映画-Movie Walker > 人物を探す > 范文雀

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2013年 まで合計32映画作品)

2013年

京都幻想 ビバルディ「四季」

  • 2013年7月8日(月)公開
  • 出演

京都の四季を四人の女優とクラシック音楽をフィーチャーして描くイメージ映像。企画・構成・脚色はなかにし礼。演出は岩佐寿弥。出演は大場久美子、夏木マリ、范文雀、吉行和子。2013年7月6日より、東京・渋谷アップリンクにて開催された「<イワサヒサヤとはナニモノだったのか?>追悼 映像作家・岩佐寿弥特集」にて上映。

出演キャスト
大場久美子 夏木マリ 范文雀 吉行和子
2002年

チベット2002 ダラムサラより

  • 2002年当年公開
  • 語り

チベット人の受難の歴史解説とダライ・ラマ法王へのインタビューの二部構成で綴るドキュメンタリー。演出は岩佐寿弥。2013年7月6日より、東京・渋谷アップリンクにて開催された「<イワサヒサヤとはナニモノだったのか?>追悼 映像作家・岩佐寿弥特集」にて上映。

1998年

イノセントワールド INNOCENT WORLD

  • 1998年10月3日(土)公開
  • 出演(珠泉祥子 役)

自分の本当の父親である精子ドナーを探す女子高生と、知的障害を持つ彼女の異父兄の心の旅路を描く青春ファンタジー。監督は「CUTE」の下山天。桜井亜美による原作を基に、「アタシはジュース」の小川智子が脚色。撮影を「CUTE」の小野寺眞が担当している。主演は「リング」の竹内結子と「キッズ・リターン」の安藤政信。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
下山天
出演キャスト
竹内結子 安藤政信 豊原功補 伊藤かずえ
1995年

Love Letter(1995)

  • 1995年3月25日(土)公開
  • 出演(藤井晶子 役)

天国の恋人に向けて送った一通のラヴレターがきっかけで、埋もれていた二つの恋が浮き彫りになっていくラヴ・ストーリー。監督・脚本は今作が劇場用長編映画デビュー作となる「Undo“アンドゥー”」の岩井俊二。撮影は「夏の庭 The Friends」の篠田昇。主演は「波の数だけ抱きしめて」以来4年ぶりの映画出演となる中山美穂で、一人二役に挑戦して、ブルーリボン賞、報知映画賞、ヨコハマ映画祭、高崎映画祭などで主演女優賞を獲得した。共演は「NIGHT HEAD」の豊川悦司と、これが映画初出演となる酒井美紀、柏原崇ほか。ヨコハマ映画祭作品賞、監督賞、主演男優賞(豊川)、主演女優賞(中山)、撮影賞(篠田)、新人女優賞(酒井)を受賞した。95年度キネマ旬報ベストテン第3位、同・読者選出ベストテン第1位。

監督
岩井俊二
出演キャスト
中山美穂 豊川悦司 酒井美紀 柏原崇
1994年

先生あした晴れるかな

  • 1994年8月29日(月)公開
  • 出演(米山清子 役)

反抗的態度をとる小学生と、彼らを理解しようと取り組んだ若い女性教師を描く。監督は「やがて…春」の中山節夫。

監督
中山節夫
出演キャスト
渡辺祥 范文雀 萩尾みどり 岡本麗
1993年

シーズ・レイン

  • 1993年4月3日(土)公開
  • 出演(笙子 役)

神戸を舞台に、友達として過ごしてきた高校生の男女が繰り広げる恋と友情、出会いと別れを描く青春映画。平中悠一の同名小説を原作に、自主映画出身の城羽弥仁が手がけてた劇場デビュー作。撮影を「はるか、ノスタルジィ」の阪本善尚が担当。主人公の男女二人にはCFやテレビで活躍する小松千春と歌手の染谷俊が扮し、それぞれスクリーンデビューを飾った。

監督
白羽弥仁
出演キャスト
小松千春 染谷俊 成田路実 菊池麻衣子
1992年

ザ・中学教師

  • 1992年4月25日(土)公開
  • 出演(三上清子 役)

生徒との間に一線を引き、徹底した自治とルールによる教育に挑む教師の姿を描く社会派ドラマ。脚本は「Aサインデイズ」の斎藤博が執筆。監督は「マリアの胃袋」の平山秀幸。撮影は柴崎幸三がそれぞれ担当。

監督
平山秀幸
出演キャスト
長塚京三 藤田朋子 金山一彦 谷啓
1990年

マリアの胃袋

  • 1990年7月21日(土)公開
  • 出演(マリア 役)

南の島を舞台に、女を漁って食する怪物の恐怖をユーモラスに描く。脚本は「ベッド・パートナー BED PARTNER」の西岡琢也が執筆。監督はこれがデビュー作となる平山秀幸。撮影は「座頭市」の長沼六男がそれぞれ担当。

監督
平山秀幸
出演キャスト
相楽晴子 柄本明 大竹まこと 余貴美子
1987年

精霊のささやき

  • 1987年6月13日(土)公開
  • 出演(新田 役)

心を病んだ人々が住む洋館にやって来た少女が、彼らの淋しい気持をとぎほぐしていく様を描いていく幻想映画。脚本は植岡喜晴と岡村香織の共同執筆。監督は今迄、自主映画を手がけ、これが劇場用第一作目となる植岡喜晴、撮影は「夢みるように眠りたい」の長田勇市がそれぞれ担当。

監督
植岡喜晴
出演キャスト
つみきみほ 范文雀 植木等 加藤治子
1984年

F2グランプリ

  • 1984年4月14日(土)公開
  • 出演(宇佐美江津子 役)

“日本一速い男”の座を賭け、100分の1秒の世界で苛烈なレースをくりひろげるレーサーたちの姿を描く。海老沢泰久原作の同名小説の映画化で、脚本は「激殺! 邪道拳」の長田紀生、監督は「すっかり…その気で!」の小谷承靖、撮影は「ウィーン物語 ジェミニ・YとS」の上田正治がそれぞれ担当。

監督
小谷承靖
出演キャスト
中井貴一 田中健 石原真理子 峰岸徹
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 范文雀