映画-Movie Walker > 人物を探す > 草笛光子

年代別 映画作品( 1953年 ~ 2019年 まで合計145映画作品)

2019年

ある船頭の話

『アカルイミライ』など多数の作品で活躍してきた俳優オダギリジョーが、文明の波に直面した山あいの村を舞台に書き上げたオリジナル脚本を、自らの監督で映画化。村と外の世界をつなぎ続けてきた渡し船の船頭の人生が、ある少女との出会いにより狂っていく様子を描く。柄本明が11年振りとなる主演を務める。

監督
オダギリジョー
出演キャスト
柄本明 村上虹郎 川島鈴遥 伊原剛志
2018年

ばぁちゃんロード

  • 2018年4月14日(土)公開
  • 出演(高山キヨ 役)

映画美学校プロットコンペティション2016最優秀賞のプロットから生まれた脚本を「花戦さ」の篠原哲雄が映画化。高校時代からの友達・大和との結婚を決めた夏海は、足を骨折してから車椅子で生活する祖母に元気を取り戻してほしいと、あることを思いつく。出演は、「八重子のハミング」の文音、「殿、利息でござる!」の草笛光子、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の三浦貴大、「君の膵臓をたべたい」の桜田通、「ポエトリーエンジェル」の鶴見辰吾。

監督
篠原哲雄
出演キャスト
文音 草笛光子 三浦貴大 桜田通
2006年

犬神家の一族

  • 2006年12月16日(土)公開
  • 出演(琴の師匠 役)

市川崑監督×石坂浩二で1976年に公開され、現在の興収で約50億を稼いだ大ヒット作のリメイク。新キャストとして松嶋菜々子や、深田恭子が出演し、物語に華を添えた。

監督
市川崑
出演キャスト
石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助 富司純子

雪に願うこと

  • 2006年5月20日(土)公開
  • 出演(矢崎静子 役)

人気作家・鳴海章の小説「輓馬」を映画化した人間ドラマ。夢破れて故郷の帯広へ戻った青年と競走馬の調教師をする兄との交流を、美しい自然を背景に温かく紡ぐ。

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
伊勢谷友介 佐藤浩市 小泉今日子 吹石一恵
2005年

成瀬巳喜男 記憶の現場

  • 2005年7月23日(土)公開
  • 出演

成瀬巳喜男の映画に魅せられた女性撮影監督が、生前の彼を知るスタッフや俳優たちにインタビューを行なったドキュメンタリー。成瀬の人柄を偲ばせる裏話や、貴重な資料が満載だ。

監督
石田朝也
出演キャスト
淡島千景 草笛光子 小林桂樹 司葉子

老親

  • 2005年7月16日(土)公開
  • 出演(鈴木まさ 役)

NHK連続テレビ小説「天うらら」の原案としても知られる小説を映画化。年老いた親や舅の世話に奔走する女性の姿をとおして、介護問題を真摯に見つめる人間ドラマだ。

監督
槙坪夛鶴子
出演キャスト
萬田久子 小林桂樹 榎木孝明 岡本綾
2001年

シベリア超特急2

  • 2001年1月13日(土)公開
  • 出演(楊玲玲 役)

 一部の熱狂的な支持を受けた映画評論家・水野晴郎の監督作品の続編。第二次大戦前夜の満州を舞台にユニークな推理劇が展開する。3度にわたるドンデン返しに注目!

監督
マイクミズノ
出演キャスト
水野晴郎 淡島千景 草笛光子 光本幸子
1993年

REX 恐竜物語

  • 1993年7月3日(土)公開
  • 出演(伊藤早苗 役)

現代に甦った恐竜の赤ちゃんと少女との触れ合いを描くSFファンタジー。畑正憲の原作『恐竜物語』(角川書店・刊)をもとに「天と地と」の角川春樹が監督。脚本は角川と「いつかギラギラする日」の丸山昇一。ダイアローグライターを内館牧子。撮影は「遠き落日」の飯村雅彦。恐竜製作を『E.T.』などのカルロ・ランバルディが担当。テレビCFなどで人気の11歳の安達祐実が映画初出演で主人公の少女・千恵役を演じた。

監督
角川春樹
出演キャスト
安達祐実 大竹しのぶ 渡瀬恒彦 伊武雅刀
1991年

首領になった男

  • 1991年5月11日(土)公開
  • 出演(吉川房江 役)

バブル経済下でのし上がっていく一人のヤクザあがりの男の壮絶な生きざまを描くドラマ。松方弘樹の初プロデュース作品で、脚本は「激動の1750日」の中島貞夫と「獅子王たちの夏」の西岡琢也の共同執筆。監督は「遺産相続」の降旗康男。撮影は「アナザーウェイ D機関情報」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
松方弘樹 十朱幸代 名取裕子 近藤真彦
1990年

女帝 春日局

  • 1990年1月20日(土)公開
  • 出演(大姥の局 役)

徳川三百年の歴史の中一代で『女帝』の名を裕しいままにした、本名おふくこと春日局の謎につつまれた半生を描く。原作・脚本は「極道の妻たち 三代目姐」の高田宏治が執筆、監督は「瀬降り物語」の中島貞夫、撮影は「あ・うん」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
十朱幸代 名取裕子 鳥越マリ 草笛光子

関連ニュース

優しく、温かい気持ちになる『HOME』の水谷豊「あれも僕なんですけど、これも僕」
優しく、温かい気持ちになる『HOME』の水谷豊「あれも僕なんですけど、これも僕」(2012年4月28日)

東京から岩手の古民家に引っ越して来た家族の物語を描いた『HOME 愛しの座敷わらし』が公開初日を迎え、キャストの水谷豊、安田成美、濱田龍臣、草笛光子、橋本愛が和…

水谷豊と安田成美の共演は木梨憲武がキューピット!東北発の温かなドラマ『HOME 愛しの座敷わらし』
水谷豊と安田成美の共演は木梨憲武がキューピット!東北発の温かなドラマ『HOME 愛しの座敷わらし』(2012年4月12日)

「明日の記憶」など家族小説の名手・荻原浩による小説を、人気ドラマ「相棒」のスタッフが集結して贈るホームドラマ『HOME 愛しの座敷わらし』(4月28日公開)。完…

日本映画史に名を残す女優陣が極寒の山中でクマと壮絶バトル
日本映画史に名を残す女優陣が極寒の山中でクマと壮絶バトル(2011年6月20日)

口減らしのために高齢になった老人を山に捨てるという姥捨て山伝説。今村昌平監督が深沢七郎の同名小説を映画化し、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールに輝いた『楢山節考』…

仲間由紀恵が麗しい着物姿!『武士の家計簿』初日は“鯛”づくし
仲間由紀恵が麗しい着物姿!『武士の家計簿』初日は“鯛”づくし(2010年12月4日)

森田芳光監督の時代劇『武士の家計簿』の初日舞台挨拶が12月4日にピカデリー2で開催。堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、中村雅俊、草笛光子、西村雅彦、伊藤祐輝、藤井美…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 草笛光子