と榮倉奈々の主演で映画化されることが決定した。 岡田将生と榮倉奈…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > さだまさし