TOP > 人物を探す > 麻生みちこ

年代別 映画作品( 1981年 ~ 1983年 まで合計8映画作品)

1983年

ピンクカット 太く愛して深く愛して

  • 1983年1月21日(金)
  • 出演(岸田峰子 役)

お色気サービス付きの床屋を経営しながら学校へも通う女子大生と、就職試験で失敗を繰り返す青年の恋を描く。脚本は「あんねの子守唄」の木村智美と「(本)噂のストリッパー」の森田芳光の共同執筆、監督も森田芳光、撮影は鈴木耕一がそれぞれ担当。

監督
森田芳光
出演キャスト
寺島まゆみ 井上麻衣 渡辺良子 山口千枝
1982年

温泉芸者 湯舟で一発

  • 1982年12月3日(金)
  • 出演(サセ子 役)

温泉郷を舞台に、旅館の主人と芸者たちが繰り広げる騒動を描く。脚本は富田保明と「くいこみ海女 乱れ貝」の藤浦敦の共同執筆、監督も藤浦敦、撮影は「聖子の太股 女湯小町」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
藤浦敦
出演キャスト
三崎奈美 川村真樹 美野真琴 水木薫

聖子の太股 女湯小町

  • 1982年10月29日(金)
  • 出演(母親 役)

家業を手伝う下町の銭湯の看板娘を描く。脚本は前田順之介、監督は「聖子の太股 ザ・チアガール」の中原俊、撮影は「(本)噂のストリッパー」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
中原俊
出演キャスト
寺島まゆみ 水木薫 小林宏史 掛田誠

キャバレー日記

  • 1982年6月25日(金)
  • 出演(しのぶ 役)

激しい売り上げ競争に明暮れるキャバレーチェーンのある店を舞台に、そこに生きるホステスと社員たちの姿を描く。和田平介の原作の映画化で、脚本は「遠雷」の荒井晴彦、監督も同作の根岸吉太郎、撮影は「犯され志願」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
竹井みどり 伊藤克信 岡本広美 青山恭子
1981年

天使のはらわた 赤い淫画

  • 1981年12月25日(金)
  • 出演(デパートガール 役)

不本意にもビニ本のモデルにされてしまい、恋人に去られ、会社も辞めさせられて堕ちていく女の姿を描く。石井隆の原作の映画化で、脚本も石井隆、監督は「ひと夏の体験 青い珊瑚礁」の池田敏春、撮影は「あそばれる女」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
池田敏春
出演キャスト
泉じゅん 阿部雅彦 伊藤京子 沢木美伊子

悪女軍団

  • 1981年10月23日(金)
  • 出演(相原めぐみ 役)

ヤクザの親分が殺され、残された若い後妻と二人の娘が凄絶な復讐を遂げるまでを描く。勝目梓の同名の小説の映画化で、脚本は「吼えろ鉄拳」の鈴木則文、監督は「見せたがる女」の小沼勝、撮影は「団鬼六 女教師縄地獄」の森勝がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
八並映子 風祭ゆき 泉じゅん 広井純

ズームアップ 暴行白書

  • 1981年10月9日(金)
  • 出演(トルコ嬢 役)

理由もわからず暴走族集団にレイプされる人妻と背後に隠されたサスペンスを描く。飯干晃一の原作の映画化で、脚本は「密猟妻奥のうずき」のいとあきお、監督は「女教師のめざめ」の藤井克彦、撮影は「遠雷」の安藤圧平がそれぞれ担当。

監督
藤井克彦
出演キャスト
風祭ゆき 平瀬りえ 川村真樹 河西健司

女高生 恥ずかしい瞬間

  • 1981年9月11日(金)
  • 出演(節子 役)

セックスに対して好奇心旺盛な女高生のバージン喪失のエピソードを描く。脚本は「もっと激しくもっとつよく」の鹿水晶子、監督は「欲情まんかい 若妻同窓会」の白鳥信一、撮影は「団鬼六 女教師縄地獄」の森勝がそれぞれ担当。

監督
白鳥信一
出演キャスト
寺島まゆみ 森村陽子 麻生みちこ 早川由美

麻生みちこの関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 麻生みちこ