TOP > 映画監督・俳優を探す > ドン・レンザー

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2009年 まで合計5映画作品)

2009年

The Audition メトロポリタン歌劇場への扉

  • 2009年6月6日(土)
  • 撮影

世界屈指の名門、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場が毎年行うナショナル・カウンシル・オーディションの様子をとらえたドキュメンタリー。2007年のオーディションで最終選考に勝ち進んだ出場歌手11人の最後の1週間を、シネマ・ヴェリテの手法で追う。監督は、「LaLee’s Kin」のスーザン・フロムキー。

監督
スーザン・フロムスキー ニコラス・パレセン
出演キャスト
アレック・シュレイダー マイケル・ファビアーノ ライアン・スミス アンジェラ・ミード
1992年

ハーレム135丁目 ジェイムズ・ボールドウィン抄

  • 1992年9月19日(土)
  • 撮影

アメリカ文学史上最も重要な作家のひとりとして、また黒人公民権運動の活動家として知られ、87年に死去したジェイムズ・ボールドウィンの生涯と思想を描いたドキュメンタリー・フィルム。監督・製作・脚本はジャーナリスト出身のカーレン・トーセン、共同製作はウィリアム・マイルズ、エグゼクティヴ・プロデューサーはスーザン・レイシーとアルバート・メイスルズ、共同脚本はダグラス・K・デンプシー、撮影はドン・レンザーが担当。日本版字幕はJ・ラッセルと朴和美。ヨーロッパ15ヶ国107のフィルム・アーカイブから集めたボールドウィン生前のフィルムを中心に、親しかった友人、家族、編集者、恋人などへのインタヴューを交えながら、彼の生まれ育ったニューヨークのハーレムに始まり、パリ、イスタンブール、コネチカット、スイスと、彼の魂の旅を丹念に辿っていく。挿入される生前の姿は、大きな瞳と説得力のある言葉が印象に残る。

監督
カーレン・トーセン
出演キャスト
1990年

カリプソ天国

  • 1990年7月6日(金)
  • 撮影

カリプソ・ミュージックの特質を描いたコンサート・ドキュメンタリー。カリプソの大物であるロード・キチナーをメインに、カリプソ・ローズ、ブラック・スターリン、デイヴィッド・ラダー、マイティ・デュークなどが出演する。監督と編集はカヴェリー・ドゥッタ。製作はドゥッタとブペンダー・カウル。撮影はドン・レンザー。アリス・ウェーバー。録音はナイジェル・ノーブルとピーター・ミラー。

監督
カヴェリー・ドゥッタ
出演キャスト
Lord Kitchener Calypso Rose Black Stalin David Rudder
1986年

マザー(1982)

  • 1986年1月5日(日)
  • 撮影

黒人の宗教音楽である“ゴスペル”音楽の魅力をドキュメントした映画。製作・監督はジョージ・T・ニーレンバーグ、共同製作はカレン・ニーレンバーグ、撮影はエド・ラックマン、ドン・レンザー、編集はポール・バーンズ、音楽はダニー・マイケル、ジョン・ハンプトン、ニーロン・クロフォードが担当。出演はウィリー・マー・フォード・スミス、トーマス・A・ドーシィ、サリー・マーティンほか。映画は黒人の宗教音楽であるゴスペル音楽の歴史をその代表的な曲目で綴ってゆく。ゴスペル音楽の2人の偉大な存在、ウィリー・メイ・フォード・スミスとトーマス・ドーシィが人生を語り、ゴスペルを語り、そして歌う姿が捉えられる。マス・ドーシィは、ブルースシンガー&ピアニストとして、人気を得ながら、突如宗教の世界に身を投じ、ゴスペル・ライターとして名を成した。1930年代のことだ。彼こそ、黒人ゴスペル音楽の基礎を作った人、ゴスペル音楽の父として知られる。ウィリー・メイ・フォードも1930年代、娘バーサを伴いながら、全国を回りゴスペル音楽を歌い心を伝えた人。いわゆるゴスペル音楽の母といわれている。映画では、この2人の歌はもちろん、ゴスペル音楽の代表歌手たちが次々に登場する。合わせて古いマヘリアのフィルムやレコード、オニール・トゥインズの迫力といったものも目を引く。ドーシィの歌う『プレシャス・ロード』がメインに流れる。

監督
ジョージ・T・ニーレンバーグ
出演キャスト
Willie Mae Ford Smith Thomas A. Dorsey Sallie Martin Barrett Sisters
1970年

ウッドストック

  • 1970年7月25日(土)
  • カメラ

“平和と音楽と愛の3日間”--ウッドストックの40万人の狂宴のドキュメント。製作はボブ・モーリス、監督はマイケル・ウォドレー、監督助手はマーティン・スコセッシ、セルマ・スターンメイカー、主要カメラマンはマイケル・ウォードレー、デイヴィッド・メーヤーズ、リチャード・ピアース、ドン・レンザー、アル・ウェルゼイマー、編集監督はマイケル・ウォドレー、セルマ・スクーンメイカー、マーティン・スコセッシがそれぞれ担当。参加歌手はジョアン・バエズ、ジョー・コッカー、カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ、クロスビー・スティル&ナッシュ、アーロ・ガスリー、リッチー・ヘヴンス、ジミ・ヘンドリックス、サンタナ、ジョン・セバスチャン、シャナナ、スライ&ファミリー・ストーン、テン・イヤーズ・アクター、ザ・フーなど。そして40万人の美しき若者たち。テクニカラー。1970年作品。

監督
マイケル・ウォドレー
出演キャスト
ジョーン・バエズ Joe Cocker カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ Crasby Stills & Nash
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ドン・レンザー

ムービーウォーカー 上へ戻る