映画-Movie Walker > 人物を探す > 新田昌玄

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1998年 まで合計29映画作品)

1998年

ちぎれ雲 いつか老人介護

  • 1998年11月21日(土)公開
  • 出演(奥山 役)

ひょんなことから高齢化社会の現実に直面することになったOLが、様々な人との交流を通して成長していく姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「男ともだち」の山口巧で、脚本も自らが執筆。撮影を「痴漢白書8」の寺沼範雄が担当している。主演は、「OL忠臣蔵」の細川直美と「カンゾー先生」の田中実。厚生省推薦、文部省選定作品。

監督
山口巧
出演キャスト
細川直美 田中実 南美江 篠田三郎
1987年

若人よ いのちと愛のメッセージ

  • 1987年11月6日(金)公開
  • 出演

高校生たちが初めて直面する妊娠、そして退学という文ぢに真摯に取り組み、性教育の必要性を痛感する高校教師たちの勇気ある行動を描いた教育映画で、無責任な性情報が氾濫している社会に警鐘を鳴らしている。高校生のSEX体験率が20パーセントを越えているという現代では、創られるべくして創られた映画といえそうである。監督は槇坪夛鶴子。

監督
槇坪夛鶴子
出演キャスト
大高直子 久保田理香 新田昌玄 増田順子
1982年

海峡

  • 1982年10月16日(土)公開
  • 出演(江藤滝蔵 役)

本州と北海道の間にトンネルを掘ろうとする男達と、彼らを見つめる女たちの姿を描く。岩川隆の同名の原作の映画化で、脚本は井手俊郎と「漂流」の森谷司郎の共同執筆、監督も森谷司郎撮影は「駅/STATION」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
森谷司郎
出演キャスト
高倉健 吉永小百合 三浦友和 大谷直子
1981年

巣立ちのとき 教育は死なず

  • 1981年11月14日(土)公開
  • 出演(臼田 役)

絶対に退学者をださないという教育方針をつらぬく高校を舞台に、全国から集まった落ちこほれ生徒と教師のふれあいを描く。若林繁太の同名の原作の映画化で、脚本・監督はこの作品がデビュー作となる板谷紀之、撮影は「三本足のアロー」「くるみ割り人形」の杉田安久利がそれぞれ担当。

監督
板谷紀之
出演キャスト
長門裕之 江利チエミ 陶隆司 新田昌玄

日本の熱い日々 謀殺・下山事件

  • 1981年11月7日(土)公開
  • 出演(吉川捜査係長 役)

昭和二十四年に起きて今だに多くの謎を残す、国鉄初代総裁下山定則が列車線路上に轢断死体で発見された“下山事件”を改めて追求する。矢田喜美雄の原作「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の映画化で、脚本は「犬笛」の菊島隆三、監督は「天平の甍」の熊井啓、撮影は「翔べイカロスの翼」の中尾駿一郎がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
仲代達矢 山本圭 浅茅陽子 岩崎加根子
1980年

花街の母

  • 1980年1月26日(土)公開
  • 出演(間宮医師 役)

実の娘を妹と偽らなければ育てられない、特殊なしきたりの花街を舞台に、娘の花嫁姿を夢見て健気に生きていく母親の姿を描く。金田たつえが歌う同名の涙のヒット曲の映画化で、脚本は村尾昭と中島信昭の共同執筆、監督は「お嫁にゆきます」の西河克己、撮影は「MR.ジレンマン 色情狂い」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
松尾嘉代 古手川祐子 大熊なぎさ 戸塚ゆ加里

動乱

  • 1980年1月15日(火)公開
  • 出演(安井大尉 役)

昭和史の起点となった五・一五事件から二・二六事件までの風雲急を告げる時を背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛を描いたもので第一部「海峡を渡る愛」、第二部「雪降り止まず」の二部構成になっている。脚本は「英霊たちの応援歌 最後の早慶戦」の山田信夫、監督は「聖職の碑」の森谷司郎、撮影は「天使の欲望」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
森谷司郎
出演キャスト
高倉健 吉永小百合 米倉斉加年 田村高廣
1973年

日本沈没(1973)

  • 1973年12月29日(土)公開
  • 出演(小野寺の兄 役)

日本海溝の異変から日本列島が沈没すると予測した博士を中心に、日本民族救出のためのプロジェクト・チームが秘密裡に結成され、活動する様を、列島が大異変をくり返しながら沈没するまでを描く。脚本は「現代任侠史」の橋本忍、監督は「放課後」の森谷司郎、撮影は「日本侠花伝」の村井博と、木村大作がそれぞれ担当。

監督
森谷司郎
出演キャスト
藤岡弘 いしだあゆみ 小林桂樹 滝田裕介
1972年

子連れ狼 三途の川の乳母車

  • 1972年4月22日(土)公開
  • 出演(左天馬 役)

原作・小池一夫、劇画小島剛夕のコンビによる、『漫画アクション』に連載中の『子連れ狼』の映画化第二作目。脚本は「子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる」の小池一夫。監督も同作の三隅研次。撮影も同作の牧浦地志がそれぞれ担当。

監督
三隅研次
出演キャスト
若山富三郎 松尾嘉代 大木実 新田昌玄
1971年

激動の昭和史 沖縄決戦

  • 1971年8月14日(土)公開
  • 出演(天野少将 役)

沖縄戦を舞台に、十万の軍人と十五万の民間人の運命を描く。脚本は「裸の十九才」の新藤兼人。監督は「座頭市と用心棒」の岡本喜八。撮影は「学園祭の夜 甘い経験」の村井博がそれぞれ担当。1971年7月17日より、東京・日比谷映画にて先行ロードショー。

監督
岡本喜八
出演キャスト
小林桂樹 丹波哲郎 仲代達矢 森幹太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 新田昌玄